« みなさん | トップページ | トランスケース »

2017年6月 5日 (月)

もう少し大きいやつ

昨夜、ホテルでオークションの入札にいそしんだ。
久しぶりに負けるものかと、真っ向から金額勝負に挑んだ。
目的の品物はこれである。
 
Blp4163img600x4501495936885ipxoog11
 
Blp4163img600x4501495936886egtgi611
 
Blp4163img450x6001495936886efcxiw11
 
独逸シーメンス、クラングフィルムの 20cmフルレンジである。
エッジやコーンを見ていただきたい。とても美しい。
音もよさそうだ。
ひょっとして、私と最後まで競ったかたが、読者の中にいらっしゃるかもしれない。
ごめんなさい。どうしても欲しかったのです。
 なぜ欲しくなったのか。それは12面体ボックスRD-17の音を聴いてしまったからである。
10cmのユニットからとてつもない低音と、分離のよい楽器の音が、ホールにいるような印象で聴くことができた。この体験である。
 
私はアナログレコードも聴く。アナログはどうしても高能率のユニットでないと、楽器の表情の確認に不利になる。
 
 グレーⅡでレコードを聴いた。低音は確かに豊かだ。ただ88dBという低能率ユニットの場合は楽器の表情はCDよりはやや上回る。だが私は欲深い。
CD再生ならグレーⅡで十分だし不満はない。
 
だが私は高能率ユニットを12面体に入れてみたいのだ。ホールの音場、重低音、これはおそらく38cmウーハーよりも凄いと予想している。
それに加えて、楽器の細かな表情が得られると最高だろうと思う。
将来を見通して、この20cmユニットをなりふり構わず手にいれた。
 先々の計画では、44Lの12面体を自作の友さんに作っていただく。そして20cmを取り付ける。できればアルテックの409B、755Cあたりも聴いてみたい。
 
現在のグレーⅡは寂しいが、どなたかに譲る。
44Lがうまく行けば、アルテック38cm2WAYも手放すかもしれない。
資金が必要だ。アルテックの20㎝は高いのだ。またアンプを売るしかない。でも時間が無く作れない。
困ったものだ。なので44L計画は暫く動かない。
 

« みなさん | トップページ | トランスケース »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

自作の友さん、コーン紙は写真はこの記事の写真のとおりのものです。音出しは裸のままで数分聴いたきりです。

明るくて、能率が高く、ヨーロッパ系ですね。但し、低音は当然ながら感じませんでした。

トニーさん、こんにちは。

コーン紙はどんなタイプでしたか?
音出しは未だですか。

吉田さま、シンプソンのテスターでしょうか。申し訳ございません。最近このテスターも出番がないので、私がオークションに出品しましょうか。入札されますか?

私もアナログテスタ-で競い合いましたよ、最後はトニ-様に負けました。

自作の友さん、44Lは正式なバージョンの物が欲しいですね。
 グレーⅡと交換はいかがですか。試聴用にされてもいいし。
出品してみましょうか。入札者はありますかね。

でも、すぐでなくて結構ですよ。お盆の前くらいでも。グレーⅡはまだまだ聴きこみたいです。

 20cmをJBL,ALTEC,欧州で聴き比べたいのです。

乙山さん、このユニットが素晴らしいかどうかは、これからです。
平面バッフルすら、置き場がないのです。もうちょっと先です。
 仕事にケリがついて、落ち着いたらです。

また、先々レポートしますね。

バジィーさんコメントありがとうございます。
これが蝶ダンパーかどうかは、今の時点でわかりません。14gではないようです。コロンビアのユニットは当たりだったのですね。
 JBLもアルテックもお持ちで、うらやましいですね。私は規模縮小の可能性があります。

こんにちは、トニーさん。

実は、トニーさんより一足or二足先に「やまたけ」さんから借りたユニットを昨晩よりRD-44(仮称)でモノラルで試聴開始しました。マグネットのケーシングは異なりますが、品番は同じ様です。
深い眠りから覚めたようで初めは大した音ではなかったのですが
時間が経つに従って良くなっています。
もう少ししたら特性を測って見るつもりです。
バイオリン、ピアノなどは良く、低域は締まった音を聴かせてくれます。

もう一つのユニットはサブコーンの補修をしてから試聴します。

このRD-44は乙山さんと一著に聞いてもらった同じBOXです。

RD-44は試作品が2セットあるので一連のテストが終了しましたら長期の貸し出しは可能ですのでご検討下さい。専用スタンドは、一本脚なら手持ちがありますがRD-17と同じタイプなら少々時間を下さればRD-44用の試作を兼ねて製作します。

トニーさん、こんにちは!
うわっ、すごいユニットを入手なさいましたね。
シーメンス/クラングフィルムの20cm。
かなり能率が良さそうですし、楽しみですね。
正12面体ボックスができる前に、平面バッフルでお楽しみください。

これは蝶ダンパーのユニットでしょうか?
20cmシーメンスは6Ruf-LSP-14g(14g)が名機だそうで、数字の後アルファベットが変わり、多数のバージョン(マグネット違い)があるそうで奥が深そう。しかし、14gは6万円以上するらしいです。

拙宅ではJBLとALTECの両方ありますが、クラシック用にコロムビアの16cm古レンジを厚紙(段ボールではない)で作った後方解放型エンクロージャーに入れて楽しんでいます。これがまた渋い味わいで、仄かな蝋燭のもとでバッハやバロックを聴き入るという風情です。どうやら、高価なユニットを買わずに済んだみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/70775675

この記事へのトラックバック一覧です: もう少し大きいやつ:

« みなさん | トップページ | トランスケース »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ