« マリックKT66  ⑦  補強金具 製作完了しました | トップページ | お酒と諺(ことわざ) »

2017年2月27日 (月)

マリックKT66  ⑧  シャーシ加工 完了しました。

今日は、メーターの位置がうまくなかったので、取り付け金具を微妙に曲げたり、間のゴムシートを取るべきかどうか迷いました。
 結局ゴムシートは無しで。
下の写真でメーターの下から、細いリード線が2本出ているのが見えますが、これはメーター照明用の小さな電球をメーターの端部に貼り付けたものです。
 
Img_2311
 
下の写真は電源周りです。
 
Img_2313
 
下の写真はシャーシ内の全景です。やっと実態配線図に取り掛かれます。この写真をみるともう、配線状況が頭の中に浮かんできます。整流管2本から、平滑用のコンデンサに行って、今度は前の方のチョークに行って、帰ってきたら、そこのコンデンサの端子がB電圧端子です。
B端子から、アルミ板をくぐって、OPTの一次側へ。また同じB端子からは、補強金具の穴をくぐってMT管たちが並んでいる、ウィリアムソン回路へ向かいます。
MT管4本の部分で、ほとんど入力から、出力管KT66のグリッドへ向かうまでの回路が形成されます。アルミ板の上は、先日もお話したように固定バイアス回路の調整部分が乗ります。さらには、ウィリアムソン回路からKT66へつながるカップリングコンデンサ、NFB回路も乗ります。チョークコイルのネジに固定されたラグ端子はCバイアスの電源が来ます。ダイードとコンデンサ、抵抗などが6個くらい。
アルミ板の下に隠れたOPTからは、背面のSP端子と逆にKT66のプレートやスクリーングリッドへ配線されていきます。
もう、この説明で配線の全体構成がお分かりになるかと思います。
 
Img_2309
 
もう一度全体像。これが最終の外観です。メーター周りはゴムは無し。スッキリしました。
これでランプを灯すと、素敵になるでしょうね。シャーシ前面の左側はスペースが空いてしまいました。ネームプレートでも取り付けようと思います。
 
Img_2316
 
実態配線図はMT管周りだけ描きます。 あとは必要に応じて間違い防止のために描きます。
それにしても似てますよね。行方不明になった6ZP1アンプと。どうしてるかな。
Lala_means_i_loveyouimg600x45014836
 

« マリックKT66  ⑦  補強金具 製作完了しました | トップページ | お酒と諺(ことわざ) »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/69749632

この記事へのトラックバック一覧です: マリックKT66  ⑧  シャーシ加工 完了しました。:

« マリックKT66  ⑦  補強金具 製作完了しました | トップページ | お酒と諺(ことわざ) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ