« テープレコーダ | トップページ | オープンデッキ »

2016年11月 8日 (火)

アルテック 2WAY システム 判定

ここ最近SPシステムを、①マルチアンプ駆動方式から、②ネットワークによるチャンネルデバイダ方式に変更して聴き込んでいた。

そろそろ判定を下さねばならないだろう。

それぞれ、メリットとデメリットがある。

②のメリット。つながりがよい。既製品を聴いている感じで、まとまっている。音味は①よりもアルテックらしさがよく出ている。

 何しろパワーアンプは1台でいいのだ。使用電気料が少ないのはエコだ。マルチのようにたくさんのアンプを鳴らしていると、何となく落ち着かない。複数のアンプのどこかが、トラブルを出すんじゃないかと、完全に安心できない。これは精神衛生上よくない。

②のデメリット。中域から低域にかけて、音がもやつく。具体的に言えば、ウッドベースの弦がカラッとしていない。①と違って、帯域を完全に分離していないから、いわゆる混変調歪を感じる。

逆に①は鮮度が高い。楽器が混濁せずに、それぞれが独立してクリアだ。

それからデメリットとして高低の微妙なバランスを取りにくい。ホーンの位置を変更させてもピタリと決まらない。これはネットワークという固定システムの持つ限界かもしれない。②はストライクゾーンがやや広く調整しやすいのだが。

 以上が判定結果だ。結果は出たが、ではシステムをどうするのかは、方針がまだ出せない。

簡単に接続切替ができて①と②の両方をいつでも楽しめたらと思うのだが、少しやっかいだ。1年おきに交代でもいいのだけど。

« テープレコーダ | トップページ | オープンデッキ »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/68302665

この記事へのトラックバック一覧です: アルテック 2WAY システム 判定:

« テープレコーダ | トップページ | オープンデッキ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ