« 0053A 6L6GCPP  ④ 加工図作成 | トップページ | 鹿児島出張 »

2016年5月 7日 (土)

熊本地震被害

5月9日から次男が、再度大学に通い始める。入学して2週間で地震が発生、その後自宅に帰っていました。

今日は部屋の整理がてら、家内と3人で熊本へ。お昼、うどんが食べたいと息子が言いだし、水前寺公園へ。

驚いたのは、参道入口の鳥居が、壊れている状況。壊れているというより、上の部分が脱落して撤去されています。

Fullsizerendbnher

公園入口前の灯篭も倒壊してます。

Fullsizerendernhkk

近くで見ると、灯篭の屋根の部分は直径1m以上あります。相当重量があるのですが、倒れてしまっています。鳥居の上部の脱落といい、相当なエネルギーで揺れたようです。

Fullsizerenderbg

公園内に入ると、池の中央部分が干上がっています。干上がったというより、地面に亀裂が入って、水が地中に吸い込まれていったそうです。

うどん屋の77歳のご主人の話では、水がなくなったのはこれで3度目だとのこと。いずれも地面の亀裂が原因だと。

Fullsizerenderch


でも水が残っている部分に、鯉たちは避難して無事でした。


Fullsizerender_4


うどん屋のご主人は、最初の2日は車の中で寝て、次の3日は体育館で、以降は親戚の家に世話になったそうです。1回目は大丈夫だったが、2回目でやられた。家もまだ風呂が沸かせない状態だそうです。

どうしていいか分からず、とりあえず店を再開したそうです。

隣近所は店を閉めてしまった。もう止めようかと思ってると。今日も我々が数少ない客だったようだ。

この公園は1年あれば復帰できるが、熊本城は10年かかると。

 心臓が悪くて、過去何度も心肺停止したが、今350万円の機械を埋め込んでて、心停止は最近無くなった。そこにこの地震だと嘆いてらっしゃる。

もう一度震度6が絶対来ると。その言葉の裏には、とにかく余震もなにもかも一気に終わらせて欲しいという希望が込められているようです。

 店を止めて、家にいても何もしなかったら、調子が悪くなるんじゃないですか。元気なうちはお店を続けてくださいよと私が言うと、ご主人は隣に座って、話し込む体制に。

こちらも忙しいので、話を切り上げて、お店を出たのだ。

公園前の売店では団子やさん、鯉や鳩の餌やお土産を売っているお店が営業していた。団子やさんでは「ひょっこりひょうたん島」のテーマソングが流れている。

「苦しいこともあるだろさ、悲しいこともあるだろさ、だけど僕らはくじけない、泣くのはいやだ、笑っちゃおう。進め!ひょっこりひょうたん島」

確かに、この状況で、元気を出すためにはぴったりの曲だ。

家内は、こんなときこそ買い物をして、熊本にお金を落とそうと団子やせんべいを買った。

いきなり団子。あんことサツマイモが入っています。

Fullsizerenderbnh_2


さあ、また、前に進むことが大事です。ゆっくりとそれでいてスピーディーに。
















« 0053A 6L6GCPP  ④ 加工図作成 | トップページ | 鹿児島出張 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/65367109

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本地震被害:

« 0053A 6L6GCPP  ④ 加工図作成 | トップページ | 鹿児島出張 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ