« 木製カバー | トップページ | ダイソーに病みつき »

2016年5月 3日 (火)

0053A 6L6GCPP  ③ パーツ集め

今日は、シャーシレイアウト決定のためのパーツの採寸をしました。

パーツといってもメインはトランス類です。各トランスの取り付け用の穴間と、シャーシ内格納部分の穴明寸法と、トランスの外形の3種類の寸法です。

外形寸法も正確に測定してないと、シャーシよりトランスが外に飛び出ることもありますから。

その次に、パーツBOXのしまってある、物入れの扉を開けて、必要な機構部品をピッキングしました。箱にどんどん入れて行きます。今回どの部品を選ぶかはその時の気分です。

 バイアス用のホーロー抵抗とコンデンサ、入力用RCA端子、SP端子、ACブッシュ、ACコード、電源スイッチ、フューズホルダー、シャシー用ゴム足、ブロックコンデンサ、MTソケットなど。

知らないうちにRCA端子が残り少なくなっていました。20個単位で入手しても、アンプを作っていると減っていきます。電源スイッチも少なくなりつつあります。また仕入れなければなりません。

Img_1331

これが箱に入ったパーツ類。抵抗やコンデンサはまだそろえていません。

バインダにポンチ絵で描いてあるのが、トランス類の採寸結果の図。


Img_1332

今回は、前段は6AU6を4本で構成した回路。出力段はAB1PP。自己バイアス。UL接続。6L6GCは、400Vをそのままスクリーングリッドに接続できるので好都合。出力も20W程度になると思います。

出力トランスがサンスイH15-8なので、出てくる音が読めません。あまり使ったことがないのです。

きっと中域の充実した、味のある音が出るのではないかと思います。カップリングはパークオーディオの美味しい味がする黄色いキャラメル、じゃなかったコンデンサを使おうと思います。

次回はケガキと加工着手です。

« 木製カバー | トップページ | ダイソーに病みつき »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/65294777

この記事へのトラックバック一覧です: 0053A 6L6GCPP  ③ パーツ集め :

« 木製カバー | トップページ | ダイソーに病みつき »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ