« 音がいい米国TV球 | トップページ | 0053A 6L6GCPP  ⑭ 出力管まわりをやっています »

2016年10月23日 (日)

ここだけの話

あまり、人には言わないでくださいね。

 この最近、LCネットワークシステムでアルテックのスピーカーを聴いています。マルチと違ってパワーアンプは1種類でこと足りるので楽です。

いきおい、出力管の差し替えをして音色の違いを楽しんでいます。これを球ころがしというそうですね。

 そして夕べ発見したこと。ある方にはショッキングなことかもしれません。

GECのKT66よりも随分安価なシルバニアの6L6GCの方が音がいいのです。

シンプルでストレートに愛嬌のある音がします。人懐っこい、人たらしな音とでもいうのでしょうか。

一方のKT66は、硬くて色気を感じないのです。硬いというよりそっけない音と表現した方がよいかな。

 みなさん、高いお金を出してKT66を買うより、味のある米国製の6L6GCを捜した方が得策ですよ。

でもそのKT66の音が好きなんだと、おっしゃるなら話は別です。

« 音がいい米国TV球 | トップページ | 0053A 6L6GCPP  ⑭ 出力管まわりをやっています »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/68076505

この記事へのトラックバック一覧です: ここだけの話:

« 音がいい米国TV球 | トップページ | 0053A 6L6GCPP  ⑭ 出力管まわりをやっています »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ