« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

2017年6月26日 (月)

8417 タンゴ4兄弟  ③ トランス塗装とシャーシ天面加工

今日は曇り。家にいました。
午前中、自宅で仕事をして11時から、昨日のシャーシ加工の途中から、作業を再開しました。
今日は、トランス取り付け用のビス穴を明けたのと、真空管ソケット用の穴を8本分ビス穴も含めて全て加工しました。
下の写真は昨日までの状態です。球の下には穴は開いていなくて、シャーシ上に載せているだけです。
 
Img_2764
 
4兄弟の、ハンマートーンへの再塗装ですが、元々の黒い塗料が、ぽろっと剥がれているところは、そのまま塗装するとクレーターのようになって窪みが出てしまいます。
よって、パテで埋めておきます。パテの量もほんのわずかで、この補修もクリティカルです。
 
Img_2765
 
 
アップです。
 
Img_2766
 
そうして、未加工だった穴を全て明けて、塗装も終わらせて、シャーシ上に仮置きしたのが下の写真。
ポンと完了写真になっていますが、今日の全作業時間は5時間でした。ハンマートーンは、まだ生乾きです。
 
Img_2769
 
あとは、前面、背面のパーツ用の穴加工と、底板取り付け用のタップ切りです。意外と早いですね。シャーシの塗装もありますね。
 
この写真、レイアウト。何か違和感を感じませんか。少し後悔したのですが、そのままで加工しました。
実は真空管群の位置を全体的に、もう5mm右でもよかったかなと思ったのです。でもそのままでもいいかなと、変更しませんでした。もし右に5mm動かすと、今度は左側のスペースが気になってしまうのです。
 
うむ、これでいいのだ。
 
また明日。

2017年6月25日 (日)

8417 タンゴ4兄弟  ➁ 少しシャーシ加工

本日野暮用が少しあり、夕方4時半からシャーシ加工開始。
愛犬の散歩を18:30からと決め、それまで何とかタンゴ4兄弟トランスたちの取り付け関係の穴を全部終わらせようと頑張りました。
まず最初にやったのは、φ4のドリル刃で、出力トランスのセンター穴、電源トランスの角穴を明けるための4すみのセンター穴、出力管のソケットセンター部へ、どんどん穴を明けました。
 次に、電源トランスの角穴加工用に、四隅にφ20の穴をパンチで明けるべく、パンチ芯棒を通すためにリーマでφ4穴をφ13まで拡大しました。これは手が痛いし腕も痛い作業です。でもコツコツやるしかありません。
 
Img_2752
 
Img_2757_2
 
これはパンチで四隅にφ20の穴を明けている画像です。
 
 
 
Img_2759
 
φ20の穴の一部をやすりで削って、金ノコの刃が通るようにしています。穴間をノコで切っていきます。この2台前から、電源トランスの角穴はノコで切るようにしたのです。
以前は角穴の内周にφ4の穴を連続でつなげるように、たくさん明けて、抜き落として、加工断面のガタガタ部分をやすりで仕上げていたのです。
 
ヤスリ作業が大変でしたが、工法変更により、少しはましになったとは言え、リーマでの穴拡大やノコ引きの作業もさほど楽ではありません。でもこのアンプで一番大きな加工穴はこの電源トランスの穴で、あとは丸穴ばかりで楽なのです。
 
 
夕方18:00になったころ犬が散歩に連れていけとキュンキュン鳴きはじめました。今日はここまで。やっと4兄弟のセンター穴は完了しましたが、取り付け穴は未加工です。
よってトランス4兄弟は、昨日の写真から、ひっくり返りましたが、シャーシから少し浮いています。取り付け穴が明いていないので。
 
Img_2761_2
 
まあ、何の変哲もないアンプです。やっぱりトランスは塗装しないといかにもタンゴですね。
いつものように、固定バイアスの調整はシャーシ上からできるようにします。
 
また続きます。
 

2017年6月24日 (土)

8417 タンゴ4兄弟  ①製作着手

みなさん、ここ九州では空梅雨だったのが、容赦ない雨が降り続いています。
まあ、雨も降らないと農作物もできませんし、よいことではあります。
さて、配線しなければならない、未完成アンプが目の前にあるのですが、どうもその気にならず、さりとて何もしないのも、段々短くなっていく人生、時間がもったいないですね。
よって、次のアンプに着手しました。
 
今回起用する出力管は8417です。ご存知のかたもいらっしゃるでしょうが、かいつまんでご紹介しておきます。
この球は、一見して6L6GCに見えます。同じGE製ですから、尚のことそっくり。でも規格が違うのです。
 
有名な球の誕生した時代のお話をします。オランダ、フィリップス社がEL34を開発したのが1951年頃でした。できた当初からあまり規格は変わらず、この球は現在でも生産されています。まあタフで比較的安価で使い易い球ですし、音もすばらしいので長寿を極めています。
 
そして6L6系も古くから生産されていましたが、規格が強大化された6L6GCは1958年ころに開発されました。この球も人気者で長寿です。なんと50W取り出せるのです。
 
ところが1960年代に入り、半導体が登場し、どんどん歩留まりが上がって量産化され始めたのです。1960年半ばにはTI(テキサスインストゥルメント社)が集積回路の開発に成功しました。
 
以降は、世の中はもうどんどん半導体化が進んでいきます。70年代に入るとオーディオをはじめ電子デバイスは半導体が真空管を駆逐した感がありました。
 
そして8417です。この球はシルバニアの技術者が、押し寄せる半導体普及の波に対抗すべく、小型で高出力をとりだせる、過去に例を見ない球をつくろうと、プライドをかけて取り組んだのです。
 
結果、6L6GCとおなじガラス形状でありながら、プレートに560Vをかけて、プッシュプル2管に340mAの電流を流せば、100Wを取り出せる出力管が完成しました。
それが8417です。この時が1965年でした。この球は真空管時代の最晩年に、登場したエースなのです。米国のメーカー製のアンプに起用されましたが、それほど活躍したとは聞きません。
 
実際に私が聴いた印象は、よくバウンドする躍動感のある球。音色も趣があって元気がいい。
今回は電源トランスの容量が330mAしか取り出せませんので、出力はステレオで50W+50W程度だろうと考えています。
トランスはタンゴの50W級アンプ用の普及タイプのものです。OPTはFW-50、PTがMS330D、チョークコイルはMC型の350D(角型)です。これを新タンゴ4兄弟と呼びます。
 
いつものようにシャーシに球やトランスを置いて、数日間デザインを眺めました。結果よくあるデザインになりましたが、球の並ぶピッチにこだわりました。
前段のMT管と8417のそれぞれの横方向のピッチを5mm違うように設定しました。結果としてMT管が、8417より少し内側に入ります。おなじピッチなら、4列縦隊になり、何だか色気がありません。
 
Img_2751
 
Img_2750
 
Img_2747
 
もうケガキも終わらせました。明日は大好きなアルミ加工になります。少量なら雨天決行です。タンゴ4兄弟は、ハンマートーンに塗装。シャーシはシルバーかグレーです。
もう白いレタリングがないので、黒文字でいける、シルバーか明るいグレーにせざるを得ません。
こうやって、モック状態のアンプをそろえておいて、7月から8月で配線しましょうか。
新シリーズを、またお楽しみに。
 
 
 

2017年6月20日 (火)

バイオリン パーツ

過去、バイオリンをつくろうと思って購入していたパーツです。
もうあきらめて、オクションに出品中です。
Photo

体調はいかに

最近、モリカケ事案で責められ、ストレスが溜まりっぱなしで大腸がただれてきたそうですね。アニサキスの3匹でも、放り込んであげましょうか。ペテンの政治家どの。

2017年6月18日 (日)

アンプつくり、再開できるかな

やっと仕事が一段落した。いろいろ研修などで、出張続きだった。
先週なんかは、新宿歌舞伎町2丁目のホテルに宿泊した。なんだか物騒で、ホテルの部屋から出なかったのだ。田舎もんだし、お金も持ってないし。日本人少ないし。
やっと週末が来て、自分のペースで仕事ができるようになった。
となるとアンプつくりだ。思い起こせばマリックKT66アンプは配線前で止まってる。6L6Gの美音アンプも、その次に控えている。
さらには角型タンゴトランス50W級を使った、タンゴ3兄弟Ver.2のアンプも並んで待っている。
プリメインアンプも計画してる。状況はよく理解できているけど、なかなかその気にならないなあ。
これが老化というものだろうか。わくわくしない。
よーし、まず部屋を徹底的にきれいにしよう。そうすれば気分も爽快、やる気がでるだろう。
皆さん、待っててください。掃除しますから。でも庭の草ぬきもあるなあ。
犬も洗ってやらなければ。うーむ。
 

2017年6月13日 (火)

これからは

政治がひどくなってる。まともな考えで政治をやってるのは皆無。土台政治家になろうとしてる人間に、まともな政治を期待するのは、無理なんだろう。政治家の手足を見ると、紐がたくさん絡みついているし。

これからは、しがらみのない人物に政治をやらせるべきだろう。それは、女性である。人々の生活に目線を置いた考え方ができるからである。聡明で、リーダーシップを発揮できる女性は、たくさんいる。
女性ならたくさんの支持が集まるだろう。なにしろ、男性を産むのは女性であり、今の政治のトップも母親に頭が上がらないくらいだ。

ただ、敵対勢力は、お抱えのメディアを使って、目障りな女性議員たちに、個人攻撃を加えるだろう。
〇〇議員は過去、ホストクラブ通いを繰り返していたとか。

構わない、世の中の隅から隅まで知っておかないと、政治はできないと、平然と構えておけばいい。

とにかくブームで終わらせずに、女性に登場して欲しい。昔、20年以上前に、女性党という政党があったと思うが、どこに行ったんだろう。ついに出番が来たのに。

2017年6月10日 (土)

トランスケース

オークションで、6cm角程度のトランスカバーが出品されている。
Simb44rq1qi
確かに可愛い。でも現在2個で4300円だ。
それなら、2個で216円のこちらのアンプ用のトランスカバーの方が、お得と思いませんか。大きさは同じようなもんですが。
Lala_means_i_loveyouimg600x45014836
あとは、気の持ちよう。

2017年6月 5日 (月)

もう少し大きいやつ

昨夜、ホテルでオークションの入札にいそしんだ。
久しぶりに負けるものかと、真っ向から金額勝負に挑んだ。
目的の品物はこれである。
 
Blp4163img600x4501495936885ipxoog11
 
Blp4163img600x4501495936886egtgi611
 
Blp4163img450x6001495936886efcxiw11
 
独逸シーメンス、クラングフィルムの 20cmフルレンジである。
エッジやコーンを見ていただきたい。とても美しい。
音もよさそうだ。
ひょっとして、私と最後まで競ったかたが、読者の中にいらっしゃるかもしれない。
ごめんなさい。どうしても欲しかったのです。
 なぜ欲しくなったのか。それは12面体ボックスRD-17の音を聴いてしまったからである。
10cmのユニットからとてつもない低音と、分離のよい楽器の音が、ホールにいるような印象で聴くことができた。この体験である。
 
私はアナログレコードも聴く。アナログはどうしても高能率のユニットでないと、楽器の表情の確認に不利になる。
 
 グレーⅡでレコードを聴いた。低音は確かに豊かだ。ただ88dBという低能率ユニットの場合は楽器の表情はCDよりはやや上回る。だが私は欲深い。
CD再生ならグレーⅡで十分だし不満はない。
 
だが私は高能率ユニットを12面体に入れてみたいのだ。ホールの音場、重低音、これはおそらく38cmウーハーよりも凄いと予想している。
それに加えて、楽器の細かな表情が得られると最高だろうと思う。
将来を見通して、この20cmユニットをなりふり構わず手にいれた。
 先々の計画では、44Lの12面体を自作の友さんに作っていただく。そして20cmを取り付ける。できればアルテックの409B、755Cあたりも聴いてみたい。
 
現在のグレーⅡは寂しいが、どなたかに譲る。
44Lがうまく行けば、アルテック38cm2WAYも手放すかもしれない。
資金が必要だ。アルテックの20㎝は高いのだ。またアンプを売るしかない。でも時間が無く作れない。
困ったものだ。なので44L計画は暫く動かない。
 

2017年6月 3日 (土)

みなさん

もう気づいて、らっしゃるとは思いますが。
 
安倍政権はとんでもない政権です。
頭の悪い人間に権力を与えると国が滅びます。
自分たちの仲間のためには、法律を捻じ曲げても、めちゃくちゃをやり通す。
 例えば、国費を自分のポケットマネーと勘違いして、友達にポンとプレゼントする。
それに盾突く人間は、御用メディアを使って人格否定の報道をさせて、抹殺しようとする。
更には、自分たちのやることに反対する人間は、共謀罪という、戦前の治安維持法と同じ法律で、口を抑え込んで、何も言えないように監視社会を構築しようとする。
この民主主義を真っ向から、踏みにじろうとしている政治家には、もう消えてもらうしかないと思っています。
皆さん、お願いですから、次の選挙では政権与党に投票しないでください。地方のことは関係ないとお考えかもしれませんが、与党に投票するということは安倍政権にお墨付きを与えることになるのです。
だったらどこに投票したらいいんだ、とおっしゃるかもしれません。
ここは、政権与党以外ならどこでもOKです。とにかく一度安倍内閣に退陣してもらう必要があります。
その後に政権与党にまともな、東大卒のリーダーが出てくれば、また与党に投票すればいいと思います。
とにかく、現時点では日本の自由と、国民の人権は確保しなければなりません。そのためにお願いをするものです。
どうか、よろしくお願いいたします。

« 2017年5月 | トップページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ