« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月30日 (月)

ヒューズホルダー

私自身、多作なのでこまごましたパーツを一度に多数購入することがある。

気が付くと在庫が無くなっているパーツは、電源スイッチ、SP端子、RCA入力端子、ヒューズホルダーなど。

最近困ったのはSP端子。1個100円で国際ラジオで売られていた物が、コストパフォーマンスがよくて、いつも秋葉原に出張する際には8個単位(赤4個、黒4個)で買っていたのです。でも店がなくなってしまってはどうしようもない。

現在は1個600円もする大型バナナプラグ対応のものか、門田無線で1個100円の安価な大型陸式ターミナル、あるいは大陸製の200円程度の日本製のレプリカのバナナプラグを使っている。

 注意したいのは、中国製のSP端子で、リード線を通す穴が大きすぎて、金属部の肉厚残りが少ないものです。外観はゴージャスなのですが、肝心なところが弱そうで。

電源スイッチも、まだあると安心していたら、どんどん減って行きます。オークションで海外製のカトラーハマーを650円で購入するか、国産の日開(日本開閉器)のものが250円程度で、特売で出ていたら購入しています。

そしてヒューズホルダー。これはオークションで入手することが多いのです。

未使用だったり、中古だったり。

 

Img_1382

Img_1384


この左上の部分はサトーパーツのもので、とても信頼性が高いのです。よく見かける物です。

真ん中の茶色の物はミツミ製で、パテントNo.が刻印されています。他のメーカー品と比べても構造が同じなので、どの部分がパテントかよくわかりません。

ミツミの左手前は米国製。蓋の部分に切り込みが入っていて、つかみやすくしているのでしょうか。そのデザインも素敵です。リテル製かな。でもヒューズの着脱は日本製のものがスムーズで馴染みます。

右端のグループはオークションで安く入手したもの。

全部で25個あります。アンプ25台分です。これだけあれば一生大丈夫だろうと普通なら考えます。

実は3年前もそう考えたのですが、在庫が尽きそうになったことがありました。

まあ、何台も製作してきたということです。

 ちなみにヒューズホルダーの中のヒューズですが、この5年くらいは殆ど溶断して取り替えることが少なくなりました。

2016年5月29日 (日)

地方に高級オーディオ機器

先週、徳島の阿波池田に行った。昔甲子園で活躍した、蔦監督と池田高校の地元。

阿波池田駅を出ると、商店街のアーケードがある。中にどんどん入って行くと、奥まったところに、食堂がある。「どん」というお店。

入ってカウンターに座ると、目の前の棚に、面白いものがたくさん積んである。

昔のラジオや未使用のテープ、ハイレゾ用の手作り機器など。

Img_1393

お店の中全体が、タバコと料理の油煙でブラウニーになっている。オーディオは店主の趣味らしい。店主は65歳くらいかな。

この下の写真の、棚の最上段のラジオたち。一番左のビクターのラジオは戦中だかの時代物で、短波もついていて、ツマミも多い。これはごく少数生産で貴重品だとのこと。中段右の方のたてに並んだ箱が、未使用のテープ。

実は厨房はカウンターの左奥で、このカウンターには店主が、出たり入ったりしているようだ。

Img_1391

今度は上の棚を正面から見たアングルです。上から3段目の右端に青く光を放つ小さな機器が、ハイレゾ用のシステムらしい。小型機器も3段に積んであるが、一番下のタッパーのケースに組んだのが、ご主人自作のDACかなんかだと。


Img_1390

今度はカウンターからひょいと右方向に顔を向けると、テープデッキやプレーヤー、ドイツ製のSPシステムが。

 おもしろい店だなあ。


Img_1388

AKAIのデッキは現役だそうです。でも出番の頻度は少なそう。


Img_1389

これ、明治時代から大正にかけて、日本の会社が作ったマイクロホンですと。

VEROCITY 何とかと機体に表示がありました。動くかどうかは分からないが、希少品ですとのこと。そりゃそうでしょうね。もうその会社もないのでしょう。


Img_1387

その内、私もアンプを作っては、オークションに出品してると、携帯で写真を見せると店主が、私も作ってたけど、今は中断。この店の2階には自作部屋があり、レコードも1600枚おいてある。米国のカントリーの女性ボーカルがたくさんあるらしい。聴けば店主もカントリーのバンドをやってるそうです。

ハイレゾ音源でもカントリーを聴かせてもらいました。

ただ、もう2階部屋には2年位入ってないそうで、想像するだけで怖くなります。扉を開けるだけで埃で、咳き込みそうです。

その後、なんだかんだと、外国製の高価な機器を出してみせていただきました。あるところにはあるもんだな、しかも無造作に。

極め付けがこのナグラのテープレコーダー。ナグラSNという機種。モノーラルで定価は80万円だと。確かにスイス製です。じっと作りを見ると、金属部品の取り付け具合が時計そのものです。


Img_1385

へえ、80万かと思い、ネットで調べると、ヤフオクでは12万くらいが落札金額のようです。

確かに欲しくなりますが、私の場合は手に入れても使いこなせずに、放っておくことになると思います。

まあ、世の中にはどの地域に行っても数寄者はいるのだと認識しました。

阿波池田には毎年行きます。今後は毎回顔を出すようにします。

2016年5月27日 (金)

やや改善か

複数の方から、メールやコメントで、助言をいただきました。ありがとうございます。ご心配をおかけいたしました。

やや、持ち直しかけています。

先ず息子は、休んだ日は、パニックになっていて、何を言っても無理。一人アパートに住んでるのですが、家族が電話をしても、取りつく島がない状況でした。もう辞表を書いていると。

実は息子は小さいころから、環境の変化に弱く、新しい学級や、バイトを始めた頃もよくパニックになっていました。

いつも一定時間騒がせておけば、収まるのですがさすがに今回はダメかと覚悟しました。

夜になり、私が携帯でメッセージを約20通、送りました。

息子の面倒臭がりでややお金に執着気味の性格を考慮して、文章を考えました。

その20通に及ぶ内容は、会社を辞めるには大変な勇気とエネルギーがいること。欠勤したまま辞めていくのは、社会人として一番格好悪いこと。

必ず出社して上司に、退社の意思を伝えること。辞表は要らない、辞職願の伝票に記名、捺印して上司に渡せばよい。

必ず理由を聞かれるから、生半可な理由を答えるのはやめろ、貴方のパワハラと残業代が付かない労基法違反が原因ですと、面と向かってハッキリ言えと。本当にもう顔を合わさない覚悟ならそうしろ。

出来れば、本社の人事・総務に顔を出して、お詫びとお礼をいうこと。入社の時はお世話になったのだから。お前を雇うのに会社も時間とお金をかけているのだから。

明日は給料日だな、2回目の給料で終わりだけど、まあそれでも結構な手取りになるんだろ、たいして会社の役にもたっていないのに。ありがたいよね。

でも明日は、必ず出社して上司に「話があります」と切り出して、意思を伝えろ。辞職願の伝票は有休の最後の日付を退職日にすること。まあ頑張れ。

とうとうとメッセージを打っていると、ついに返事が。「やっぱり、まだがんばろうかな」と。

狙い通りだ。辞める手続きが面倒くさくなったのだ。返事を受け取ったあと、また連絡した。

世の中には人を口汚く叱ることを指導と思っている上司がまだいる。特に体育会系。上司の言葉の指導の部分は受け止めろ。口汚い部分は頭の中でスルーしろ。それもテクニックだ。それから返事はでかい声で「ハイ」と答えること。

体育会系は大きな声が好きだから。お前も小学生のときソフトボールで経験があるだろ。

なにもお前が憎たらしくて、叱ってるんじゃない。皆に同じように接してんだろ。そういう人なんだと割り切ること。

また「そうだね」と返事が来た。

どうやら次の日から2日続けて出社して、今は辞めたいとか言っていない。

今日、聴けば、休んだ次の日は上司は接し方が変って、腫れ物に触るような態度になったらしい。辞められては困るし、たぶんそうなるような気もしていた。

残業がつかないのは、息子の部署だけで、それでも40時間まではOKだそうだ。息子はブラックだと騒いでいたが、本当のブラック企業とは、外食産業のみなし店長の問題のように、16時間勤務させて残業代を支払わないとか、どう見ても労基法をスタート時点で破っているような会社だ。当然就業規則もないのだろう。

息子の会社は、アパートを借り上げて月7000円の寮費天引きで住まわせてくれている。それがない企業は自前で5~7万円何がしかのアパート代を払わなければならない。

残業代の規制もあるが、40時間はOK。それ以上にならないように早めに仕事を終わらせて帰ればよいのだ。周りが残っているから帰りにくいとか、あの上司に残業申請のために口を聞くのが嫌だから、只で我慢すると言うのはまちがっている。

同期の連中たちは皆、残業0の部署ばかりで、早く帰ってて羨ましいという。でも残業はあった方が収入は増えるぞ。

 休んだ次の日、先輩や他部署の上司がやさしく声をかけてくれたそうだ。ああ、また彼はやられてる。辞めなければいいがと、心配してくれたのだろう。

優しい人もたくさんいるとのこと。そんなこんなで、仕事もしてないのに手取りで結構な給料ももらって、もう現在は辞めるとは言わなくなっている。

 まあ、今の境遇を耐えたら、もう以降はどこに行っても怖い部署はないだろう。

 社内でも売り上げがなかなか上がってない部署で、上司からも一日でも早く戦力になってくれと言われてるらしい。それで力が入っていきなりトップギヤの指導だったのだろう。

次は夏のボーナスまで取りあえずがんばれと。息子の方は落ち着いたようです。

私の腕のケガですが、どうしても治らなければ、加工を委託することも考えています。アンプ作りを止めると、16台分のパーツが無駄になってしまいます。

やめないことにしました。

多忙とピンチで

この最近、ブログが止まっていました。

先週からずっと出張で、自宅にいませんでした。

おまけに、右腕の調子が悪く、どうも治りそうにありません。現在アンプの製作依頼を受けているのですが、依頼者様には申し訳なく思っています。

このまま腕が治らなければ、アンプ製作も終わりになってしまいます。どうも、そうなってしまいそうな雲行きです。

40代の初め頃にも、腕を痛めて、完治するのに3年かかったことがありました。3年かかっても治ってくれればいいのですが。

 更にはもっと最悪なことが。

就職して研修を終えた長男が、本配属になって3日目で、会社を辞めると言いだしたのです。

体調がおかしい、会社にいると吐き気がすると。上司が原因のようです。体育会系で叱り飛ばすことが、指導だと考えている人のようです。同じ職場にはストレスで耳が聞こえなくなった、先輩社員がいるとか、辞めていった人もいるとか。いわゆるパワハラ上司なのかもしれません。

おいおい3日で辞めるなよ。せめて3カ月くらい頑張れと言っても、もう無理だと。

ついに先日、会社を休みました。さあどうなることでしょう。

 ということで、この最近ブログとは離れていました。私も息子もいよいよ終りかもしれません。

また報告します。

2016年5月16日 (月)

BCPをご存知ですか

少ない件数でしょうが、皆様の勤務先でBCPを作成されているところもあるのではないかと思います。

BCPとは事業継続計画のことです。

分かりやすく言えば、甚大な災害が発生しても、なるべく早く事業再開できるように、普段から計画を準備しておくことです。

BCPのおおまかな説明をします。プラスチック成型屋さんを例にしましょう。

従業員数20人。成型機10台。

この会社が震度7の地震被害に遭った場合。

計画のスタートは

①従業員の安否確認

②建屋、成型機などの社内設備の被害確認。

③インフラの状況確認(電気、水道、ガス)

その後、時間の経過とともに、再開目標期日、目標稼働率の設定。

そのために必要な情報としては、

 ・従業員の出社可能日と人数の確認 ・建屋の損壊状況確認(使用できる建屋はどこか) ・稼働可能な成型機の台数と必要なメンテの把握 ・インフラの復旧予定の把握

などなど。

・更には注文残の確認と、事前に緊急時生産委託をお願いできる他社への依頼可否の確認(なるべく遠方の企業、複数が望まれる)

・成型機のメンテナンスメーカーへの修理依頼と完予定日確認

・樹脂材料の供給メーカーの発注と納期の確認

以降は毎回、上記を繰り返すことによる、生産キャパの変化の確認を継続します。

そうすると、いつごろまでに災害前の生産量の80%まで回復するだろうと言う見通しが立ってきます。

これがBCPです。重要なのは、事前に準備しておくということ。

いざと言う時、助けてもらえる協力会社と契約しておく。これは相互で助け合うということ。

建屋、成型機のメンテ会社も近場、遠方といくつか確保しておくこと。材料供給会社も同様に分散させておくということ。

もしBCPがなければ、経営者は機械がひっくり返って、尋常でない様子の工場内を見て、なにから手を付けてよいのか分からず途方にくれてしまうことになります。

BCPがあれば、それにのっとり、どんどん行動を起こせばよいのです。

これは、このたびの熊本の地震災害にも言えます。今回はいままでよりも、動きが早かったと思います。おそらく国の方でBCPを作成したいたものと思います。

災害のたびに経験を活かし、次はもっと改善しようと取り組めば、二次災害の防止や、復旧の迅速さに活かせると思います。

 救出、避難、食料、医療、仮設住宅の建設など。

BCPを簡単に言えば、備えあれば憂いは少なし、ということです。

BCPは企業単位でも、地方の行政単位でも、学校でもどこでも有用です。もちろん一般家庭でもです。

私はBCP作成の指導もしています。ご興味があれば、ご連絡ください。

今日は仕事の宣伝でした。

2016年5月15日 (日)

真空管アンプの柔らかい音

なんでこんな、ありきたりのタイトルを書いてしまったのだろう。

皆さんは、このタイトルを読んで、どう感じられましたでしょうか。

うんうん、そうそうと、納得された方はどれくらいでしょうか。

 今日も「教えてGOO」 の話で申しわけないのですが。

質問者が、最近結構値の張ったアナログプレーヤを購入したので、トータルで柔らかい音を楽しみたくて、新たに真空管アンプを30万円くらいの予算で購入したい。ついてはおすすめの製品を紹介してほしい、という相談。

回答者1:柔らかい真空管の音が楽しみたければ、ラックスのSQ38シリーズの最新版を買うしかない。価格も実販売価格なら30万円程度でしょう。

回答者2:真空管アンプの音が柔らかいというのは「根拠のない通説」。しっかりしたアナログまわりの機器で録音のよいレコードを聴けば、デバイスが真空管でも、ハイレゾやSACD以上のハイファイ音が楽しめる。

回答者3:私はかれこれ40年アンプを作ってきました。真空管でも何台か作ったが、現在は真空管アンプも聴けるようにセットしているが、ほとんど出番がなく、特性のよい半導体のアンプしか聴いていない。

この3名の方々の回答は興味深いですね。

「真空管アンプの音が柔らかい」を信じている方は多いと思いますが、これは真実ではないと思います。2の方が言うように、あるレベル以上に音を突き詰めると超ハイファイになり、柔らかいという次元を超えることも、あるだろうと思います。

必要条件という言葉があります。高校時代に数学でならったことです。

「犬ならば動物である」 → これは真理です。

犬であることは、動物であるための必要条件であると言います。

逆に、動物であることは犬であるための充分条件だと言います。

これは集合論で考えれば分かりやすいのですが、動物という広い集合があり、その中の部分集合として犬が内包された状態が見てとれます。

 動物の中には、犬のほかにサルも、カバもいるということ。

真空管アンプと柔らかい音の関係を考えます。

「真空管アンプなら音が柔らかい」

集合体で考えると音が柔らかいアンプの集合があり、その中に真空管アンプが内包されているかを考えるとNOです。

音が柔らかいアンプの集合体から、真空管アンプは一部が飛び出しているというのが、実態です。つまり音が柔らかくない真空管アンプも存在するということ。

真空管アンプであることは音が柔らかいアンプであるための必要条件ではないということなのです。

もっと根本的な話をすると、音が柔らかいという定義をこの集合論に適用することは、実は間違っています。柔らかいの定義が不変の真理で定義できないからです。

「A子さんは可愛い」 これは、人により判断が分かれます。そうだという男性もいれば、えっA子さんは可愛いかな、と疑問を呈す人もいるからです。

私は、真空管アンプの音は全て柔らかいというのは、正しくないと考えています。

回答者3のかた。私の想像ですが、真空管アンプも作ったが、歪率や波形を確認せずに作りっぱなしだったのかもしれません。それで特性が悪く結局半導体の方がいいとなったのかも。

あるいは、本当に半導体の方の音が好きになってしまったのかもしれませんけどね。

このおしえてGOOの質問に対する私の回答は、

「私が作ろうとしている6ZP1シングルが、もし柔らかい音に仕上がったら、22万円にまけとくから、買って下さい」

と、今日は言っておきます。

2016年5月14日 (土)

お勧めの真空管アンプは

教えてGoo,にこんな質問がありました。

「キット完成品にかかわらず、お勧めの真空管アンプがあれば教えてください。

なるべく安くて、出力にはこだわりません」

私に回答しろ、と言われたら、おそらくその時の精神状態で、答えが違ってくると思います。

トライオードの山崎社長のことを思い出したら、TRVで始まる製品群の中の安いアンプを薦めるかもしれない。

質問者がもし、音を聴きわける能力が低いと見てとったら、中国製でなるべく壊れたという情報が少ないものを勧めるかも。

或いは、部屋の中でシャーシの上にトランスやパーツを置いて、にまにましているときだったら、「私がこれから作る、6ZP1シングルアンプが2万円以下くらいで安くていいよ」と答えるかも。

ただ言えるのは、ラックスやエアータイト、上杉UBROSは勧めない。

高いしそんなの新品で買う必要なんてないから。

2016年5月12日 (木)

ケガが治らず

先般の、電源トランスの長いネジが、中で腐食して折れてしまった件。

このとき私は、ネジザウルスという、特種プライヤーで(どんなネジの頭でもつかんで回せるという優れもの)、力任せにネジの頭を回したのですが、動きませんでした。

結果、右腕の手首から上20センチあたりが、炎症を起こしたようで、未だに熱を持っていて、笠を持ちあげるだけでも痛むのです。

細い筋肉の筋が数本きれたのでしょうか。

なので、シャーシ加工、アンプ作りは不可能な状況です。

 全治3週間くらいでしょうか。製作依頼者の方に申し訳けありません。ここはひたすら回復を待つしかありません。

皆さま、ごめんなさい。若いころなら、こんなことにはなっていなかったと思います。

2016年5月11日 (水)

なぜ謝らなくていいんだろう

1945年8月9日、16歳だった父は学徒動員ということで、学校の友達と一緒に召集をかけられ、鉄砲の弾を磨いたり、奉仕活動をしていた。

教官がお昼より前の時間に、長崎に大きな爆弾が落ちたらしいから、みんなすぐ、家に帰るように指示が出た。

心臓の鼓動が大きく波打つのを感じながら、父はひたすら家に向かって走った。市内に入ると、黒こげになった人々が川に顔をつっこんだまま死んでいる姿が目に入った。

気がおかしくなりそうなくらい、心臓が口から飛び出しそうなほど恐怖にさいなまれ、家族の待つ家に向かって走り続けた。

やがて家に着いたら、朝、行ってらっしゃいと見送ってくれた母親と、幼い妹たちが黒こげになって地べたに横たわっていた。

 このときの16歳の父の心境はとても、今の平和な日本に生きている人たちには想像できないかもしれない。

アメリカの爆撃機から投下された原子爆弾は、こうして一瞬にして何十万人もの日本の人達の命を奪った。その後も後遺症で苦しんだ方々もたくさんいる。

原爆の投下は国際法を無視して行われた。

近くアメリカの大統領が被爆地広島を訪問するらしい。しかし原爆被害者への謝罪はしないそうだ。日本の総理大臣も謝罪は必要ないと考えているそうだ。

 なんで謝らないのだろう。なんでその必要がないと言えるのだろう。大人になった後も、毎年長崎の原爆投下の日に、鐘の音を聞くたびに嗚咽していた父や、たくさんの被爆者や遺族の気持ちに耳を向けないのだろう。

きっと彼等は人間ではないのかもしれない。

2016年5月 9日 (月)

公害認定

水俣病が公害認定されるまで、結構時間がかかっています。過去国も因果関係はない、ということで突っ撥ねていました。

この最近55年のビキニ被ばくで、日米の政府が幕引きをはかったことに対する被害者側(第五福竜丸)の訴訟がおこされました。

 おそらく、当時は米国の関連したことなので、とても訴えても聞き入れてもらえないという、諦めの考えが強かったのでしょう。地方の日本人は概してそうでした。声を大にする人がいなかった。

 時代は変わったのでしょうね。やっと訴えにこぎつけたということです。

ここにきて、新たな訴訟の予感を感じます。

福嶋の子どもたちの、甲状腺がんの件です。150人からの子どもたちが、がんではないかと言われています。

 この件はより国の責任が明確に問われます。窒素は一企業の責任、ビキニ被ばくは米国の責任ですが、福島第一原発事故はそれを進めた歴代の自民党内閣と東京電力の責任がはっきりとしているからです。

おそらく、この件でも近いうちに訴訟が起こされる可能性があると思います。原発事故の因果関係の確認で長期化することはあってはならないと考えます。私は、推進当事者が非を認めて、認定・治療に真摯に対応されることが、一番の解決方法であると考えています。

もっと言えば、これは福島のことだと他の地域の方々は考えてらっしゃるかもしれませんが、今後事故があれば、直接わが身にふりかかる可能性もあるということなのです。他人ごとではないと認識していただきたいのです。

なにしろ、福島の方々も、原発は安全だ、受け入れれば補助金ももらえるし、政府・電力会社の申し出を信じていれば大丈夫だと考えた方が多かったのですが、事実はそうでなかったことが実証されているわけですから。

2016年5月 8日 (日)

鹿児島出張

今日から鹿児島へ出張。帰宅は10日の予定。

なにはともあれ、九州新幹線が復旧していて助かりました。

 震災当初、新幹線のレール上の車体が脱線している画像が何度も、報道されました。

今日、久留米から、新幹線に乗ったのですが、今のところ本数を減らした間引き運転です。本数は三分の二から半分程度まで減らしています。

それでも無理は言えません。震災当初、鹿児島出張は決まっていましたので、飛行機で移動するしかないと覚悟していました。

取りあえずは安心しました。

この最近、1300人規模の全国の方々が熊本に入り、復旧援助で動いてくださっています。

他県の建設会社の重機が、益城の倒壊家屋から、農家の田植え機などを救出したりと、活躍してくださっています。これで田植えができる=収入が確保できるのです。

 ありがたいことです。こんな話はしたくないのですが、今後日本国中で震災の発生可能性が高まることが予想されます。

これからは、オールジャパンで、他県を助け合う機会が増えると思います。今言えるのは、震災の可能性を判断し、原発は動かしていてもいいだろうという考えを捨てること。

活断層があるから、ないから、という根拠で地震対策の程度を決めることはやめること。端的には、活断層がないところも、必ず震度6は来るという想定で、逃げ出す術、持ち出す備品(車のカギを含めて)を準備し、持ち出しやすいところに置いておくこと。これは全家庭で必須です。

地震が長期間なかった地域こそ、準備が必要なのです。九州がそうだったのです。

 

2016年5月 7日 (土)

熊本地震被害

5月9日から次男が、再度大学に通い始める。入学して2週間で地震が発生、その後自宅に帰っていました。

今日は部屋の整理がてら、家内と3人で熊本へ。お昼、うどんが食べたいと息子が言いだし、水前寺公園へ。

驚いたのは、参道入口の鳥居が、壊れている状況。壊れているというより、上の部分が脱落して撤去されています。

Fullsizerendbnher

公園入口前の灯篭も倒壊してます。

Fullsizerendernhkk

近くで見ると、灯篭の屋根の部分は直径1m以上あります。相当重量があるのですが、倒れてしまっています。鳥居の上部の脱落といい、相当なエネルギーで揺れたようです。

Fullsizerenderbg

公園内に入ると、池の中央部分が干上がっています。干上がったというより、地面に亀裂が入って、水が地中に吸い込まれていったそうです。

うどん屋の77歳のご主人の話では、水がなくなったのはこれで3度目だとのこと。いずれも地面の亀裂が原因だと。

Fullsizerenderch


でも水が残っている部分に、鯉たちは避難して無事でした。


Fullsizerender_4


うどん屋のご主人は、最初の2日は車の中で寝て、次の3日は体育館で、以降は親戚の家に世話になったそうです。1回目は大丈夫だったが、2回目でやられた。家もまだ風呂が沸かせない状態だそうです。

どうしていいか分からず、とりあえず店を再開したそうです。

隣近所は店を閉めてしまった。もう止めようかと思ってると。今日も我々が数少ない客だったようだ。

この公園は1年あれば復帰できるが、熊本城は10年かかると。

 心臓が悪くて、過去何度も心肺停止したが、今350万円の機械を埋め込んでて、心停止は最近無くなった。そこにこの地震だと嘆いてらっしゃる。

もう一度震度6が絶対来ると。その言葉の裏には、とにかく余震もなにもかも一気に終わらせて欲しいという希望が込められているようです。

 店を止めて、家にいても何もしなかったら、調子が悪くなるんじゃないですか。元気なうちはお店を続けてくださいよと私が言うと、ご主人は隣に座って、話し込む体制に。

こちらも忙しいので、話を切り上げて、お店を出たのだ。

公園前の売店では団子やさん、鯉や鳩の餌やお土産を売っているお店が営業していた。団子やさんでは「ひょっこりひょうたん島」のテーマソングが流れている。

「苦しいこともあるだろさ、悲しいこともあるだろさ、だけど僕らはくじけない、泣くのはいやだ、笑っちゃおう。進め!ひょっこりひょうたん島」

確かに、この状況で、元気を出すためにはぴったりの曲だ。

家内は、こんなときこそ買い物をして、熊本にお金を落とそうと団子やせんべいを買った。

いきなり団子。あんことサツマイモが入っています。

Fullsizerenderbnh_2


さあ、また、前に進むことが大事です。ゆっくりとそれでいてスピーディーに。
















2016年5月 5日 (木)

0053A 6L6GCPP  ④ 加工図作成

シャーシにのせたパーツ類に定規をあてて、加工図を描いていきます。

私は、もう正確な寸法の図面を描いてません。フリーハンドです。何台も作ると面倒になってしまいました。

台数の少ないかたは、正式な寸法図を定規で描いていってください。CADを自在に扱われるかたは、どうぞCADをご使用ください。

まず大枠のシャーシ外形(言えば長方形です)をかいて、置いてあるパーツの中心位置を、定規で測って、シャーシ外形の角っこ1箇所を基準にして、そこから寸法を追って矢印と数字を記入して行きます。

中心位置はなるべきく5㍉の倍の値にします。3.75㍉は5㍉にします。

OPTとPTの位置から決めます。その次は真空管の位置。今回のように細い球が並ぶ場合は球のピッチは50㍉~55㍉となります。MT管の中心位置の間隔は50㍉以上にします。それより短いと1L4Pのラグ端子が、ソケットの穴を使って取りつけようとしても収まらないのです。

出力管は、OPTとPTの間に4本並びます。計算でトランス間の空間寸法を出しておいて、その真ん中に球を並べます。そして基準からの一番左の球の位置を計算します。その値を図に書いていきます。寸法を変更する場合は前の値を消して、最終の値を記入します。ごたごたして図面や数字が見づらい場合は、決定した数字を〇で囲っておきます。これが決定値だというマークです。

PTが決まれば、コンデンサ、次にチヨークコイルです。コツは定規をあててその寸法を正しく読み取ること。

Img_1352


Img_1353

バインダの紙の中の右下あたりが、加工図です。図面が出来たら、確認のために部品をシャーシ上から全部おろして、再度、図面をみながら置いて行きます。確認が出来たら、ケガキです。

私は鉛筆で、ケガいていき、最後の中心位置のターゲットを十字でコンパスの針でけがく様にしています。

寸法図の作成やパターンの作画のソフトも、親切な方々から頂いているのですが、その理解に要する時間やエネルギーを考えると、どうも思いきれません。目が見えなくなってきていますし、製作台数もこれからは減って行くと思います。言いわけがましくて、申し訳ありません。

2016年5月 4日 (水)

ダイソーに病みつき

家内が買い物にいくというので、運転を申し出て、ついでにダイソーに行くことに。私の目的は先日の木製トランスカバーに味を占めて、もっといい金属製の箱が無いかを捜索したかったのです。

今日は先日と違う、もっと大きなダイソーを家内に教えてもらって、いざ出陣。

おお、あったあった。小型の箱が。昔で言うなら紅茶用の金属箱の大きさ。おぼえてらっしゃいますか、ご同輩。

Img_1351


早速2個購入。この数が奇数になる訳がありません。ステレオですから。

この箱には、小型シングルOPTを入れるつもり。斜めにしないとフランジ部分が当たります。フランジ部をU字にカットしようかな。

Img_1347


このOPT、ヤフオクで五麟貿易から出品されています。過去使用して、とてもすばらしい音の伸びが確認できました。

私はこの箱をハンマートーンで塗装し(またかよ)、天面のコーナー4カ所に、6角レンチで締めるネジを取りつけます。言わばマリックトランスの小型版にするつもりです。

どんな球が、このトランスケースに似合うかあれこれ試しましたが、最終決定したのがこのST管アンプです。

Img_1344


Img_1345

これは、初段6ZDH3A、出力管が6Z-P1、整流管は80HKを2本使い両波整流で。

いかがですか、懐かしすぎて涙ちょちょぎれ。浅野さんがご存命なら、是非完成の姿を見ていただきたかった。

そのうち作ります。

実は今日、6L6GCアンプの電源トランスを塗装しようとして、カバーを外そうとしたら、4本のネジのうち1本が腐食していて折れてしまいました。それだけならいいのですが、折れたネジが抜けないのです。ネジザウルスで力いっぱい回してもだめ。おかげで右腕が筋肉痛です。

なので、途中で止めてしまいました。替えのトランスはあるのですが。

また明日です。

2016年5月 3日 (火)

0053A 6L6GCPP  ③ パーツ集め

今日は、シャーシレイアウト決定のためのパーツの採寸をしました。

パーツといってもメインはトランス類です。各トランスの取り付け用の穴間と、シャーシ内格納部分の穴明寸法と、トランスの外形の3種類の寸法です。

外形寸法も正確に測定してないと、シャーシよりトランスが外に飛び出ることもありますから。

その次に、パーツBOXのしまってある、物入れの扉を開けて、必要な機構部品をピッキングしました。箱にどんどん入れて行きます。今回どの部品を選ぶかはその時の気分です。

 バイアス用のホーロー抵抗とコンデンサ、入力用RCA端子、SP端子、ACブッシュ、ACコード、電源スイッチ、フューズホルダー、シャシー用ゴム足、ブロックコンデンサ、MTソケットなど。

知らないうちにRCA端子が残り少なくなっていました。20個単位で入手しても、アンプを作っていると減っていきます。電源スイッチも少なくなりつつあります。また仕入れなければなりません。

Img_1331

これが箱に入ったパーツ類。抵抗やコンデンサはまだそろえていません。

バインダにポンチ絵で描いてあるのが、トランス類の採寸結果の図。


Img_1332

今回は、前段は6AU6を4本で構成した回路。出力段はAB1PP。自己バイアス。UL接続。6L6GCは、400Vをそのままスクリーングリッドに接続できるので好都合。出力も20W程度になると思います。

出力トランスがサンスイH15-8なので、出てくる音が読めません。あまり使ったことがないのです。

きっと中域の充実した、味のある音が出るのではないかと思います。カップリングはパークオーディオの美味しい味がする黄色いキャラメル、じゃなかったコンデンサを使おうと思います。

次回はケガキと加工着手です。

2016年5月 2日 (月)

木製カバー

カバーを既製品の弁当箱シャーシの上に置いてみた。

6BM8を4本ならべると、ドンぴしゃり。

Img_1330


よくみると、乙山さんのお店に置いてあった、アンプに似てる。カチッとした機能的な印象。

あのアンプに私は感化されたようだ。そのうちに作ろう。

しかしこの部屋はなんだ。アンプで散らかりまくり。掃除しなきゃですね。

2016年5月 1日 (日)

トランスカバー 続編

先日木製のカバーを作ったことを報告しました。

充分に乾いただろうと思って、よく見るとなんと。

表面に小さな木目がいっぱいに浮き出ています。鉄を叩いたハンマートーンが本来なのですが、ハンマートーンの中に木目が。嗚呼。

結論:塗装前に砥の粉で目地を埋めるべきでした。砥の粉がなければ、ニースを塗る。あるいは黒いマットな艶消し塗料で、下地を作って、木目がないことを確認して、ハンマートーンの重ね塗りが妥当な方法でした。

このカバーたちも、もう一度塗装を落として、砥の粉で処理します。

紙やすりで、全面仕上げは、甘かったということでした。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ