« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年7月

2016年7月 7日 (木)

お別れのあいさつ

チョークコイルを落札した。

天面にネジが4本立っている。うち2本は新しく、簡単にドライバーで回して外せる。

ところがもう2本のネジは、以前からついていたもので、完全に錆びて動かない。

私の計画では、ふるいネジは2本とも外して新しいものに交換。4本全て新しくである。

ところが錆びたネジを外そうとしても動かない。しょうがないので、ネジザウルスという、変則プライヤーで、頭をつかんで回してみた。

前回、これで力を入れ過ぎて、テニス肘になってしまったのだが、また同じ作業をすることに。

なるべく痛くない角度、態勢を選んで、ゆっくり力をいれると、1本は動いてはずせました。

もう1本は回らず、ネジが折れてしまい。頭は取れて、ねじ部分はチョークコイルのなかにとどまっています。

 こうなると、ネジ4本の交換は無理で、天面はネジなしフラット仕様。ネジ穴はパテで埋めて、全塗装です。

今回、腕は痛みませんでした。こちらの発見が収穫です。どうやら腕は回復傾向の様です。

よし、よし。アンプは今後も作れそうです。

ところで、ここで皆様に重大な連絡事項があります。

そろそろこのブログを店仕舞いにしたいと思います。思えば2008年の6月からスタートし、記事も数千件、書き込んできました。

この8年間で、言いたいこと、見ていただきたいこと、知っていただきたいことを繰り返し書いてまいりました。

 最近の記事は、どうみても過去の焼き直しが多く、すでにこのブログは役割の多くを終えているなと考えた次第です。

 ブログの管理ページに「このブログを削除する」という項目があり、そこをたった一度クリックするだけで、過去の全ての記事や、皆様からのコメントも、消し去ることができます。

 いきなり抹消すると、パニックになられるかたもいらっしゃるでしょうから、一週間は置いておきます。

その間、過去の記事の再確認や、写真のコピーを実施していただいければと思います。このブログは著作権、肖像権、版権はありません。いいブログでしたね。

もう記事は書きません。いささか疲れてしまいました。今後は他の方のブログにコメントを寄せていきたいと思います。

私のアンプ製作活動は、私のオークション出品でご確認いただけると思います。

 みなさま、今まで本当にありがとうございました。こころから感謝いたします。いつまでもお元気で、恙無くお過ごしください。

トニー

2016年7月 6日 (水)

投票に行こう

今まで、選挙にあまり行かなかった人たち。新たに選挙権を得た若い人たち。こんどの選挙は日本の大きな分岐点となる選挙です。
日本が戦争に参加して、外国と戦闘を始めるようになってしまうか、今まで通り、平和憲法を守って、他国と殺し合いをしない、平和な国であり続けるかの、大きな分岐点です。

日本が戦争を始めると、危険なテロ勢力が、日本に侵入しデロ活動を始める可能性がぐっと高まります。改憲勢力はそのことに、触れず争点はアベノミクスだと、また、嘘をついています。

これまでも、争点を隠し、議席を多数獲得すると、戦争を始める動きをとってきました。もう騙されてはいけません。

良識ある人たちは、自分の意思で考え、自分の手で、投票しましょう。

2016年7月 4日 (月)

自分らしくあれ

真の宗教とは、ひとの命を大事にするものだと、私は考えています。

今の政治状況を憂いた、現役の創価学会員の若者が声をあげました。

彼は会長の教えを正しく理解し、行動できる若者なのでしょう。

 大きな組織にたてつくと身の危険も感じることもあると言われるそうですが、

彼は顔を出し、大きな声を出し、主張しています。

 みなさん是非お聴きください。

 https://www.youtube.com/watch?v=4hXdI4wXiyg

機能不全

選挙期間中だが、テレビは選挙の報道をしません。

一生懸命放送しているのは芸能人の麻薬報道など。政権の意向を汲んで、敢えて国民が選挙に関心をもたないようにしています。

ただし、政権政党のCMだけはしっかり放送しています。

ムシズが走る顔を大写しにして「この戦争への道を確実に前へ」としゃべる、あれです。

 高市総務相の「電波停止発言」。政権がおかしいと判断したら、その放送局の電波をとめることもある、とのたまった。

これを受けて、田原総一朗氏や、鳥越氏らの現役の報道関係者ら複数名が、この発言を問題視して、反抗の声を上げました。

 メディアがここまで、時の政権に圧力をかけられている異常事態。

現在のメディアの中で、どんなことが起きているか、例をあげます。

 担当の記者が、この記事の内容で報道しますと上司に承認を得ようとすると、

「ここの表現はまずいから、削除するように」「なぜですか、これこそがこの記事の核心なのですよ」「いやしょうがないんだ、うちのトップが総理と毎回飯食ってるし、社内的にそういう指示がでてるんだ」

これが実態だそうです。かくして何の批判記事も書かない、どうでもいいような内容の記事ばかりになってしまったメディア。

しかしながら、私はNHKの中でも、正義感のあるスタッフが、ときおり真実にせまる社会問題を特別番組で放送していることを知っています。

 わずかな例ですが、報道関係者の意地、矜持を感じさせる番組に、ほっとすることがあります。

今の政権は国民をなめ切っています。

「国民はバカばっかりだから、報道しなけりゃ興味も持たないし、嘘でも何回もくりかえしてれば、簡単に信じこませることができるんだぜ。その役割をメディアにやらせてうまくいってる。メディアの連中はアメとムチで簡単にいいなりになるから。へっへっ。このまま大本営化して戦争への道をすすめるぞ」

これが本音です。

本当の馬鹿にバカ扱いされたくありません。

私は期日前に、馬鹿勢力がムキになって攻撃を加えている勢力・候補者に投票してきました。

2016年7月 2日 (土)

巨泉さん

あなたがそこまで、日本の現状を憂いていたとは、思いませんでした。

彼の最後の遺言をごらんください。

http://lite-ra.com/2016/07/post-2380.html

2016年7月 1日 (金)

れい子さん

この最近書店で、音楽評論家、作詞家の湯川れい子さんの本を見つけた。

Img_1466


Img_1468


ぴあ「音楽を愛して、音楽に愛されて」 湯川れい子 80th。

すごい、この本的確に編集されています。読んでいて、冗長したところがない。

全編にわたり、れい子さんのスタートから現在まで。

 音楽との関わりが、余るところなく、実際の出来事の中で語られているので、嘘がないのです。

小泉元首相。渡米しブッシュ大統領に前で、エルビスの歌をうたい、大統領を感心させた人。

彼とれい子さんが対談しています。その中でわかったことは、小泉氏が昔から音楽とともにすごしていたこと。

原発の問題点も、最後には共通認識として、価値観を確認されていました。

 分かったのは、小泉さんも現役時代は、立場上、不本意なこともやっていたのだろうなあ、ということ。

 シンディー・ローパーとのこと。東日本大震災の津波、原発事故のまさに、そのとき来日していて、すぐに帰れとの米国からの、たくさんの仲間の連絡に関わらず、日本にとどまり、公演した、シンディーの人間としてのすばらしさ。

 そしてやはり、エルビスとの出会い、邂逅のことにも触れています。

 エルビス狂いの人間に共通することは、まるで彼のことを家族のように観察しているということ。不機嫌なときは、こんな唇の形になる、だとかそんな細かなところまで、知っておかないと気が済まないのです。

彼女は本当の国内最高のエルビスファンなのです。でも私も、彼女や、小泉氏に負けず劣らず、エルビス狂いなのです。

私は、れい子さんに、私の歌う「アメリカの祈り」を聴いて欲しいのです。私の歌には、ここまで細部にわたり、エルビスを研究し、声の出し方、フレーズの処理の仕方、アクションの研究を、複数のコンサートのバージョンをチェックし、過去じっくり30年かけて築きあげてきた総大成をみて欲しいのです。

きっと、似てなくても、その部分はよくわかると、楽しさを共有できると思います。

彼女の基本的なベースはひとつ。世の中にあるたくさんの音楽を、たくさんの人に聴いてほしい。音楽により心豊かになるのなら、それがベスト。

れい子さんは、アベ政治に真っ向から反対する行動にも名を連ねてらっしゃいます。

戦時下では、音楽を楽しむという、万人に与えられた自由が、強制的に抑え込まれてしまいます。敵性音楽を聴くなぞとは罷りならん、非国民のすること。このような考えを元に、戦前の日本にもどしたいと現役の総理が考え、その後押しを「日本会議」という、戦前回帰の団体が行っています。

れい子さんはそのことを、よく知っていらして、たくさんの人達に、おかしな政権を退場させようと訴えてらっしゃるのです。

れい子さんは80歳です。私なんぞひよっこ。一緒に同じ方向で頑張ろうと考えています。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ