« 0053A 6L6GCPP  ⑥ 天板加工完了 | トップページ | 過剰品質防止法 »

2016年9月 7日 (水)

複雑な気持ち

2年前に、私の自作アンプが(下の写真のアンプが)落札されました。6BM8の音とは思えない素晴らしい音ですと、連絡をいただいたものです。

Img_0312


Img_0263


Img_0310


実は最近になり、このアンプがオークションに出品されました。落札していただいた方が出品したのですが、製作した方の説明ですと、当時の私の説明文がそのまま転用されていました。

わたしは、じっとオークションの成り行きを見守っていました。

いよいよ、最終日。このアンプは再度のオークションで49,500円で落札されました。

複雑だったのは、私が出品した時は、今回の出品者のかたが落札したのは19,500円という金額だったのです。

このかた、3万円の利益を上げています。

今から思えば2年前は、私も出品になれていなくて、要は目立たせるためにオプションでいくらか支払って、前の方に掲載してもらうなどの措置を取っていなかったのです。

ガチンコで後ろの方に掲載されると、ほとんど目立たなかったのです。よって当時、私のアンプを安く落札された方が結構いらっしゃいます。ラッキーでしたね。

いやちがうかな。よく考えてみると、当時は自作アンプでなかなか10万円を超えるものがない状況でした。自作品よりはラックスのキットの方が人気があったような気がします。

私の出品も当初は10万円をなかなか超えなかったのですが、継続して出品していると、認知度が増えて、徐々に落札金額も高くなっていったような、気がします。

続けることは、やはり重要ですね。

« 0053A 6L6GCPP  ⑥ 天板加工完了 | トップページ | 過剰品質防止法 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

オッカイポさん、コメントありがとうございます。
作風もですが、説明文の内容がワンパターンで、すぐに私だと分かると思います。
 このトランスはしっかりした音がしました。但し60年前に作られたもので、NFの最適値を捜すのに苦労しました。小さく発振してしまうのです。 このアンプもブログ製作記事にありますよ。

やっぱり。

6BM8PPアンプは、作風からトニーさんの作ではないかと思っていました。それにしても、いい雰囲気のレトロなOPTですね。どんな音がしたのでしょうか?コンパクトなシャーシー内の配線は、かなり苦労されたでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/67379329

この記事へのトラックバック一覧です: 複雑な気持ち:

« 0053A 6L6GCPP  ⑥ 天板加工完了 | トップページ | 過剰品質防止法 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ