« それだけじゃ終わらない | トップページ | 小さいコンデンサー »

2017年3月19日 (日)

マリックKT66  ⑨ 回路図

現在製作が止まっているこのアンプ。
実は現在時間はあるのです。
 仕事の関係でこの年度末は、新旧の契約先との残務処理や挨拶と一通りこなして、時間が空いています、
加えて家族が帰省 、自宅には私ひとり。
ここまで条件がそろっていると、アンプつくりにいそしんでもいいのですが、どうもその気が起きません。
いつものスランプです。この後は、実態配線図を描いてはんだ付けなのですが。
今朝、回路図を描いてみました。
電源回路には固定バイアス回路が入っていません。忘れてしまいました。すみません。
 
今回はウィリアムソン回路を起用します。なんの変哲もないのですが、カチッとした音の印象を目指しました。
PP回路に関する、私の独断の批評ですが、①ムラード型はとても安定していて、伸び伸びした感じです。球の音を比較的ダイレクトに感じやすいと思っています。メンテナンス性も高いと思います。それほど込み入ってないので。
②ムラード+カソードフォロアー型は①とは少し趣が違います。がっちりとした中低域に特長が出ます。①よりさらにホワイトノイズなどが低減されます。
③ウィリアムソン型は形がしっかりした、安定した音がします。まず破たんしないだろうという印象。優秀ですね。
今は実態配線図を描こうかな、どうしようかなと迷っている状態です。
 

« それだけじゃ終わらない | トップページ | 小さいコンデンサー »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/69953972

この記事へのトラックバック一覧です: マリックKT66  ⑨ 回路図:

« それだけじゃ終わらない | トップページ | 小さいコンデンサー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ