« オープンデッキ | トップページ | 対応決定 »

2016年11月10日 (木)

アッと驚く タメゴ・・・

トランプさん、勝ちましたね。アメリカの人達の中には、自国の経済政策で、失業し、貧困にさいなまれている方が結構多いようです。

どうにでもなれ、コノヤローという国民の票が集まったのでしょうか。とにかく現状を変えたい、ヒラリーさんの顔は見るのもいやという気持だったのでしょう。

 日本も早く選挙すれば面白いですね。いい加減、今の現状にうんざりしてます。世の中無茶苦茶なことばかり起きています。コノヤローと日本人も考え方を変えたらおもしろいですね。アメリカの次は日本かな。

さて、本日帰宅して、荷物を確認。この中にデッキが・・・

Img_1748

おお、RCAケーブルが。ひょっとしてアンプ内蔵かな。


Img_1752

ジャジャジャジャーン。型番をよく見ると。TC-250Aとあります。

間違いなくアンプ内蔵(半導体回路ですぞ)で、RCAケーブルを使えばプリアンプに接続でき、そのまま録音も再生もできる機種です。自作を考えていたので少し残念。

Img_1753

先輩が試聴用にバッハの曲の入ったテープを付けて下さっていました。

空リール、リール固定キャップ、RCAケーブルなどが付属。

あちこちのレバーを操作。どれも正常に動きます。パイロットランプも点灯します。

早速、玄関で矢も楯もたまらず、リールを装着。レバーをFWDに。

Img_1758

デッキはしっかり回り、VUも振れています。



Img_1759

出力端子に、再生中にテスターをACレンジにして当ててみると、電圧が出ています。鳴りました。ただ、音はまだ聴いていません。

嬉しいこと。意外と小型でラックの中で寝かして使おうかなと。28センチ×36センチくらい。

但し嬉しいことばかりではありません。さすがに半世紀前の機械。汚れがすごい。ACコードを雑巾で拭くと真っ黒に。

そしてモーターゴロが結構大きいのです。

ゴロゴロと言うべきか、グルグルと言うべきか。GやRで表記されるような音が耳に付きます。

 そして今度はシステムにつなごうと、とりあえずパワーアンプ・ダイレクトインで。アンプのボリュームを最小に絞っておいて、PLAYスタート。

Img_1762

ん。


Img_1764

起こしました。

ずっと聴いていましたが、何かの間違いだろうと言う音。水のなかで聴いているような音。しばらく聴いていて、回転速度を19cmへ切り替えると、おおまともな音楽に聴こえる。

それでも音楽に聴こえるだけで、ハイファイとは程遠い音。

レンジが狭く、中波のラジオと同程度の帯域。音自体も歪んでいます。

それに加えて、モーターが音楽と同じ大きさで、ゴトゴトゴトと蒸気船のポンポンポンと同じリズムで音を出します。ときどきリールあたりから、キキッときしむ音が。キャプスタンが偏心しながら回っています。ワウフラッターも感じます。昔の半導体アンプも経年でくたびれてしまったのかも。

こりゃすごいなあ。港に遊びに来ているみたい。

50年ぶりですから。こんなものなのでしょう。先輩のテープ自体がどのレベルで録音されているかも想像できません。まして質問できません。

さあて、どこから手を付けますか。ポンポン蒸気モーターから行きますかな。

 立ててみると、テレコはカッコよく回っています。この姿できれいな音が出たら最高なんだけど。

テープの終りのころに、G線上のアリアが鳴り始めました。何だか違う意味で涙が出そうになりました。

« オープンデッキ | トップページ | 対応決定 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/68359216

この記事へのトラックバック一覧です: アッと驚く タメゴ・・・:

« オープンデッキ | トップページ | 対応決定 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ