« 松本電子部品商会 | トップページ | 0053A 6L6GCPP  ⑪ レタリング入れから取り付け途中まで »

2016年10月 1日 (土)

一番気にしているパーツ

アンプにはたくさんの部品が使われますが、トランスや真空管を別にして、私がいつも部品を選ぶときに気にしているパーツがあります。

抵抗やコンデンサの中では、一番音に与える影響が高いと、勝手に思い込んでる部品です。

それは、出力管の前の段の、プレート負荷抵抗と同じプレートから出力管のグリッドへつながるカップリングコンデンサです。

カップリングコンデンサは誰しも、気にしてとっかえひっかえしているので、説明は不要でしょう。

このプレート負荷抵抗はできれば2Wの容量を使うこと。できれば金属被膜抵抗を使うとクリアな印象になると、勝手に思い込んでいます。

通常ここの抵抗は24Kから33K~47K程度までの値を取ります。

 ここの抵抗はそれこそ、リケノーム(@240程度)からA&B(同程度?)など、多種多様に選択の幅があります。

 でも私はもう、上記の高価な抵抗を使わなくなりました。一般的な一桁単価が下がるものを使用しています。

 それでも、良い音だとおほめのことばをいただくので、勝負は価格ではないと考えているのです。

 瀬田無線で、リード線の太い2Wの金被抵抗を買って、使用することが多くなりました。メーカーはよく知りません。タクマンなのでしょうか。

 それでも数十円します。

今日ふとアマゾンで金被抵抗の価格をしらべてみました。

あるある、国籍不明のいろんなのが。「24KΩ 2W 200本で約728円」、というのがありました。運送費を250円程度としても合計1000円程度です。

1本5円。みなさん、この抵抗を信用できますか。

41hfxfyraal__sx450_


一応誤差も1%以内で、熱による抵抗値変化もPPMオーダーだと、仕様のところに書いてありました。

UXCELLという香港の会社の取り扱いだそうです。この会社はメーカーではなく、工場から直接出荷させる小売店だそうです。

どこの工場でしょう。この会社の説明文には、粗悪な商品は扱っていない、品質にも自信があるようなことが書いてありました。

おそらく中国のどこかの工場でしょうね。でも最近国内で入手できる比較的安価な抵抗も、中国製なのでしょう。

まあ、1000円なら試してみてもいいか、200本ならプッシュプルアンプで50台分だということでポチ!

明日着くそうです。アマゾンは早いですね。使用結果をまた報告します。

 ちなみにこの製品は残りの在庫が2セットとなっていました。あせることはないと思います。すぐに入荷するのではないかと思っています。

« 松本電子部品商会 | トップページ | 0053A 6L6GCPP  ⑪ レタリング入れから取り付け途中まで »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

オッカイポさん、言われておやっとなって、2階の物入れまでソケットを捜しに行きました。
 ありました、シンチのモールドソケット。1個だけ。私は使ったことはありません。試しに球を挿したら確かに抜きづらいですね。
 シンチのソケットをよく見ると、球の足を受ける金属部分は円筒形になっています。これにテーパが付いていれば、奥まで挿した後に引き抜くのは容易でないはずです。
 一方、シューターとかアンフェノール、そしてオムロンのものは、この金属受け部が、Y字状にプレス加工された平たい金属です。
  この辺りが抜き差しの性能を決定づけているようです。

 LUXアンプのメンテナンスの方が、モールドが熱に弱いとおっしゃってるのなら、具体的に根拠を示して欲しいものです。毎日8時間通常使用で、10年使ったらモールドが溶けて変形したとか。
 タイトに変えると儲かるからそうしているのでは、と疑ってしまいます。

こんばんは。

さっそくのお返事ありがとうございます。
シンチソケットは、確か20数年前に、東京デバイスとかいう輸入商社(個人商店?)からまとめ買いしました。MT.GTとも黒色のモールドタイプです。私が電話で注文した時に、婦人が出て「主人が怪我で商売を続けることができなくなりました」ということでした。

LUXアンプのメンテナンスをしている方は、モールドソケットは熱に弱いので、タイトソケットに交換する事が必須だとしています。でも、私はタイトソケットの、グラグラする真空管保持力の弱さには、我慢ができません。熱で変形するのは、ソケットの問題ではなく、過電流ゆえなのですから。

オムロンのリレー用ソケットは、私も使っています。なんでも富士通のリレー用ソケットの方が、作りが良いという情報もあるようですね。

オッカイポさんこんにちは。シンチのソケットは、あのマイカ製のイカついやつでしょうか。
 確かに挿したら抜けません。フランジの取り付け穴にも、ネジが切ってあって、ラグ端子をたてれませんね。
かくして私は例のオムロン製のソケットを使っています。
 構造はラックスのものとよく似ています。10個入りの箱を、もう10数箱買っています。

こんばんは。

私が一番気にしているパーツは、真空管ソケットです。GTとMTソケットは、シンチ(米国製あるいはメキシコ製?)を、20年ほど前に大量にまとめ買いしていますが、これがまた難物です。MTはまあそこそこ良いとしても、GTは、いったん真空管を刺したら、二度と抜けないぐらいにきついのです。そんな訳で、今、GTソケットは、国産のLUXブランドの金メッキソケットを愛用しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/67739956

この記事へのトラックバック一覧です: 一番気にしているパーツ:

« 松本電子部品商会 | トップページ | 0053A 6L6GCPP  ⑪ レタリング入れから取り付け途中まで »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ