« 小さいコンデンサー | トップページ | 証人喚問の結果 »

2017年3月24日 (金)

読者の方が作ったアンプ KAORUさん

定期的に自作アンプの報告をいただいているKAORUさんから、R120シングルアンプができたとご連絡をいただきました。
コメントとして報告いただいていましたが、記事にしてアップいたします。
以下に原文のまま掲載させていただきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トニーさん、こんにちは。
R120シングルアンプが完成しましたので報告させて頂きます。

まず、中古の電源トランスが心配でしたが、規定の電圧が得られひと安心です。
メールにて画像を送らせて頂きます。
右のアンプは昨年作ったPX4です。初段はテレフンケンのダイアマークのEF86をおごりましたが、エレハモと遜色無いようです。
デザイン的には箱型のオールタムラのトランスと、R120はオール合わせカバーのトランスで、以外に合わせカバーもいいもんだなと、べっぴんさんにできたかなと思います。

R120のフィラメントは6.3vですが、AC点火です。
残留ノイズは、1.5mVでしたが、スピーカーより聞き取れないので良しとしました。
バイアス監視メーターも取り付けましたが、心配です内部抵抗が
1,5Ωです、6ZP1の製作記事で、いなさんのコメントで内部抵抗が低すぎて電圧計としては働かない。とあります。

R120のカソード抵抗は600Ωですがこれにアース間に10Ω割り込ませ10Ωの両端の電圧を測りました。0,57v(57mA)です
600Ω+10Ωの両端の電圧は35.2Vで、57,7mAほほ同じです
内部抵抗が1,5Ω電流計を抵抗無しで繋いだ時、表示は57mAです。たまたま表示したかが疑問です。

音の感想ですが高い周波数の伸びはよく、清楚な感じです。
2A3とはひと味違うようです。
 
Img_0182
 
Img_0181
Img_0180
 
Img_0187
 
---------------------------------------------------
山水の昔のPT、「P-33H」。私が以前807PPブコツアンプで使ったのが、このPTと同型でやや容量の大きい「P-88H」でした。シャーシ内のリード線のさばき方も、ブコツを踏襲してますね。やはりこの端子台を使うのが無難です。
このPTを思い切って前面に置いたシンメトリーなデザインです。 サイドは木製で裏板も、木の部分を利用して木ネジで固定ですね。通常のシンメトリーアンプよりもインパクトがあります。大胆に勝負にでたという印象です。私は個性的なアンプが好きです。継続してアンプを眺めると、トランスや真空管たちの主従関係がいろいろ想像できておもしろいのです。
 
コンデンサーはあまり見慣れないものを使ってらっしゃいます。お気に入りなのでしょうね。
傍熱三極管のR120。清楚な音がするとは少し意外でした。フランスかオランダ管でしたでしょうか。
 
この電流計のことは、よくわかりませんね。内部抵抗1.5Ωでフルスケール(FS)100mA?これだとフルケースルで0.15Vの電圧計になります。本来FS100mAがFS0.15Vとしての表示なら、針の表示値は少し違ってきますが。
 
内部抵抗1.5Ωと10Ωが並列になれば1.5Ωの抵抗に流れる電流は、
57mA×10/(10+1.5)=57mA×0.87=49mAのはずです。
上記の電流計のFS表示とあいまってたまたま57mA近辺を表示しているのかもしれません。ひとつひとつ確認が必要です。与えられた条件で私が言えるのはここまでです。
さてKAORUさんには、大型PPを作ってほしいですね。こちらの世界も楽しいですよ。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
24日:注釈追加 以下に
 
内部抵抗1.5Ωというのはおそらく1Ωが正しいと思います。デジタルの抵抗計はどうしても0.5Ω程度の抵抗分が、測定前から発生していますから。もしフルスケール100mAの直流電流計なら、上記の分流の計算によって、電流計側に
57.7mA×10/(10+1.0)=57.7mA×0.91=52.7mA 流れます。これが1Ωに流れているなら、電圧は0.0527V。
フルスケール100mAの場合は、電圧計とみなした場合はフルスケール0.1Vとなり、指示値は0.527Vとなるはずです。
バイアス抵抗とアースの間に入れた10Ωの誤差もあるでしょうし、あるいは目盛りの読み取り誤差も加わって0.527Vが0.57に近づいたのかもしれません。
 

« 小さいコンデンサー | トップページ | 証人喚問の結果 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

KAORUさん、ヨーロッパ製の電解コンデンサーは見てて魅力的ですね。電流計の電圧計としての使用は、カソードバイアスのときは、精度が出ません。思い切って100Vの電圧計を使って、30Vから40V当たりの目盛りに、緑のテープを張って安全ゾーンとしてみるのもいいかもしれません。自分がわかればいいのですから。
 PPアンプは1W以下で鳴らしても、音の出方が違いますよ。底力を感じます。
 ビギナーアンプは止めておきます。ニーズがないのですから。

トニーさん、お世話になっております。
ブログでの紹介ありがとうござい。

電源トランスの実装は、トニーさんを見習って端子台を使いました。
リード線が正面から見えるので蓋をしました。

コンデンサーは電解でしょうか?
BCコンポーネント47μF/500V、シーメンス(オーストリア制)の
100μF/100Vですが、どちらもヤフオクで求めました。
線材、CRはあまりこだわないので、その時に入手出来る物です

構成は、6C6/77➡R120➡PMF-10Wsです。
トランスガイドブックによると、わりと特性がよくしかも安価なノグチにしました。
R120はフランス制です。ヒーターがかなり明るくて、トリタン程ではないのですが、ヒーター電圧を再確認こんなものでしょうか?
真空管の温度は、90℃~95℃でした。

監視メーターについていろいろ考えて頂き、恐れ入ります。
注釈のご説明と、私も思います。正しい電流指示値は測れません。内部抵抗が低いのは、直流接続の用かと思います。
ただ直流使用はメーター故障を考えると避けたいです。
内部抵抗が300Ωの物と交換したいと思います。

大型PPアンプよいですが6畳の部屋だと二の足を踏みます。
基本を再度学ぶため2万円アンプのプロジェクト開始されましたら参加したいです。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/70025764

この記事へのトラックバック一覧です: 読者の方が作ったアンプ KAORUさん:

« 小さいコンデンサー | トップページ | 証人喚問の結果 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ