« 読者の方が作ったアンプ KAORUさん | トップページ | オーディオラックを作る »

2017年3月24日 (金)

証人喚問の結果

23日に、国会の参院、衆院で各2時間程度ずつ、籠池証人を招致して、喚問が行われました。
事後に与党は籠池氏は「大ウソつきだ」、官房長官は0回答で森友側から昭恵夫人への依頼は一般的な陳情レベルでなんら問題はない、(依頼に対して)0回答だ、と述べました。
大ウソつきなら、偽証罪で告発してもいいのでしょうが、彼が嘘をついていることを立証することは現状では困難です。
 もし立証したいなら、昭恵夫人なりを国会に呼んで、彼の発言のどの部分が嘘であるかを逆に証人として説明させるべきです。このウソを立証する人間をたてる必要があります。
 
彼が口利きを依頼した人間の名前を挙げました。関西の元と現役の議員の名前が出ました。彼らは依頼は受けたが、動いてない、あるいは行政に質問したが、その回答を籠池氏には伝えていないと発言しています。ここでも籠池氏はウソはついていません。
 
では今回の喚問の成果は何があったのか。結論を言います。確かに事実を残した記録が出てきました。これは今回の承認喚問の最大の成果です。
 
昭恵夫人付きの政府職員=秘書・谷査恵子さんが籠池氏あてに送った2通のFAXです。
2枚はそれぞれに宛名が記載してありましたから、別の日に送ったものでしょう。
1枚目は、籠池氏→昭恵夫人からの依頼をうけて、財務省・国有財産審理室長にかけあったが、よい回答を得られなかったという内容のもの。
 
そして2枚目のFAXには、同じ国有財産審理室長から、森友側の依頼を受けての対応実施の回答を得たということが、そして対応内容に関しても文面にしっかりと記載されています。
 
おもしろいのは、メディアの多くがこの2枚目のFAXのことを23日現在、詳しく取り上げていないことです。
 
このFAXは、以下のことを明確に立証しています。
 
1.森友学園側から昭恵夫人に依頼があり、昭恵夫人の秘書が財務省に働きかけたこと
2.国有財産審理室長が、森友学園に便宜をはかるという、回答を得たこと
3.上記から昭恵夫人が森友学園の小学校開設に、多大な力添え、口利きを実施したこと
 
このFAXだけで、安倍総理は議員も辞めなければなりません。このFAXが存在しても、総理が夫婦そろって口利きなどはしていないと主張するなら、昭恵夫人と谷査恵子さんを証人喚問して、口利きをしていないこと、彼女らが実施したことは何だったの説明させる必要があります。
もちろん、話はこれで終わらせてはいけません。この昭恵夫人の依頼を受けて、行政のその部署の誰が実際にどう動いたかをはっきりさせる必要があります。しかるべき人には、刑務所に入ってもらうことになります。
自分の地位・役職・立場を利用して、多額の税金を私的な知人に無償で供与することはやはり犯罪に問われる可能性もあるのでしょう。
 
そして森友問題がはっきりしたら、お次は総理の加計学園の口利き問題が待っています。
ネットに公開されている毎日新聞の記事のFAXの文面です。
2枚目のFAXの1)から3)は確認結果の報告ですが、4)は便宜の提供に関しての記述、
調整中も鋭意努力していますということだと想像されます。
 
http://mainichi.jp/graphs/20170324/hpj/00m/010/001000g/2
 
 
 

« 読者の方が作ったアンプ KAORUさん | トップページ | オーディオラックを作る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/70029767

この記事へのトラックバック一覧です: 証人喚問の結果:

« 読者の方が作ったアンプ KAORUさん | トップページ | オーディオラックを作る »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ