« マリックアンプのトラブル | トップページ | 選挙予想 その手にはのらないよ »

2017年10月 8日 (日)

CR型プリアンプの自作 ⑲  少しスランプ

何だか倦怠感です。
プリアンプがこんなに手がかかるとは思っていませんでした。
製作に必要な確認項目が200を超えています。ケース設計の段階から、加工、塗装、回路と基板の設計。
 
細かいとこまでカウントすれば300カ所は超えているかもしれません。
 基本は3手先まで確認すれば、問題は解決するのですが、それでも300カ所は多いですね。
先日は、フューズの実装位置について、2手までしか確認しなかったので、不具合が発生しました。
 
 今日は、レバースイッチ3個のレバーの付け根あたりの金属部分が、パネル窓から、きらきら見えるので、窓穴にブラインド用の細工をする必要があり、その対応を考えました。
 こんなことまで、配慮しなければならないのです。
  アマチュアで300カ所ならメーカーの設計者は大変ですね。量産品なら、1000カ所以上チェックしているはずです。
 
さて目隠し用には、黒い布が一番。家族に相談したら、壊れた椅子のシートの裏側に貼ってあったと告げられ、確認。
 
なるほど、いいのがありました。ただ剛性がないので、ハサミで切って2つ折りにしてボンドで接着して、穴加工しました。
 
Img_3411
 
横から見ると、布はくにゃくにゃと曲がっています。 ゴムも試したのですが、少し突っ張りダメでした。
 
 
Img_3410
 
サブパネルから見ると、なんとか目立たない感じに。
 
もうこの出来栄えがアマチュアには手一杯です。レバーSWにせずにロータリーSWにすれば、どれだけ楽だったことか。丸穴ひとつで済むのですよ。
 
Img_3409
 
それから、これと並行して、今日は化粧パネルの塗装をしたのです。これがうまく行きませんでした。
大日本の水性塗料のライトグレーに色を決めて塗装実施。
但し、塗布量が多かったのか、乾燥後に触ると指紋が着いてしまうのです。
 
Img_3414
 
もういちど、塗装を落とし、薄めに仕上げたのですが、それでも指紋が着きます。ブログの画像ではわかりませんけど。
 
 ああ、明日の連休最終日から、埼玉に出発。5日間帰ってきません。
 ダメだ、塗料を変更して、また週末にトライします。やっぱりシルバーでしょうか。
 基板の部品実装設計もまだ完了していません。さすがに最近は体力が衰えて、出張中にはやる気が起きません。ホテルでの仕事の処理もありますし。
 
数日前から歯が痛くて、昨日クリニックにいったら、詰め物が長期間とれたままで被せ直しましょう、歯茎が腫れていますね、お疲れモードなんでしょう。薬を出しておきますからと。
詰め物とれたらほっとくなって?先生に詰めてもらったんですよ。3日目で取れてガッカリ。それから、もういいやとなったんで。何?あなたはアゴの強さと骨の太さが人の2倍だって?いいってばもう、レントゲン写真を見せるのは。
ここに来てるのは、自宅から歩いて5分だからで。そんなやりとりをしました。
 
今日だんだん、倦怠感にさいなまれ始めました。
 
 こういう時は間をあけること。しばらくアンプ製作は忘れること。
 
オークションでもじっと見てれば、気も紛れます。このトランスを仮に落札したらこんなアンプができるなあと。
 
 また週末がんばろう。
 

« マリックアンプのトラブル | トップページ | 選挙予想 その手にはのらないよ »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

乙山さん、ものごといつもいつも、スムーズには行きませんね。だから面白いのでしょうね。
 また、乙山さんもしっかり、秋田に根着いたら、たくさんの趣味をはじめられるのでしょう。ブログ毎日拝見しています。
 少しグロな写真には驚いてコメントできずじまいでした。またよろしくお願いします。

トニーさん、プリアンプ製作お疲れ様です。
プリアンプは本当に難しいですよね。
私なんて、フォノ・イコライザーを省略したのに、
プリアンプ製作を中断してしまいましたから。

塗料も、気に入ったものがなかなかありませんね。
マランツとかQUADの微妙な色合いなんて、どこにあるんでしょう。
私のプリアンプのパネル塗装も、満足できないままです。

でもいつかそのうち、プリアンプをもう一度作り直します。
まずは寮から抜け出さないと!

ORIONさん、キャビは現在ブロンズのハンマートーンで塗装しています。当初マランツのようなブラウンのものを探したのですが、入手難です。

 正面パネルのブロンズですが、塗料で金属の着色された質感を出すのは、過去シルバーでもトライしましたが、なんとなく違和感があるのです。

 まあ、このプリはマランツ#7ではありませんから、オリジナリティを持たせてやろうと考えているのです。

私も同意見で外観からしてマランツ7に似てますしキャビの
塗装はグリーンハンマートーン若しくはブラウンハンマートーンのどちらかが良いと思います。趣を変えたければ結晶塗装も面白いかと思います。フロントパネルは私はやはりマランツ7似なのでシャンパンゴールドが似合ってると思います。勝手な妄想なので無視してください。素人が意見するみたいで申し訳有りません。

ウッチーさん、それももちろん検討しました。
でも塗装の苦手なわたしが、あの塗料を使うと、悲惨な結果が待っているような気がします。

とりあえず、一度、ごくごく少量ずつ、ハンマートーンが出る直前でやってみようかとも思います。でると収集がつきません。また週末です。

トニーさんこんにちは。
提案があります。パネルに染めQのシルバーハンマートーンはどうでしょうか?私はリアパネルにブロンズのハンマートーン、フロントパネルにシルバーハンマートーンを使って良い結果を得ました。

私の場合は、何かを作っていたいという、製作意欲が心の中にあるので、ほったらかしにしていても、そのうちやらなきゃ、という気持ちになるのです。

 時々はアンプを作ってみてもいいかなとか、私と違って他の趣味がメインであるとか、いろんなお付き合いがある方は、そのままになってしまうのも当然だと思います。

トニーさんの気持ちは、とても、いや激しく分かります。ボチボチいきましょうねなんて言ったら、私のように1年以上も手を付けなくなりますので、まあ、少し休みましょうねという所です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/71918948

この記事へのトラックバック一覧です: CR型プリアンプの自作 ⑲  少しスランプ:

« マリックアンプのトラブル | トップページ | 選挙予想 その手にはのらないよ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ