« 8417 タンゴ4兄弟  ①製作着手 | トップページ | 8417 タンゴ4兄弟  ③ トランス塗装とシャーシ天面加工 »

2017年6月25日 (日)

8417 タンゴ4兄弟  ➁ 少しシャーシ加工

本日野暮用が少しあり、夕方4時半からシャーシ加工開始。
愛犬の散歩を18:30からと決め、それまで何とかタンゴ4兄弟トランスたちの取り付け関係の穴を全部終わらせようと頑張りました。
まず最初にやったのは、φ4のドリル刃で、出力トランスのセンター穴、電源トランスの角穴を明けるための4すみのセンター穴、出力管のソケットセンター部へ、どんどん穴を明けました。
 次に、電源トランスの角穴加工用に、四隅にφ20の穴をパンチで明けるべく、パンチ芯棒を通すためにリーマでφ4穴をφ13まで拡大しました。これは手が痛いし腕も痛い作業です。でもコツコツやるしかありません。
 
Img_2752
 
Img_2757_2
 
これはパンチで四隅にφ20の穴を明けている画像です。
 
 
 
Img_2759
 
φ20の穴の一部をやすりで削って、金ノコの刃が通るようにしています。穴間をノコで切っていきます。この2台前から、電源トランスの角穴はノコで切るようにしたのです。
以前は角穴の内周にφ4の穴を連続でつなげるように、たくさん明けて、抜き落として、加工断面のガタガタ部分をやすりで仕上げていたのです。
 
ヤスリ作業が大変でしたが、工法変更により、少しはましになったとは言え、リーマでの穴拡大やノコ引きの作業もさほど楽ではありません。でもこのアンプで一番大きな加工穴はこの電源トランスの穴で、あとは丸穴ばかりで楽なのです。
 
 
夕方18:00になったころ犬が散歩に連れていけとキュンキュン鳴きはじめました。今日はここまで。やっと4兄弟のセンター穴は完了しましたが、取り付け穴は未加工です。
よってトランス4兄弟は、昨日の写真から、ひっくり返りましたが、シャーシから少し浮いています。取り付け穴が明いていないので。
 
Img_2761_2
 
まあ、何の変哲もないアンプです。やっぱりトランスは塗装しないといかにもタンゴですね。
いつものように、固定バイアスの調整はシャーシ上からできるようにします。
 
また続きます。
 

« 8417 タンゴ4兄弟  ①製作着手 | トップページ | 8417 タンゴ4兄弟  ③ トランス塗装とシャーシ天面加工 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/70965244

この記事へのトラックバック一覧です: 8417 タンゴ4兄弟  ➁ 少しシャーシ加工:

« 8417 タンゴ4兄弟  ①製作着手 | トップページ | 8417 タンゴ4兄弟  ③ トランス塗装とシャーシ天面加工 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ