« よく我慢した、えらい! | トップページ | out out stupid politician »

2016年1月16日 (土)

最終目標に近づいています




今週は、13日朝から東京の大井町に出張。その日の夕方に大阪は天王寺まで移動。そして14日、15日と仕事をして、今日の夜帰宅しました。

戻ると、アルミシャーシが届いていました。

Img_1741


シャーシは2個。ノグチトランスの2MMシリーズの35×20CMのものです。

このシャーシはスポット溶接で、側面部は4面共にフラット性が保たれていますので、アルミパネルをそのまま、4面のどこにも取りつけることができます。

このフラット性が欲しかったのです。このシャーシは実は、私の低域駆動用の緑色の多極管パラレルプッシュアンプにも使っています。

使い勝手がわかっているのです。

ノグチへの発注前には、奥澤シャーシのものも検討しました。標準品にピッタリのものがなくて、少し寸法変更をして特注しようと考えたのですが、例の雑誌のデジタルアンプのシャーシ生産が忙しそうで、納期も読めないので声をかけるのを止めました。

ノグチからは、在庫がないので2週間待って欲しいとのことで、ちょうど2週間で到着しました。

さてこのシャーシは、今後ずっと私と付き合うアンプに使われます。言わば私のアンプの最終目標=ゴールです。

それがこの写真です。

Img_1738

見づらいですね。DA30PPアンプです。モノラル構成にします。OPTはマリック製のものを手に入れていました。でも私はマリックのトランスの音を聴いたことがありません。

それで、使い慣れている米国アクロサウンド社のA431に変更することもあり得えます。

Img_1740

両方、実装できるように加工しておこうかなとも考えています。

このアンプは最終ゴールになります。自分の考える最高の球と、信頼性の高いウィリアムソン回路で組み立てようと考えています。

出力トランスも、もうひとつパートリッジの物も試したいと考えています。でもパートリッジは音は美しいのですが、特性がやや劣ります。NFマージンが小さく発振しやすいし、リンギングも盛大に出やすいのです。

最終的にベストのトランスを選定して、一生使い続けるアンプにしたく考えています。

①2WAYマルチなら低音域用のアンプにして、高音用にはすでに使っているアンプを使う。

②あるいは、低域用には現行の緑のアンプを使って、高域用のアンプに使用する。少しもったいない気がしますが。

①の場合は、緑のパラPPアンプは、手放すつもりです。この緑のパラPPアンプは個人的には。マランツ#9にも負けていないと思います。今回私が製作したKT88PPアンプを落札された方から、KT88アンプは自宅のサンスイのメモリアルアンプAU111と比較しても圧倒的に迫力を感じるとのことでした。

実は緑のパラPPアンプもKT88PPアンプと同じハットオーディオのOPTを使っています。特注で一次インピーダンスを2.5KΩで巻いてもらいました。  なのでマランツ#9と比較しても、特性でも音でも差はないと思っています。

もし手放すことになるなら、とても寂しいのですが。

DA30PP最終目標アンプが完成して、エージングが終わり、期待通りの音をだしてくれるなら、私は当分の間アンプ製作は止めようと思っています。しばらくは音楽を聴くことに集中したいと思います。

現在仕掛中のDA30シングルアンプと、次の依頼を受けているアンプ(松下アンプ)のあとに、最終目標アンプを完成させる予定にしています。

« よく我慢した、えらい! | トップページ | out out stupid politician »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/63487047

この記事へのトラックバック一覧です: 最終目標に近づいています:

« よく我慢した、えらい! | トップページ | out out stupid politician »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ