オーディオひとりごと

2017年10月18日 (水)

耳と集中力と頑固さと

最近、アンプの出来上がり精度が自分でもあがっているなあと感じる。
 
うぬぼれと言われるかも知れない。けども過去の自作品と比較しても、確かにそうなってると思うのだ。
なぜ、出来ばえが向上したかを考えてみた。
 
 真っ先に挙げられるのが私がより頑固になったこと。こうしたいと思うと、そうしなければ気が済まなくなった。
 
今回のプリでも、前面パネルを2ミリ厚みから、3ミリ厚みに変更した。同じ加工を2回繰り返した。
 
しかも後の方が厚くて、やや難儀であるにもかかわらず。
 厚みを出さないと重厚感がでない。2ミリはプアーだと思ったら、やり直さないと気が済まなくなったのだ。
 
 それから、年とともに、若い者に負けるものかというジジイの意地が芽生えたこともあります。
 どうせ張り合うなら、うんと差をつけてやれという、やや邪悪な気分も出てきました。
 
具体的例の一つはデザイン決定です。
 
アマチュア以上、メーカー製レベル近くを目指します。
 一見してああ、アマチュアが弁当箱をエイヤで加工したんだな、と言うレベルはもうやめて、メーカー製にせまる見栄えを目指します。
 
 但しどうやってもアマチュアの領域は超えることはできませんから、逆にアマチュアっぽさを残しながらメーカー製のレベルを目指すのが良いと思います。最近はそれを意識しています。
 
もう一つは加工精度のハイレベルの実現。アルミの加工も物を言うのは、過去の経験からの習熟です。
 
 例えば、今回のレバーSWの窓の穴=長穴の加工です。
 
小さな穴をあけてじわじわ拡大するのが鉄則。
次に上下のRの部分と左右の直線部分のつなぎの部分を滑らかにすること。これは平丸ヤスリの丸い側をうまく使うテクニックが要ります。 これもヤスリの扱いの習熟が必要です。
 
この最中もヤスリの扱いに失敗してパネルの表面に傷をつけないような注意が必要です。具体的にはヤスリはしっかり押して削り、引くときはゆっくり力を入れずに引いて、ヤスリ先端がパネル表面に強くあたらないようにすることです。
 
場合によっては、複数のヤスリを使います。道具の豊富さと、うまく使うことが出来栄えを決定するのは間違いないと思います。
 
 大事なことは、ケガいた線のとおりに仕上げることです。ケガキの重要さを再認識します。
記事中にくどいほど書いた、長穴はプレスで抜いたのですか?と聞かれるくらいの仕上げを実現することが大事です。
 
そして、それとは別にそれらの作業を可能にしている環境があります。
それは加齢とともに、私の協力が家内からそれほど必要とされなくなったこと。
 
子供たちが手のかかる頃は、趣味に没頭しようものなら、あなたは何してるの私がこんなに、大変なのに、という声がかかったものです。
 
時間がないから、もうこれでいいと、アンプの出来栄えも中途半端でした。
しかし子供たちは、もう家にいません。夫婦お互いフリーです。ゆっくり作業に没頭できるのです。
 
もうひとつ、私の耳が少し遠くなったこと。作業中は没頭してしまい、声をかけられても聞こえません。これも良くないことではありながら、良い面での効果はあります。
 
そんなこんなで、年と共に逆にレベルがあがってるなあと思うこの頃なのです。
 
 
 
 
 

2017年10月 7日 (土)

マリックアンプのトラブル

今日、オーナーの方から連絡があり、バイアス監視用の10Ωが焼け切れていたので、
交換したら正常になったとのことでした。
一安心です。
ここで、なぜ焼き切れていたのに、過電流が流れたのかを考えてみます。
カソードがオープン状態のところに電圧計を接触させたので、電圧計の内部抵抗が、バイアス抵抗の代わりになって、過電流が流れてしまったことになります。
 電圧計がよく焼き切れなかったものです。
アンプはいろんなトラブルを起こして、こちらを困らせてくれます。
だいたい、症状から、原因が2つ、3つすぐに頭に浮かぶものです。
結局殆どのトラブルは球自体が原因です。
 結構だめになった真空管がたまりました。
箱の中をみると、管内のゲッターが白くなった球、ノイズがひどくて黒い×印が付いた球。
管内でアークが発生して、インディージョーンズばりに命を落とした球。
 まったく電圧が出なかった中古球。電極が振動を始めた球。全然電流が流れない整流管。
無理な力が加わり、足が曲がり、ガラスに亀裂が入った球。
まあ、段ボールによくこれだけ貯まったものです。でも私は、これらの球を捨てようという気にはなれないのです。
 球はまるで人間です。いつかは命が尽きます。早かったり、長寿だったり。
 譲ってくれた相手を恨むことはありません。そういうものだからです。

2017年10月 5日 (木)

歯がゆい

三重県から現在海老名にいます。明日帰宅予定。
出張中にマリックアンプの所有者の方から連絡をいただいた。
連続動作試験200時間を継続して、よい音になってきているという内容でした。
嬉しかったのですが、トラブルが発生しました。
向かって一番左の出力管が過電流のトラブル発生。
違う出力管に総入れ替えしても、この位置の球だけがメーターが振り切れるとのこと。
球固有ではなく、この周囲の回路がおかしくなっています。
 最初は、所有者の方が自己責任で、カップリングコンデンサをアリゾナキャパシティのものに交換されたとのことで、私はこのコンデンサがリークを起こしていると断定。
交換をしていただいたが改善せず。よくよく調べるとこの新興メーカーのコンデンサはWEST CAPの技術を継承しているもので、ハーメチックシールタイプでまずリークなど起こしそうでないものが判明。
ちなみにグリッド電圧はマイナスだそうです。ここで混乱しました。
私も、WEST CAPやスプラグビタミンQはよく使いました。信頼性の高いもので、同じ米国でもプラスティック製のものとは品質が段違いです。
で、このトラブルは長時間テスト中だか、終わって再度動作させていたら、突然振り切れたとのことです。
グリッド電圧はマイナスなので、たしかにコンデンサのリークはないですね。
あとは考えられるのは、バイアス監視用にカソードからアースに入れている10Ωの抵抗の不具合です。
他の3本は正常値を示すのでメーターは正常です。切り替え用のロータリーSWが不具合をおこしたとしてもOPENしてしまったら全く振れないはずです。当然ショートしているから(導通しているから)振り切れているので、SW不良ではないはずです。
 当初からSWがこの球の位置のときに、振れが鈍いという状態になったことがあった、とのことで、考えられるのは、10Ωの抵抗のはんだ付け不良か、抵抗個体の品質劣化です。
 これが原因でないとしたら、Cバイアス回路から、ソケットに実装されている抵抗やコンデンサーのねじれによる相互のリード線ショートです。
 手元に残した内部の配線の写真から、この10ΩとバイアスVRの端子がもし接触したら、出力管のバイアスが0日かいプラスの電圧になるかどうか、あるいはグリッドに入れた発振防止の1KΩの抵抗がVRの端子に接触したらグリッドがプラス電圧になるかどうかをシミュレーションしたのですが、起こりうると考えた範囲ではどうもそれはないようです。
現在、10Ωの接続不良、あるいは抵抗値変化の確認をしていただいています。
半田付けやテスターをお持ちで、キット組み立ての経験もおありだそうで、そのあたりはとても助かっています。
現在結果報告待ちです。
手元にあれば、すぐに解決できるのですが、なかなか遠隔だと時間がかかります。
ひょっとして、私のはんだ付け不良が原因かもしれません。その可能性大です。
 

2017年9月23日 (土)

DENONのアンプのすごさ

昨日、出張から帰ると、中古のアンプが届いていました。
1300円也で落札したDENONのPMA-255という古い半導体プリメインです。
レバースイッチが欲しかったのです。
梱包から取り出すと、40年以上の間の汚れが着いていました。
 
Img_3282
 
表も裏も、拭いてやりました。でも私の使い古しのパンツなので、よけいに汚れたかも。
 
Img_3285
 
汚れがおちた顔を見て、感心しました。
美しいデザインです。文字もきれい。レイアウト、ツマミのバランスも絶妙。
パネルもアルミの4ミリの厚みでしっかりしています。
 
ふと分解するのが、惜しくなりました。もし鳴るのならこのまま使ってみようかと。
 
意を決して電源SWを入れると、ランプは点きませんが、リレーはカチッと音がします。
中の電源のコンデンサには40Vの電圧が出ています。
 
Img_3284_2
 
ようし、それなら信号を入れてみようと言うことになり。
 
 
Img_3287
 
おお出ました。右チャンネル。AUXから入れた正弦波がSP端子から出ました。
 
Img_3288
 
 
よし今度は左に入力。 あれ、出ません。
 
 
Img_3289
 
納得しました。片方しか出ないから、40数年ホコリをかぶっていたのだろうと。
まあ、そんなところです。
 
中をみながら、基板上のTPを当たって行けば、左チャンネルのどこが、壊れているのか、分かったかも知れませんが、諦めました。
 
それで当初の目的通りに部品取りです。
見てくださいこの立派なアルミ製のツマミ。ロレット構造ではありません。ネジ式でした。これが5個です。現在なら1個600円程度でしょうか。 占めて3000円。
 
 
Img_3291
 
但し、ボリュームル類はサブパネルに取り付けてあり、表化粧パネルには、シャフトだけが
出てくる実装構造で使うことが必要です。表パネルにボリュームをナットで取り付けると、ツマミの裏の軸受け面がフラットなので、ナットの逃がし部分が無いため、ツマミ自体がパネルから少し浮いてしまいます。
 なので使うときは下の写真のようにシャフトのみ、のぞかせます。
 
 
Img_3292
 
化粧パネルを取り外しました。ネジ4個で固定されていました。最近プリアンプのケースを作っているので、メーカー製のものも構造がよくわかります。
 サブパネルと化粧パネルの位置関係や固定方法。スイッチ類の表への出し方など。機構設計屋さんの設計意図が分かります。
 
 
Img_3293
 
お目当てのレバースイッチ。レバーの根元に黒いスポンジで目隠しがしてあります。
 
Img_3294
 
よく見ると、レバー自体がキャップになっていて、取り外せます。
 
Img_3296
 
外したレバーと目隠しスポンジ。
 
 
Img_3295
 
レバースイッチは、ネジ2個でサブパネルに固定されています。まあ丁寧な作りです。
 
 
Img_3298
 
パネル裏面に回ってレバースイッチの本体部と実装状況を見ます。
 
Img_3299
 
スイッチの本体部は、基板に実装されています。このスイッチはアルプル電機に特注したもののようです。これは今なら1個1200円はくだらないでしょう。これが7個。 計8400円。
レバースイッチの左隣の2個のロータリースイッチも、アルプス社の特注のようです。
MODEやLOUDNESSのロータリー式ですが、ベーク部分にパターンが形成されています。これも高価だったに違いありません。でもこれは私の球プリには使えそうにありません。
化粧パネルは4ミリ厚。この裏面に長くついている、サブパネルに固定するためのフランジ部分。
 
どうも溶接ではないようです。ひょっとしてアルミを押し出し成型したのち、上下左右の4すみ部分を削ったのかも知れません。もしそうなら手が掛かっています。外注企業に委託したのかも。
 
 現在のアンプの構造からは信じられないくらい、手が掛かっています。金型も起こしたのでしょうか。
 
Img_3303
 
70年代のメーカー製アンプは、とても手が掛かっています。その当時はコストダウンという言葉がまだ使われる前だったようです。強固な特注部品とがっしりしたケース。
 
  最近のアンプは機構部品も全て基板に実装してあり、ケースの窓から、基板に乗ったスイッチ類が顔を出すだけの構造です。基板をケースに4カ所ネジ止めすれば組立終わり、人の手をかけないのが近代設計手法。
その対極の当時の構造。作業者が何人も並んで、ネジをひとつずつ取り付けていたのでしょう。
 もう現在では普及価格帯の製品で、昔のようなアンプを作るところはないでしょう。
 
このケース、よく見ると上下の蓋を開ければ、貫通構造です。
マランツ7の構造と同じ。このケースは次のプリアンプに利用できそうです。
このケースも買えば12000円。
 
 ここまでで、〆て23400円です。
いやあ1300円で、23400円分が手に入りました。
 
 
Img_3301
 
利用する際に問題なのは、パネル。
表化粧パネルは大丈夫です。あらたにアルミを準備して自由なデザインにできます。
問題はリアパネル。鉄製で1.6㍉程度あります。 一般人では追加工はまず、困難です。
マランツ7のように、真空管のシールドケースがリアパネルから顔を出すための穴は、このリアパネルへの追加は、不可能です。
となれば、このまま生かすしかありません。もちろん真空管は、ケース内にとどまります。
 
リアパネルのトランスの四角い頭がのぞいた角穴から、SP端子にかけての左部分は、板で覆い隠すしかありません。入力端子はこのまま利用です。
 
少し、リアパネルのデザインは変則的ですが、裏ですから。見えないところなので大丈夫でしょう。
このケース何とか使えそうです。もちろん塗装もしてやります。これは安くていいものを手に入れました。
私は、魚のアラ炊きを食べるときは、とにかく食べられる部分は全て、食べつくし骨しか残さないタイプです。
古いアンプも使えるパーツはほとんど、再利用します。ACコード、ACアウトレット、ヒューズ、スイッチ類、RCA端子。今回のアンプもSP端子はパワーアンプ用に使えそうです。
錆びていても大丈夫。時間をかけてゆっくり光らせます。磨くのも好きな作業なのです。
 
 
Img_3311
 
次のプリアンプはこれを最大限リユースします。
 
現在、自作派の部品入手環境は悪化しています。儲からないものはどんどん生産中止しているパーツメーカー。
 
しからば、かつてのアンプのパーツのリユースを最大限利用するしかありません。 安価に入手できる高級部品が、まだ眠っているのですから。
 
 
 

2017年9月14日 (木)

807PP 超弩級アンプ

私が4年前に製作したアンプを入手されたかたが、このアンプをヤフオクに出品されている。
オークションのタイトルは、この記事のタイトルそのままである。
大型システムから、撤退されるということで、タンノイ、アルテックのスピーカーシステムも処分されたそうだ。
 
それに伴い、出番がなくなったこのアンプを出品。
 私に対して、出品することを申し訳なく、思っているとのこと。
私は、本心を言えば、全然気を悪くしていない。
 
 元々、複数のオーディオシステムをお持ちで、おそらく音楽を聞かれる時間も、そう長くは取れなかったと推察されるので、このアンプに灯がともるのも、頻繁ではなかったように思われる。
 
なので、世の中に出て、常用システムに組み込まれて、活躍することができるなら、このアンプも本望ではなかろうかと思う。
 
 もうひとつ楽しみなのは、自分が製作したアンプがまた、オークションに出されたこと。
このオークションの動きもとても楽しみだ。どんな評価を受けるのか。
 
 この最近思うのは、私のアンプは4年前の評価よりも、最近の評価の方が上がっていることだ。
 2か月前にも同じことがあった。5年前に私が作った6BM8PPを17K円で落札された方が、再度出品し、今度は48K円で落札されたのだ。
 
 嬉しい気持ちと、金額的に複雑な気持ちが、ないまぜになったのだ。
でも、いいかなと。今回も落札価格に注目している。あげくにオークションの質問欄でコメントを寄せてしまった。
 
みなさんも、ご興味があればウォッチしてみてください。
自己バイアス、A級PPで22Wの力強い音がするアンプです。
 
 
Img_1480
 
Img_1486
 

2017年8月10日 (木)

マリック・KT66アンプは 落札されました

私の予想では、過去の私の出品中最高の価格で落札されるだろうと、思っていました。
ところが、最高額から3番目の落札価格で終わりました。
 あまりに期待が大きいと、いつも残念な結果に終わっています。今回もそうでした。
なんとなく理由もわかります。
 以前、807PPブコツアンプの出品のとき。あまりに強力な入札者が、ことごとくライバルを退け、ずっと最高額を維持されていました。
こうなると、競合者は戦意をそがれるものです。ブコツアンプは自分でも結構手をかけて、見た目も気に入ったデザインでしたが、希望よりも安く落札されてしまいました。
 マリックKT66もそのような傾向があったのかもしれません。
 今回は嬉しいことに、外国人や代理業者ではなく、一般の方でした。札幌に行きます。
元気で頑張れ。
Img_2996

2017年8月 5日 (土)

マリック・KT66 出品しました

先日、ヤフオクに出品しました。
即落札価格を32万円で設定しようと考えましたが、世間の反応が気になり、やめておきました。
みなさん、ご興味があれば、こぞって入札をお願いいたします。
自分でも、もうこれ以上のアンプは作れないと思っています。
Img_2997_2
Img_2998
Img_2978

2017年7月20日 (木)

8417PP アンプ 落札されました

昨日、アクセス回数7031回。ウオッチリスト280件で、落札されました。
金額は私の想定した幅の上の方でした。
落札者の方は、日本の方ではなく、評価回数も少なく、なんとなく不安ですが、しっかりとした日本語で、すぐに連絡をいただきました。
入金が待たれます。
 
なんとなく、最近の落札者の方々の動向をみていると、一般の方、転売業者、外国人がきれいに3分割されています。
 
まあそんな、業界、世界なのでしょう。
次のアンプも出品しますよ。いくらで欲しい、という方が読者の方でいらっしゃったら、譲渡も考えます。
 
その方が、なんとなく安心ですね。
 
Img_2912
 
Img_2941
 

2017年7月15日 (土)

はじめちょろちょろ

オークションに出品していると、だいたい自分のアンプの入札パターンの傾向が分かる。
はじめちょろちょろ、中さっぱり、おわり間際に急高騰
スタート時は、まだ価格が低くて、毎回入札していただいてる方が数人いらっしゃる。ありがたいことだ。
ある程度までいくと、今度は何日間も入札が無い、いわゆる凪状態がつづく。
そして終了日。1時間前くらいから、細かな値動きが始まり、終了前10数分から、急に入札が繰り返されて、嵐のように終わってしまう。
でも入札してくださる方がいるかぎり、出品を続けたいとも思う。
私は、なるべく修理対応を受けるようにしている。
過去30台程度、出品しているが、実は帰ってきたのは1台だけ。
プリアンプが雑音が出るとのことで戻ってきた。見ればやや発振気味で、グリッドにCRを入れて対策したことがある。
パワーアンプは真空管の寿命以外で壊れたことはまだない。
 
 

2017年6月18日 (日)

アンプつくり、再開できるかな

やっと仕事が一段落した。いろいろ研修などで、出張続きだった。
先週なんかは、新宿歌舞伎町2丁目のホテルに宿泊した。なんだか物騒で、ホテルの部屋から出なかったのだ。田舎もんだし、お金も持ってないし。日本人少ないし。
やっと週末が来て、自分のペースで仕事ができるようになった。
となるとアンプつくりだ。思い起こせばマリックKT66アンプは配線前で止まってる。6L6Gの美音アンプも、その次に控えている。
さらには角型タンゴトランス50W級を使った、タンゴ3兄弟Ver.2のアンプも並んで待っている。
プリメインアンプも計画してる。状況はよく理解できているけど、なかなかその気にならないなあ。
これが老化というものだろうか。わくわくしない。
よーし、まず部屋を徹底的にきれいにしよう。そうすれば気分も爽快、やる気がでるだろう。
皆さん、待っててください。掃除しますから。でも庭の草ぬきもあるなあ。
犬も洗ってやらなければ。うーむ。
 

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ