« CR型プリアンプの自作 ㉑ 基板実装図とハトメうち | トップページ | 無党派層は作戦にのるだろうか »

2017年10月16日 (月)

プリアンプ製作の注意点、問題点

マランツ、デザインパクリのプリアンプ。苦しんでいます。
正直に言って、パネルはマランツ#7のそっくり物まねです。あまり褒められたことではありません。
 
何で真似したか。やはりオリジナルの美しさへの憧憬です。真似してみたかったのです。
 トニーさんのプリアンプは仕上がりがすごい、と褒められても素直には喜べません。
 凄いのはマランツのデザインですから。
今は次にプリを作るときは、デザインはオリジナルでやるつもりです。
 
 次のプリは、イコライザはマッキンのMC-22で行きます。これも難しい回路です。
上杉氏が最後まで称賛していた(マランツ7を格下に位置付けて)、このイコライザを組んでみたいのです。
 
現時点で、過去自分の失敗を通して、おぼろげながら、わかってきたプリアンプ製作上の注意点を述べます。
 
1.ヒーターは直流点火が必須。ACでもうまくやればOKかも知れませんが、技術的にアマチュアには直流点火でないと無理です。
 
2.増幅段、増幅度は過剰にしてはいけない。増幅度が大きくなればなるほど、発振のリスクが増えます。またボリュームをわずかに上げただけでも、大きな音が出てしまいます。現在のCDの出力を考えれば、増幅段は必要最小限がよいのではと考えています。
 
3.配線は、とくにイコライザ素子部分は、ソケットピンに直接パーツを半田付けすること。浮遊容量、配線の冗長度から、発振の可能性が大です。私はこの発振の原因が分からず、プリの製作を暫く放棄したことがあります。
 
4.シールド線の多用は、高域の減衰を招く、ということ。
シールド線のもつ容量が、コンデンサと同じ働きで信号を減衰させてしまいます。上杉プリの凄いところは、シールド線を使ってないところ。但し、アンプ内の機構を観察すると、シールド板は多用しています。遮るテクノロジーはたいしたものです。
 
5.交流の磁界に信号回路を近づけないこと。AC引き回しや電源SWなどは、信号回路から遮蔽するなり、手当が必要です。
 
6.アース取り回しを全体的に体系づけて、構築すること。多点アースはもちろんNG.
電源部アースから、回路内アースへの流れ。真空管のグリッド直近でのアース実施やアースのループ化の禁止など。
7.真空管の良品使用、マイクロフォニックが大きい、これはアンプの配線が原因だと考えず、球を取り替えて、よいものを選んで使用すること。
 
まだありますが、最近苦労しているのは、回路図中では5ミリくらいの線でも、実際のアンプ内では、結構離れていて、シールド線の引き回しが長くなり、うまくないことなど。
 
 たぶん、このなんちゃってマランツプリアンプは、発振、ノイズ、高域減衰との戦いになるでしょう。でもノーシールドは挑戦するつもりです。

« CR型プリアンプの自作 ㉑ 基板実装図とハトメうち | トップページ | 無党派層は作戦にのるだろうか »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

オッカイポさん、このなんちゃってマランツ、略してナンマラプリは、ケース加工までは、渾身のチカラを込めました。

部屋に置いて、ちらと眺めるだけでも、満足感を感じさせてくれます。

我ながらよくやったもんだと。さてこれからが問題です。

失敗したら、ケースだけで売りに出しましょうか。いやいやそれはダメですね。頑張ります。

トニーさん こんばんは。
イミテーションマランツは、上杉先生も若かりし頃盛んに製作していましたね。私はトニーさんのプリアンプは、リトルマランツとして、素晴らしい機械になると思います。頑張って下さい。

ORIONさん、回路が形成してあるプリント基板は使いません。
自分のアイデアによる手配線で、オリジナルに忠実に再現する予定です。
 この音を聴いたことがないので、やってみたいのです。

マッキントッシュのイコライザーを使用予定との事、例えばhttps://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d249606591この様な基盤をお使いになるのでしょうか?其れとも正規物?どちらにせよ制作の事は無知ですが、出て来る音は経験上想像出来ます。〇〇です・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/71977885

この記事へのトラックバック一覧です: プリアンプ製作の注意点、問題点:

« CR型プリアンプの自作 ㉑ 基板実装図とハトメうち | トップページ | 無党派層は作戦にのるだろうか »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ