« 0053A 6L6GCPP  ⑭ 出力管まわりをやっています | トップページ | トレードオフは、なしで »

2016年10月24日 (月)

0053A 6L6GCPP  ⑮ 出力段配線終了

今夜のうちに、なんとか出力段すべて、配線が終わりました。

Img_1698


真上から、パークの黄色い角型コンデンサが4個並んでいます。きっと美しい音を出してくれると思います。

Img_1699


今度は横のアングルから、高さを低くして、シャーシ内に近づけました。少し窮屈そうですが、ホーロー抵抗を取りつけた金具が実装の有効性を助けています。その後ろ側もMT管まわりはパーツで一杯になります。

シャーシ内全体を使った、実装形状になります。

 さて意を決して、スライダックトランスで、徐々にAC印加電圧を上げていきます。100Vのところを70V程度印加した時点でB電圧は300V程度あります。

へんな匂いもしません。さらに100Vまで上げました。

B電圧は388V、6L6GCの実行プレート電圧は357V、カソードバイアス電流(プレート電流+スクリーングリッド電流)は61mA。A級PPになっています。このときのプレート損失は20W。最大規格値の30Wよりかなり内輪です。

SP端子の残留ノイズは0.1mVと0.2mVでした。まずまずです。

もうここまでくると、そう大きな失敗はないでしょう。明日からまた仕事。木曜日以降は時間があります。

一気に完成まで持っていこうと、考えています。

 

« 0053A 6L6GCPP  ⑭ 出力管まわりをやっています | トップページ | トレードオフは、なしで »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

矢吹さんコメントありがとうございます。やっとここまできた、というのが実感です。ディスプレイを通した画像は、きれいに見えてしまいます。
 実物はそうでもないのです。本を購入されたというのは、自作を意識してらっしゃるのでしょうか。とりあえず、何でもいいから1台作ってみることです。間髪を入れず、繰り返して作ると、レベルはどんどん上がっていくものです。
 依頼を受けて作っていますが、本当の希望は皆さんが自作して自分のアンプで音楽を楽しむという状況なのです。

トニーさん
お疲れ様です。完成間近になって来ましたね。とても丁寧な作りだと素人ながら思います。私はあれから本ばかり増えましたが製作には至ってはいません。トニーさんの製作プログを見れば、見るほど少し自信無くなるような気がします。完成が楽しみです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/68085034

この記事へのトラックバック一覧です: 0053A 6L6GCPP  ⑮ 出力段配線終了:

« 0053A 6L6GCPP  ⑭ 出力管まわりをやっています | トップページ | トレードオフは、なしで »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ