« トライオード | トップページ | 緊張 »

2016年2月29日 (月)

アンプのバリバリ音

真空管のアンプが、バリバリと大きな音を出したら。

これは以前もこのブログで書きましたが、出力管の寿命が近づき、過大電流が流れてしまうからです。

バリバリを放っておくと、電流が流れっぱなしになりヒューズが飛びます。これはいわゆる電源トランスの二次側が短絡したのと同じ状況になります。

 とにかくバリバリ音を聞いたら、「私はもうすぐ昇天します。今までありがとうございました」と球が告げているのです。

すぐに交換しましょう。

« トライオード | トップページ | 緊張 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/64211467

この記事へのトラックバック一覧です: アンプのバリバリ音:

« トライオード | トップページ | 緊張 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ