« マサ、グレイテスト | トップページ | タンゴ3兄弟 ⑯ オークション終了 »

2016年12月 8日 (木)

そろそろ大本営も

それでカジノですと。

お金を失って、路頭に迷う人々が日本でたくさんでるかもしれません。カジノ建設で潤う建設関係も出現するでしょうが、そのうち堅実な日本人から飽きられ、経営が低迷した時に、公営ギャンブル化されていたら、あとの管理費を税金で賄うことになるのは、明白なのです。結局損をするのは国民。儲かるのはあの政治家のパトロン。

それでも成長戦略はカジノですと。

もう、まともな国民なら気づいていると思うのですが、今の政権は国民のことなどまるっきり眼中にありません。やっていることは無茶苦茶。

利権がらみで、儲かったらあんたのとこにキックバックするからと、献金してくれる企業、団体のために政治権力を使っています。

今回に至ってついに大本営の、読売と、産経の両紙もカジノに批判的な記事を載せました。

読売は「人の不幸を踏み台にするのか」と書きました。

続けて「そもそもカジノはとばく客の負けから収益の柱になる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの散財に期待し、他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である」と指摘しました。

親会社のフジサンケイグループがカジノビジネスに名乗りを挙げている産経新聞までも、「カジノ解禁にまつわる懸念に向き合わないまま、スタートラインに立つ法律を押し通すなら国民の不信は拡大するだろう」と書きました。

いよいよ提灯持ちだったメディアまでが、彼の異常さに気づいたようです。

 何度もいいますが、馬鹿に重要な舵取りをさせると、待っているのは破滅です。

そろそろ、偏差値48以上の一般の方は、同38の彼のことを、冷静に見つめてしかるべき判断を出す時期にきています。

« マサ、グレイテスト | トップページ | タンゴ3兄弟 ⑯ オークション終了 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/68763689

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ大本営も:

« マサ、グレイテスト | トップページ | タンゴ3兄弟 ⑯ オークション終了 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ