« あまり言いたくないけど | トップページ | 三栄無線のシャーシ到着 »

2016年9月18日 (日)

本は安い

私は欲が深い。いや少し表現が違うかな。深いというのは、欲の度合いが大きいと感じとれる。

私の場合は、深いというより長い。でも欲が長いという言葉は聴いたことがない。

 分かりやすく言うと、欲しい欲しいと思っている状態が何日間も続くという状態。

 オークションでは、気になる物をどんどんウォッチリストに格納する。そんなに小遣いが潤沢でもないので、今度はある程度の品数に絞るという行動に出る。

 そうして、欲しい物を手に入れる。ここで辞めとけばよいものを、またウォッチリストの次の商品に興味がいってしまう。

 かくして、また落札してしまう。ほんとうに今後出番があるのか、疑問に思う物もある。なに、出番がなければまた、出品すればよい。

 この最近、実はオープンリールデッキに興味がいっている。オープンリール全盛の70年代は、お金のない若者だったので、オーディオ機器の中でも全く接点がなかった。大きくて、高価な機械なので、マッチ箱のような部屋に住んでた、貧乏学生には無縁だったのだ。

それでこの最近、昔のことを思い出して、ふとオークションのオープンリールのカテゴリーを除いてみた。

これがいけなかった。欲しいのである。TEACもAKAIもSONYも、TECHNICSも。

 よく考えると、デッキはヘッドの部分と回転駆動系とアンプ部分からなっている。これは現在のCDプレーヤとよく似ている。

もし現在、メーカーが新しくオープンリールデッキを開発することに、なった場合、筐体内部がスカスカの機械になってしまうのではないかと思う。

しかしながら、当時のデッキは重くて大きい。昔のメーカーの技術がギッシリ、部品の数となって詰め込まれているのだろう。今なら三分の一くらいの部品点数でできそうだ。

でも昔の機械だからこそ、取り組んでみたくなる。

 でもデッキはすぐに入手しない。自分に取り扱えるか、興味が持続するかが心配なのだ。

そこで、まずデッキ関連の書籍を入手することにした。知識の習得を先に考えたのだ。

オークションで古いデッキ関連の本を捜した。安いなあ。500円で出てる。しかも茶褐色の本ばかりで、だれも入札しそうにない。

やった、ここはまるでバージンスノウのゲレンデみたいで、自分一人の天下だ。

3冊本を落札した。届いて中を見ると、基本から解説してある。電波科学の記事に、デッキの製作記事がある。昔はアマチュアは何でも自作を試みたのだ。

Deta1960img600x4501470884253bjcozf2


Av_n7t0img337x5991453985305uwdr9k12

何だか、若かった頃に返ったようで、基本原理がとてもおもしろい。最近は頭が鈍って、昨日家族が言ったことも忘れてしまうのだが、この本たちの記事は不思議に頭にとどまっている。ヘッドってイコライザが必要なんだな。コンター効果ってなんだろう。

こうやって、理解を深めて、本気になったらデッキを入手しようと思っている。もし手に入れなくても、勉強できただけでも素晴らしいと思っている。

オークションでは、有名なデッキ博士みたいな方がいて、お若いころから、出始めのオープンリールをいじってきたとか。もちろんメンテした製品を出品されているが、修理も受けてくださるそうだ。最悪弄り回してSOSとなったら、お願いしようかな。

この下の本はついでに落札した、島田公明氏の管球アンプ回路に関する、理論本だ。とても参考になる。


Namomi03img450x6001466079607tol9cp1

本は安いなあ。本はいいなあ。この年で知識を増やせると思うと、嬉しくなるのだ。

« あまり言いたくないけど | トップページ | 三栄無線のシャーシ到着 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/67557465

この記事へのトラックバック一覧です: 本は安い:

« あまり言いたくないけど | トップページ | 三栄無線のシャーシ到着 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ