« 私はわすれない | トップページ | 工作員 »

2016年6月25日 (土)

絶対許さない

昨日、右手で約6KGのカバンを持って、ゆっくりと持ち上げてみた。
まだ、痛みは残っているが、何とか持ち上げることができた。
おお、ありがたいことだ。やはり快復に向かっているようだ。
やはり、気合いを入れたのが良かったのかも知れない。
また、気合いをいれよう。

絶対にあの男を許さない。

そして、アンプを作る。アンプには、真のデモクラシーという名前をつけよう。

« 私はわすれない | トップページ | 工作員 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

トニーさん。
早速に丁寧なご説明ありがとうございます。
浅野さんの回路どうりに替えてみます。

完成しましたら、また報告させて頂きます。

KAORUさん、アンプ作りにいそしまれているのですね。羨ましいです。
 私の1台目のPX-4は27年まえに作った浅野さんのアンプの習作でした。EF86の接続は浅野さんの回路通り、G2とG3はPにつなぎました。私もG3はKでは?と思いましたが、浅野さんに従いました。特に問題はありませんでした。

 G3をKにつなぐと、電流は減る方向でしょうか。

確か電流は1.5mAから2mAの範囲だったと思います。

2つの接続方法で電流の差が出て、増幅度も変わると思いますが、EF86は2段重ねていると思いますので、PX-4のドライブには、問題がないと思います。電流の多い接続の方が元気が出るのではないかと思います。ここはどちらでも良いと思いますし、比較試聴してみてください。

その次のPX-4はEF86の入手難もあり、7Pの6AU6を3接で使用しました。G3はKにつなぎました。とくに問題なく鳴ってくれました。安くて、しっかり動作してもうEF86はいらないかな、と思ったものです。

トニーさん。こんにちは
何時もお世話になっております。

真のデモクラシーアンプいいネーミングですね。
気合いだ!気合いだ!気合いだ~

PX-4をなんとか手に入れ、シングルアンプを製作中ですが、電圧増幅でつまずいています。
EF86の3極管接続ですが、普通プレート6番とG21番、カソード3番とG3を結ぶのですが
「魅惑の真空管アンプ」の浅野さんの回路図では
プレートとG2、G3が結ばれています。
当然ですが?回路に示される電圧と極端に異なります

回路図どうりの結線に換え様と思いますが、その前に
何台もお作りのトニーさんにアドバイス頂ければ、
ありがたいです。よろしくお願いいたします。


矢吹さん、ありがとうござます。少しずつ回復しています。今月末に加工にトライします。あらたにヤフオクでフランス製のハンドニブラーを落札しました。国産のホーザン製のものと違って、とても作業しやすいものです。あとは強度が持てるかどうかです。
 私は絶対に8月目標で完成させます。お楽しみに

トニーさん
私の製作依頼の件は、心配無用です。
まだ、50代先は長いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/66194559

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対許さない:

« 私はわすれない | トップページ | 工作員 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ