趣味

2017年3月 6日 (月)

新しいお酒

今日は、私はよく動きました。
朝一番で確定申告の提出。午後から仕事で近くの町へ行き、夕方帰って犬の散歩。
家内が、東北の友達からいただいた芋煮セットで、夕飯を作っているときに、しまったネギが無いと。
オレが買って来るよと言えば、出がけに、私に梅酒を買ってきて、というので、お店に着いたら、じゃ自分も何か買おうと。
棚を偵察していたら、おお、なんと新しいイモ焼酎を見つけました。
これです。まだ関東まで行ってないんじゃないかな。
Img_2322
もちろん右側の、「茜霧島」というイモ焼酎です。
過去の霧島のシリーズは、白霧、黒霧、赤霧、金霧がラインナップでした。
そこにブランド・ニューの茜が登場。これ5合瓶で1350円。このお店では赤霧の一升瓶は1850円なのです。比べると結構高価なことが分かります。
瓶の裏のラベルには
「原料である芋の品種は「タマアカネ」。オレンジ色の果肉と南国のフルーツを思わせるような、爽やかな香り成分が特長。今までの焼酎にはない、かんきつ系の香りが楽しめる、新しい香りと味わいの芋焼酎が誕生しました」
と書いてあります。
さて、封を切っていざ、試飲と思ったのですが、しこたま赤霧を飲んでしまったので、明日以降です。
まだ生産量が少ないから高価なのでしょう。そのうち関東に出回るころには、赤霧よりは安価
になるような気がします。
この近未来に、喜ばしいことが起きたら、明けてもいいかなと思っているのですが。
 

2017年3月 1日 (水)

お酒と諺(ことわざ)

お酒は今でも飲んでいます。当たり前かな。
学生時代、無茶飲みをしていました。社会人になっても酒好きな上司ばかりだったので、バブルの頃はホイホイ付いて行ってました。
その頃、いつも一緒に飲んでた仲間と、諺を作りました。
まず、最初に作ったのは
 
「酔えば都」 
これは、「住めば・・・」のパロディーです。とにかく酔ってしまえば、そこは楽しい天国になるんだよという意味です。分かり易いでしょ。
次に考えたのが
「酔うては事を仕損じる」
これも「急いては・・・」の類似です。飲みすぎるたびに財布を落とす、ケガをするなど、なにかやらかしてしまう、という意味合いです。確かに分かり易いですね。
三番目の傑作は
「酔うた子に教えられ」
もちろん「負うた子に・・・」が手本です。これは少し難しいのですが、泥酔して暴れる、あるいは場所をわきまえずゲロを吐く、などの行為の果てに寝てしまっている、若い子を見て、あんなふうになってはいけない、という戒めの言葉です。
毎日、宿酔いだった若いころに比べ、最近は大人しくなりました。近所の酒屋で安くなったホワイトホースを買ってきて、寝る前に一人で飲んでいますが、ついつい酒量が進んでしまいます。もちろんストレート・ノーチェイサーです。家族の注意がなければ1週間でボトルがなくなりますね。
でも昔は、キープしたボトルは2日あれば、自分一人で1本空けていたものです。
この最近また、諺を考えています。できたら報告しますね。
 

2017年1月 7日 (土)

凪状態

6ZP1シングルアンプを出品中です。

まだ3日を残していますが、アクセス件数は3日目で2600件以上ですさまじい勢いです。

37回の入札があります。ところが、今日の時点で入札が止まってしまいました。

これを私は凪(なぎ)状態と呼んでいます。

競売者同士が申し合せたように、しばらく入札は止めて置こう、と暗黙の申し合わせがあったかの如く、動きがありません。

これはよくわかるのです。私も入札する立場になると、そうそう札は入れません。なぜなら、入札回数が増えたら増えただけ、金額が上がってしまうから。

当然のことですね。

そうなると、私はどうするか。じっと観察です。価格が動かないまま、何日経過するか、その日にち、時間を見守るのです。

おそらく、最終日終了間近に動きがあるのでしょう。

 ところがウォッチリストに登録された件数が、160人程度です。管球オーディオアンプ好きの方は結構全国に多いと思うのです。尚且つオークションを利用されている方も多いとおもうのですが、全国で160人、過去多くても200人程度です。その程度なのかなと不安になります。

ちなみに、私のこのブログの読者のかたは220人です。読者の方だけがオークションを見ているのかもしれませんね。

 さて、このアンプもし最終的にたくさんの方が、入札してくださるのなら、もう一台類似のものを作ろうかなとも考えています。たった一台では入札者の方に申し訳ないので。

2016年12月 7日 (水)

こだわるということ

他人がやっていることは、もういいじゃないか。

よそにいいものがあっても、高くて手に入らないなら、

自分で作ってみればいいじゃないか。

ひとつだけ、作って満足がいくなら、それはこの上ない幸せ。

 なにしろそれで終れるのだから。その人は凡人。

いや、もう少し工夫して気に入った物にしたいと考えたら苦行の始まり。

2つめを作ったけどやっぱり次こそ、となったら入門者。

 いやいや今度こそを繰り返す人は修行者。

いろんなスタイルでも、ほどほど満足いくものが出来れば名人。

さらにさらに模倣者が後を絶たなくなると達人。

 やがて何を作っても、ひとを感動させるレベルが落ちない人は神様の領域。

 

言いたいことを言ったら、ごろつきみたいな連中にからまれる嫌な世相。

せめて、自分のやりたいことをやって、うっぷんでも晴らしますかな。

私?私は修行者です。

2016年11月18日 (金)

楽しくなければ

パパイヤ鈴木さんが以前FMで言ってました。

その番組は、NHKだったかどこかは忘れましたが、ダンスミュージックを延々何時間もかけて、パパイヤさんや、他のゲストの方が解説するという、型破りな包装でした。

もう、8年くらい前かな。まだ日本のジャーナリズムが圧力をかけられてない時代で、こころから楽しかった頃です。

ダンスと音楽と言えばこの人と、マイケル・ジャクソンに関しても解説がありました。

パパイヤ曰く 「マイケルのポーが聴こえる」と。感極まったマイケルが、声を発して踊り始めるということ。

これ、若い方には分からないかも知れませんが、昔の邦画「父ちゃんのポーが聴こえる」 吉沢京子さんが少女時代に出演した、鉄道映画のパロディーです。

そしてパパイヤさんが師匠に言われた一言を紹介しました。

「パパイヤね、踊ってても自分が楽しくなきゃだめなのよ。そうでないと回りの人も楽しくならないの」

私はこの師匠のことばが今でも忘れられません。

 これは真理ですよ。世の中、いろんな世界で頑張っている人いがいます。自分が打ちこんでいる仕事。よい成果、よいパフォーマンスを実現するのは、みんなのミッションですが、ひとに喜んでもらうためには、まず自分が喜ばないと無理だと言うことなのです。

ライバルに負けないようにと、プレッシャー感じて仕事をするより、そんなことはほっといて、ひたすら楽しさを追求すればよいのです。

 極端な言い方をすれば、自分が楽しいことを追及して悦に入っていると、なんだなんだ、おれも入れてくれよと、他人も寄ってくるものです。

 これです。さあ皆さん、何をするにも自分の快楽を優先しましょう。

今は、言いたいことも言えない、言論を妨害する人間が横行する時代ですが、構わず頑張りましょう。

妨害する輩も寄ってくるほど頑張りましょう。私も微力ながら頑張ってます。

2015年12月 8日 (火)

山はどうするものでしょうか

私は今週も、四国の川之江に来ています。午後3時に仕事を終えて、今から陸路で岩手県の一ノ関まで移動して、明日から2日間仕事をして九州に帰ります。

川之江からは関東東北方面への飛行機の便がないのです。よって陸路で8時間移動。腰が壊れそうです。今夜23:00に一ノ関到着、明日は水曜日、木曜には帰路に着きますので、今回もベイシーへ行けません。水曜は定休日です。

2度あることは3度ある。今回で3回目の一ノ関。前回から3年くらい経ってるのかな?まあ仕方ありません。アルテックの神様が大音響でガンガンなっているJBLの音は聴いてはならん、と私に伝えているのでしょう。

店主の菅原さんの「聴く鏡Ⅱ」をせっかく用意したのに。

そんなことを考えながら、電車の窓から景色を眺めていると、海や山が目に入ります。

兵庫県の高砂あたりでは、山がずっと切り取られ、だんだん小さくなっています。土木工事用の石を採取しているのでしょう。新幹線に乗られる方は、この景色をご存じかもしれません。

切り取られるのも山。崩落するのも山。

山という言葉を使った表現はたくさんあります。山はどうするものでしょうか。

山は越えるもの。山は登るもの。山は削りとるもの。山は崩れるもの。山は張るもの。山は眺めるもの。山は撮影するもの。山は車で走り抜けるもの。山は自転車で駆け抜けるもの。山は噴火するもの。山は通うもの。山はあがめ立てるもの。山は恐れるもの。山は動かすもの。山は当てるもの。山は所有するもの。山は伐採するもの。山は植林する物。山は保護するもの。山は神が住むもの。山は妖怪が棲むもの。山は動物がすむもの。山は山菜をとるもの。山はこだまを返すもの。山は愛でるもの。山は・・・。

山は征服するもの。山は雲を頂くもの。山は富士山であること。山は鳥がかようもの。山は・・・。

山は大河の起点であること。山は人に知られたくないことを隠しにいくとこ。山は年寄りを捨てにいくとこ。山は山賊がいるとこ。山は・・・。

もうこの辺が限界です。時間潰しの連想ゲームを岡山駅を出るときに始めたら、新大阪を過ぎて行きました。

2015年5月26日 (火)

2015.1.23 霧島は消えた

最近白霧島の広告がかまびすしい。横綱白鵬を起用して毎日のようにTVで流している。

今、宮崎出張中である。ホテルの近くの小さなお店に入って、焼酎ロックを銘柄を言わずに注文した。お店の棚には白霧、黒霧、木挽などのビンがならんでいる。

黙って出された焼酎を飲んで「これ、木挽ですね」と店主に言ったら、「ええ、よくお分かりですね」と。

白霧が出てくるものだろうと思っていました。2杯目は敢えて、白霧を注文しました。

Kirishima_img_01

出されたグラスを一口飲んで「これ本当に霧島ですか。昔と味が全然変わってる」「飲みやすくなったけど、なんの変哲もないその辺の焼酎と同じ味ですね」

店主が答えた。「今年の1月23日出荷のものから、ラベルにも白という名前が入って、まったく違う焼酎になってしまったのです。地元民は昔の、芋の匂いが香り立つ、口に含むと舌がビリビリしびれるような味が恋しくて、田舎の酒屋に前の霧島が無いか探し回っています。店でも新しい白は奨めないようにしています。」とのこと。

「酒造メーカーは商売に走って、地元民をないがしろにして、飲みやすい物ばかりを作ろうとしているんです」

「われわれが、メーカーに地元民はもうどうでもいいんでしょうね、と嫌みを言ったら、いやあそんなことはないのですが、と言うばかりです」

「都城の工場は大きな建物が増設されて、一気に大量に作ってるようですよ」

ああ、懐かしい霧島がなくなってしまったのだ。学生時代、一升壜が730円。お金のない学生たちも愛飲していた霧島。

白という文字をいれない、昔ながらのものも残して欲しいものです。顧客の意見は大事なのです。

2015年2月 5日 (木)

カラオケの夢

50代後半にもなると、つやと張りのある声が出にくくなってきている。

最近TVで30年以上前から活躍しているタレントが、やはり加齢で声がくぐもって聴き取りにくくなっているなと実感している。

さんま、たけし、タモリのお三方である。彼らはもう60歳を超えている。やはり年には勝てないのだなと実感する。自分もそうなるのだろうと。

でも逆に、まだまだ唄は歌い続けたいという願望がある。

 

TVでカラオケの採点にチャレンジして得点を競い、チャンピオンを決めるという番組がある。

私は常々思っているのだが、日本人の唄う歌は、歌いやすいものが多いと。

日本の歌はメロディーも分かりやすいし、オリジナルの歌手も、卓越してうまいというレベルの人も少なく、逆にカラオケで私の唄を歌ってほしいのです、という方も多い。

 

私はもうカラオケで日本の曲を歌うのはやめようと思っている。以降は全て洋楽。そしてもちろん歌いたい究極の曲があるのだ。

それは、「トライ・ア・リトル・テンダネス」

この曲はオーティス・レディングの’67年の熱唱バージョンで有名だ。

スリー・ドッグ・ナイトというロックバンドもカバーしたし、トム・ジョーンズも、ジャズのアン・バートンも、そして最近ではシンディ・ローパーも歌っている。

彼女のパフォーマンスはYOUTUBEでも見れます。オバマ大統領夫妻の前で、シャウトしまくり、婦人は興奮し、娘はあっけにとられてじっとみている様が印象的です。オバマ氏はもちろんニコニコしています。

この曲の歌詞は、「冴えない、可愛そうな女の子がいて、彼女にもう少し優しくしてあげなさい、そうすれば彼女は幸せを手にいれることができる」という内容なのです。誰かにけしかけているような内容です。

でも、歌詞の内容の範囲では、彼女が優しくされるのに十分な素質を備えているか、どうかもわからないのです。

いいように解釈すれば、「優しくて、愛すべき女性なのに、愛される資格を十分に備えた女性なのに、今は寂しそうにしている。誰かが彼女に気づいて、少しの優しさ持って接してあげれば、彼女はきっと幸せになれるのに」というところでしょうか。

シンディは、とても優しい女性。彼女は日本が好きで(なぜなら優しい人が多いから)、震災のときも被災した方々のために動いてくれました。彼女はつらい人、悲しんでいる人たちの気持ちがよくわかる女性なのです。反面すごくパワフルに歌い、動きまわります。

私はシンディが大好きです。悲しんでる人に寄り添うというところは、ゴトウケンジさんと共通します。

私のカラオケの目標=夢は、「トライ・ア・リトル・テンダネス」をフルシャウトで歌い、聴いている人たちを感動させること。

現在、この曲の複数のバージョンを聴いています。上に挙げた歌手たちのパフォーマンスはもちろん、デビッド・サンボーンや若手ジャズヴォーカルの歌なども。

それらを全て消化したうえで、オリジナルのスタイルで歌いあげたいのです。人の迷惑顧みず。大好きなシンディと同化したいのです。できたら同じステージに立ちたいなあ。

2014年11月18日 (火)

ALTEC 250SU 局用コンソール  本当かなサム・フィリップス氏

現在、残りあと3日という状況で、アルテックの局用コンソールがヤフオクに出品されています。75万円即決でまだ入札者0です。

商品説明にある能書きは「サム・フィリップスというアメリカのスタジオ技術者が使っていた現物である」ということ。本当でしょうか。

この人物のことを知らない方のためにご説明しましょう。

昔むかし、テネシー州メンフィスにサンレコードというマイナーなレコードのレーベルがありました。

ある日そのスタジオに一人のティーンエージャーの青年がやってきました。彼は当時にしては変わったヘアスタイル、つまりやや長めに伸ばし、もみあげも蓄えていました。そして大きく開いた襟元。彼はトラックの運転手をしていて、電気技術者になるのが夢だったそうです。

青年はこの日「マイ・ハピネス」という曲と「ハートのうずくとき」とかなんとかいう曲を、母親の誕生日のプレゼントに録音したのです。

その歌声を聴いたサム・フィリップス氏はメモ紙に「少し変わった高音と独特の声の出し方」と書き残しました。

 もうおわかりでしょうか。この青年こそ若きエルヴィス・プレスリーでした。

その後、何枚かのレコードをエルヴィスはこのスタジオで録音したのですが、それらのレコードの権利をフィリップス氏はそう高くない金額でRCAに売ってしまったそうです。

 それからほどなく、ラジオで「ハートブレーク・ホテル」が初めて流され、アメリカ中が大騒ぎになって、あとはみなさんご承知のエルヴィスのサクセスストーリーが始まったのです。

このスタジオコンソールは、エルヴィスの当時の録音にも使われ、その後1975年までサンレコードのスタジオにあったそうです。

前のオーナーがフィリップス氏から譲り受け、ずっと保管されていたそうですが、このたび高齢のため手放すことになり、まわりまわってオークションに出品されている模様。

 
いかがですか。エルヴィスファンの方がいらっしゃれば、入手されてみては。

ちなみに、この記事の標題で「家電、AV、カメラ」のカテゴリーで検索すると、商品が見れます。アルテックグリーンにVUメータ。素敵ですよ。

WE・・LL SINCE MY BABY LEFT ME!なのですよ。

2014年10月 1日 (水)

ヤフオク出品中

現在4点出品しています。

中国製KT88、EL39、12E1、そしてQUAD型イコライザの実験シャーシ。

ご興味のある方は、アクセスをお願いします。

 おすすめはEL39かな。中国製のKT88も格安でよいです。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ