« 手のひら返し | トップページ | 新しいお酒 »

2017年3月 3日 (金)

異動の春

私ごとですが、この4月から契約先を変わります。
今までのところとは12年間仕事をもらっていました。しかしながら年々報酬が削られ、今現在はそこの仕事1本では生活できず、別でコンサルタントの仕事を探しては、なんとか収入を確保していました。
以前もブログに書いたと思うのですが、昨年の夏に大阪で開催されたセミナーで、私と同業の人、偶然にも福岡の人ですが、その方と一緒になり、同じグループで研修課題をこなしているうちに仲良くなったのです。
年末に忘年会しませんか博多当たりで。OKですよ。
年始に新年会しませんか博多当たりで。もちろんOKですよ。と何回か誘われて食事をしました。
2回目から、あちらの上司も同席するようになり、4回目会って別れ際に、あなたさえよければ、1年後くらい先でけっこうなのでうちに移ることを考えてもらえませんか、と言われたのです。
今まで、同業仲間の意見交換会だと思っていたのですが、どうやら勧誘でした。
正式に事務所にお伺いして条件を聴いたところ、現在のとこよりかなり好条件でした。
それで私は移籍を決意しました。まあいえばプロ野球選手が、たくさんある球団を渡りあるくようなもので、業界は同じなのです。
現在の契約先のマネージャーに、契約解除の意思を伝えました。このマネージャーは私と同い年。同じ日に今の組織と契約し、机をならべて新入社員教育を受け、彼は東京の人間なので正社員に。私は遠方の人間なので外部委託として契約したのでした。
外部委託は、仕事の受注量の確約がありません。顧客から評判がよければ、引き続き仕事は来るが、クレームが多ければ仕事は全くきません。契約はしていても何年間も仕事の無い人もいます。
まあ、マネージャーとは懇意にしていただけに、なかなか言い出しにくかったのです。メールでポンと打ったら、すぐに電話が掛かってきました。
上記の流れを説明したら、「残ってもらうにはどうしたらいいか、条件を言ってほしい」
新しいところの条件を口にして、「それだけ仕事を出してくれるかい」
彼は無言でした。そうでしょうね倍近くちがうのですから。
「社員にならないかい」「なっても定年まで1年しかないよ、しかもあのスケジュールで土日も仕事したら、体を壊すよ」
「そうだね。わかった。上司に伝えるけど、直接電話が行くかもしれない、その時もきちんと回答してほしい。残念だけど。また今後も連絡をとりあおう」
「了解しました」
こんな状況でした。上司からは電話はきませんでした。電話してくるような人ではないと、わかっていました。今は、すでに3月から新しいところでの研修の準備をしているところです。
さてもう一人、異動する人間がいます。長男です。
過去のブログで長男が入社した会社で所属上司に只残業やパワハラを受けて、やめたいと窮地に陥っていることを書きました。
その後の経過を言いますと、息子が総務にこういう理由で辞めたい、と伝えたら、来週から所属部署へは行かなくてよいから総務に出勤しなさい、という指示がありました。
 総務の課長は、上司が息子に打った、パワハラメールを見て、表情が変わったそうです。結果、上司である課長と、部長は部下に対する無報酬残業の強要で、処分を受け、社内的も公開されました。結果息子と、その先輩たちも過去からのただ働きの残業代が支給され、課長は降格になり、東京へ転勤になりました。
九州本社の会社なので、東京への転勤は東京へ飛ばされたという、表現になります。面白いですね。
息子はその課から、購買課へ配属が変わりこの最近まで仕事をしていました。購買課は心の病を患った人や、問題のある人の引き受け部署のような色合いも少しある部署だそうです。
それが、本人が言うには仕事ぶりが常務に気に入られてて(?)、この4月から常務に引っ張られる形で大阪に転勤が決まったそうです。大阪は家内の実家があり、可愛がってくれた祖父母がいるので、まるっきり知らない土地ではないのですが、やや不安はあります。
九州の片田舎ののんびりした雰囲気から、北浜で営業マンになるそうです。
まあ、それを聴いて家内と大笑い。
この春異動の、2名の話でした。
 
 
 
 

« 手のひら返し | トップページ | 新しいお酒 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

乙山さん、コメントありがとうございます。この年になると、同じところで、同じ仕事を続け、じわじわ収入も減る、といった状況はあまりよくありません。
 淀んでしまうというか、閉塞感を感じてしまいます。敢えてガラッと環境を変えるのも新鮮でいいかもしれない。今後は出勤をすることになりますので、通勤電車に乗ることになります。実に15年ぶりです。
 事務所には女性もいます。何だか家内以外の女性と同じ建物の中にいるというだけで、新鮮ですね。
 乙山さんも、異動とのこと、お互い頑張りましょう。
 私の経験から、真面目に、誠実に仕事をしていると、誰かが見てくれている、ということを最近強く実感します。

トニーさん、こんにちは!
とうとう決断なさったのですね。
そうなったからには、新しい環境でのご活躍が楽しみです。
御子息のことも、良い方向に発展して良かったですね。
乙山も春から配属が変わって、別の仕事をすることになりました。
まさに異動の春、という感じですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/69796366

この記事へのトラックバック一覧です: 異動の春:

« 手のひら返し | トップページ | 新しいお酒 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ