« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

みなさま、今年一年ありがとういございました。

もうあと数時間で今年が終わります。

今年はいやな年でした。ろくなニューズがないので、新聞さえ読みたくなくなり、そのまま捨てる日が続きました。

来年は、本当に日本に住む人たちが、喜びにあふれる年になって欲しいものです。

この最近、テスターを落札しました。

Img_1702


米国シンプソンの260という名品です。5千円で落札出来ました。

なんとなく見てると、スターウォーズに出てくるドロイドのようです。メーターに過電流が流れると、「Simpson」の文字の左横の白い突起が、飛び出します。

ブレーカーです。

目はつらくなっていますが、来年はこの機械を相棒に、また電気を測定します。

今年一年、ブログにアクセスいただきありがとうございました。

よいお年を迎えられますよう、来年こそ皆様に倖せが訪れますよう、祈念いたします。

2015年12月29日 (火)

2015年をふりかえって その2

今年も自作しました。

まずは、年明けのプロジェクト2/300BPPアンプです。猫や杓子も300B。気に入った鳴り方がしない300Bから中低域を引き出そうとチャレンジしました。

Img_1074

Img_1065


回路はウィリアムソンです。結果、まあまあでしょうか。達成度85%でした。このアンプ、WE300は付属なしで出品。いにしえの300Bを挿せば、もっといい音で鳴るかも。落札者さんはPSVANEを挿されています。このデザインは気に入ってて、今年よく似たアンプをもう1台作りました。お気づきでしょうかKT88PPです。

それから次はオークション出品中に依頼を受け、手持ちのクイックシルバーのモノラルアンプを改造して欲しいとのことで、2台を1台に合体させることを提案し、クイックシルバーツィンブロックアンプを作りました。

Img_1168

Img_1178

今回はじめてパークオーディオのカップリングコンデンサ(黄色)を使いました。きれいな音がします。

整流管を2本。KT88から8417、6L6GCまで。スクリーングリッドに400V以上かけてもよい出力管を全て挿せるようにしました。依頼者の方は最近6BG8を挿されて、とても良い音に変わってきたとおしゃっています。

そして、MCヘッドアンプです。当初はディスクリートのFETを並列で作ってみたら、ノイズがひどく、使えません。なので自分自身としては、やりたくなかったオペアンプをそのまま増幅回路に使用した構成としました。

4種のオペアンプを差し換えて試聴。ずいぶん音の違いがあることに驚きました。

Mc


Img_1246

現在、MC昇圧トランスは使っていません。レコードは全てこのアンプを通しています。

そして、古いサンスイ製の電源トランスを入手したことで、807PPアンプを作るモチベーションが上がりました。ブコツでがっちりした、通(つう)好みのアンプです。

807buko


Img_1463

このアンプ、他のアンプよりもいくぶん価格は安く落札されました。しかしながら正直なところを言うと、このアンプのデザインが今年製作のアンプの中で一番好きです。

灰色がいいじゃないですか。ハンマートーンにしたほうが価格は上がると言う意見も聞きましたが、この色、この形、そして柔らかくて聞きやすい、見た目と反対の音色も魅力でした。

最後がご存じKT88PP。これで大型PPの標準機の実績ができました。MC275、エアータイトのKT88PP/ATM-2、マランツ9、などを強く意識しました。

Img_1598

これは途中段階でGE6550Aを挿したところ。ネームプレートも貼っていません。このあとJJのKT88を挿して鳴らし込んでいきましたが、結構な音になりました。カソードフォロアー回路をはずしました。カソードから信号を出すと、やや鮮度が落ちると個人的に考えています。正しいかどうかはわかりません。

この最近、落札された方からアンプの感想をいただきました。

数えると5台製作しています。たぶん来年は少し台数が減ると思います。でも止めませんので、またご期待ください。

2015年12月28日 (月)

KT88PPパワーアンプ 試聴報告をいただきました

昨夜、落札者様から試聴のご報告をいただきました。

以下に全文掲載いたします。

Img_1666


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トニーさんこんばんわ☀
昨日、出入りの電気屋さんの若い方が来られましたので、KT88アンプの運搬をお願いしセットして貰いました。807PPアンプには一時退役して貰い、待望の音出しをしましたが本当に素晴らしいの一言です。スピーカーはアルテック604ですが相性は抜群でした。

ベタな表現ですが、伸び伸びと抜けるような高音と深く冴え渡る低音&重低音とが絡み合い圧倒される迫力です。アンプ製作過程はブログで拝見してましたし、また完成後も良い音への試行を重ねておられたのをブログで承知してました。従いまして良い音であることは充分予想してましたが、本アンプは遥かにその予想を越えるものでありました。

今日から正月休みに入りましたので、スピーカーやアンプをいろいろ交換して楽しみましたが、このKT88アンプは群を抜いているように思われます。SPはアルテック以外にタンノイエジンバラ、JBL4311Aに接続したところ、何れも素晴らしかったですが私的にはアルテックが一番好みでした。

大出力アンプはこれまでいろいろ聞いた積もりでしたけれど、ここまで音の良さを感得したのは始めてです。素晴らしい渾身のアンプ、本当に有り難う御座いました。

------------------------------------------

過分なお言葉です。ありがたいことです。また頑張ります。

2015年12月27日 (日)

スターウォーズ

年末年始の空き時間になんとか、新シリーズのスターウォーズを見たいと思っていました。

昨夜、3時間くらいで映画に行ってくると家族に話すと、どうぞと。私はもう家族の中で特別な役割もないし、せいぜい、次男の送迎があるときは、まだお酒を飲まないでと言われるくらい。

そこで18:40から始まるスターウォーズを近くの映画館に見にいくことに。

映画館は筑紫野イオンモールにあります。自宅から映画館の受付まで、電車を利用して18分で行けます。田舎のすばらしさです。

しかも映画館は2分くらいの入りで、ガラガラ。私は55歳以上の割引で1100円で見ることができます。

そしてスターウォーズ。

就職して間がないころに、「ジェダイの復讐」を見たのが初めての出会い。以降はことあるごとに、結婚しても家内も巻き込んで、ずっとこの映画をみています。

そのうち子供を連れて見るようになりました。今は晴れて一人で見ることができます。それだけ長いシリーズだということ。

この映画をご存じの方も多いと思います。

新作を観た感想は、「この映画はこんな映画でしたね」というおさらいと、エンディングのシーンからは「さあ、また新たな物語がはじまるのですよ」というメッセージと取りました。

私の勝手な考えですが、この映画のテーマは「愛憎」だと思います。もう少し付け加えれば「恐れと勇気」も。

ただのSF超大作だけではなくて、人間の内面を鋭くえぐった作品だと思います。

愛が強すぎると憎悪に変わりやすい。若いころジェダイの訓練を受けていたアナキンは、母が殺されるのを見殺しにできずに助けに行こうとします。しかしジェダイは家族からも離れ、ジェダイとしての生き方を求められます。

指導者のオビワンから、勝手な行動はとるなと母の救助を許されませんでした。愛しているパドメの命が危ないときも、助けることを許されませんでした。

アナキンは強い愛情がゆえに、ジェダイとその師匠たちに憎しみを抱きます。その憎しみこそが暗黒の世界へ引きずりこまれる格好の材料となってしまいます。

憎しみは、平気でひとつの惑星に栄えた共和国さえ、壊滅させてしまうほど、強大に膨れ上がってしまいます。

暗黒の支配者ダースベイダーとなったアナキン。その手下となった者たちの、支配者に対する恐れ。恐怖がゆえに、支配者に盾突けない、各惑星の住人達。

それでも、勇気を出して、支配者に戦いを挑むジェダイや反乱軍。

 この映画の主役は誰でしょう。人によって答えは違うと思います。ジェダイの戦士ルークかもしれません。ハン・ソロやチューバッカかもしれません。かわいらしくて憎めない2台のロボットかもしれません。

私の答えはアナキンです。アナキンの愛情と憎悪こそがこの映画の根底にあると思うのです。

さあ、新シリーズ。もうアナキンもいません。今度は誰がどんな主役になっていくのでしょう。

また30年以上続くのなら、私はもう途中までしか観れません。それでもいいのです。

2015年12月26日 (土)

忘年会

昨日は博多座の裏の、とりの水炊きのお店で忘年会。

12名集まって、今年一年をふり返りました。

2件目、カラオケは行かず、ホッとしましたが、博多の冷泉町の交差点近くの屋台に、4名で流れて行きました。

 ここの屋台は普通の屋台と違って、ショットバーなのです。

Img_1112

マスター、えびちゃんです。12人も座れば満杯。屋台ですから。


Img_1113

顔を上げるとメニューが。マグロステーキ、クジラなどもあります。


Img_1114


Img_1105

私はカンパリソーダ。だったかな。

Img_1107

仲間もそれぞれカクテルを注文。塩ゆでのピーナッツがおいしい。分厚い本が置いてあります。開くと実はメニューです。

女性二人ずれもやってきました。

博多の屋台は普段はどこにいるのでしょうか。

Img_1091

ここに何台かあります。場所は須崎町。博多の北の方になります。ビルの谷間に置いてあります。いくらか駐車代を払っているのでしょうか。


狭い空間で肩を寄せながら食事をとる。お酒を飲む。語り合う。この屋台の文化は懐かしくもあり、いつまでも続いて欲しいものです。

2015年12月25日 (金)

DA30シングル(2015) ⑥ 加工図面作成着手

デザインが決まりました。加工図面作成となります。

いつもそうしているのですが、私はシャーシの上に主要パーツを置いて、実物にスケールで当たって寸法を測りながら、図面に書き込んで行きます。

Img_1700

これが決定したデザイン。やっと決まりました。


Img_1705

シャーシの前面部。メタル管やメーターまわりの位置寸法を決めているところ。大体5mmの倍数で寸法を決めて行きます。

おもしろいことに、部品間の寸法はだいたい5mmの倍数になっています。このことを少し考えてみたのですが、例えば実測寸法が132mmなら130mmとします。134mmなら135mmとしますね。ということは、132.5mmにならない限りは、どちらかの5の倍数になってしまうので、これは確率論から言っても丁度真ん中にならない限りは5の倍数だ、となってしまうからではないかと。

Img_1704

これはメタル管と大型メーターの位置を書き込んだ図面です。この作業も好きです。メーターのセンター位置が決まれば後ろに並ぶ大型管3本の真ん中のものも同じセンターになるので、位置決定は楽です。このようにどんどん決めていきます。

この後は、PT、OPT、チョークコイルと進めます。

トランスはそのセンター位置を図面に描いて行きます。トランスは通常左右対称なので、センターにドットを打っておけば、あとは前後左右対称となり、角穴や取り付け穴も、決定が楽です。

ただし、事前に各トランスの寸法を測っておくことが必要です。何度も繰り返して言うようですが、この「アンプ製作記事」のカテゴリーの中の6RA8PPアンプの製作シリーズをごらんください。アンプのシャーシ完成までの工程が詳しく書いていますので。

さて、図面ができたら加工開始となります。年末大掃除も待ってます。ううむ。


2015年をふり返って その1

早いですね、クリスマスです。

何だかこの数年はしょっちゅうクリスマスイブを迎えているような気がします。

私はおそらく20年後はこの世にいないと思います。

 まてよまだ20年近く生きなきゃいけなのかな。15年経てば体のあちこちが痛くなり、毎日の生活がしんどくなるのだろうな。でも結構あっという間に、この調子でその日が来るのかも。

最近は電車に乗っても、私より若い人ばかりになった。ちょっと前まで、30代だったような気がしてるのに。

 明日は仕事仲間と忘年会。夏にもみんなで食事に行った。二次会のカラオケで、結構アルコールが回った私は、本邦初公開で、プレスリーの「アメリカの祈り」という曲を歌った。仕事仲間の前でこんな曲を歌うのは初めて。

ニューヨークのマディソンスクエアガーデンでのライブヴァージョンで歌った。実はもう2通りのバージョンでも歌える。同席していたのは年配の女性、年配の男性、私くらいの男性など6人。

このような曲を知っているひとはそういない。同世代の仲間が、私が歌ってる最中に、これはエルヴィス・プレスリーの曲だと説明していた。

南北戦争の歌。気を入れて歌った。静かなパートと熱唱するパート。声の出し方。緩急をつけて歌った。エンディングは、ほとんど雄叫びで終わる。

その日はそれで解散。後日電話で仲間としゃべるたびに、その日の私の熱唱のことを言われた。「すごい歌だったそうでうですね」「いっしょにいた○○さんが、すごかったと言っていました」

そんなことがあり明日の忘年会の件で電話があるたび、「歌ってくれるんですか」「ぜひお聴きしたいんです」「相当うまいそうですね」などと言われた。

それで明日、私は歌うのでしょうか。たぶん歌いません。4年に一度ですから。

2015年12月23日 (水)

DA30シングル(2015) ⑤ デザイン 二転三転

依頼者さんから、デザインの意向の連絡がありました。

メーターを真ん中に配した目玉おやじレイアウトで、チョークコイルは昔懐かしのREXがよいと。

これでほぼ決まりですが、REXは前後が薄く、PTとの間に結構なギャップができます。なので、少し気を遣って、位置を決めてみました。

Img_1697


Img_1698


これだと、磁気結合も心配ありません。

さらには、先日のチョークコイル3連発写真の真ん中のサンスイも捨てがたいものがあります。

Img_1700


Img_1699

こちらにするとチョークの存在感が増します。袋の6角ナットが懐かしいのでREXをというお話でしたが、サンスイにして6角ナットにすれば、これでもよいかなと思います。

DA30シングル(2015) ④ 朝令暮改

今日、オークションで落札していたチョークコイルが届いた。

10H 200mA。錆び錆びだけどなかなか精悍な顔をしたREX製。

Img_1689


きれいに磨いて、スプレーしてやればよみがえりそう。この時代の6角の袋ナットがカッコいいですね。

そしてこのREXは前後の寸法が短い、つまりお腹が出てなく、奥行き方向が薄いのです。

3個のチョークをならべた写真がこれ。

Img_1691


ほれほれ、薄いぞ。右端のアサヒ製にくらべると、スマートすぎて嬉しくなります。

そしてREXを以前のレイアウトの中に、置いてみたのがこれ。

Img_1692

ほほう、この向きで収まります。誘導電圧も14mV。

これくらいなら、過去の製作例から大丈夫のような気がします。

そうすると、当初のこのレイアウトが可能になります。

朝考えた、メーター中央レイアウトは、取りやめか?

Img_1688

また悩みがスタートしました。世間の人達はどっちが好みなんだろう。

結局最後に決めるのは自分です。


2015年12月22日 (火)

DA30シングル(2015) ③ このままじゃアンプにならない

過去、これでいこうと決めたレイアウトがこれです。

Img_1659

メーターが必須なので、なんとか狭いスペースに押し込めています。これでいくとチョークコイル(チョークトランスではありませんよ、塞流輪線ですからコイルです)と電源トランスがぴったりくっついています。

最近は直熱三極管アンプを作るときは、磁気テストを行っています。今回PTとチョークの磁気結合が心配でした。

Img_1683


PTに100Vを印可して、チョークの両端にどのくらい交流電圧が発生するかをテストしました。

びっくりポンだったのは、上記のレイアウトでは0.154Vも電圧が発生したこと。これでは、完成アンプはハムが出てしまいます。チョークコイルを90度回転させて上の写真のようにすれば0.002Vオーダーに低下するのですが、この向きにすると、シャーシに入りません。メーターが土俵を割ってしまいます。

ついにここで行き詰まってしまいました。上記のレイアウト以外には、レイアウトしようがありません。PT、チョーク、メーターと縦に3個並べる以外にレイアウトがないのです。

メーターをチョークの左横に持ってくると、シャーシをあらたに製作しなければなりません。自作の友さんは嬉しいでしょうが。

Img_1647

このレイアウトでもいいのです。コモドランスをラックス製に変えれば、このレイアウトでもOKですが、もう一度シャーシを作り直して、構想を変更するのも大変です。

メーターは依頼者さんとの約束で必須です。何とか今のシャーシで、メーターを入れることが必要なのです。

ここでずいぶん悩みました。もういちどトランス類や真空管を何度も並び替えて考えてみました。1時間は苦しんでしました。

ふと、メーターを隅っこの位置から、水面を進む船のように、シャーシの真ん中あたりにゆっくり持ってきました。

その瞬間、突然空の雲間から小さな光が差してきました。

おっ、これならすべての条件がクリアできる。PTとチョークの磁気結合も回避できるし、メーターも真ん中で存在感を主張できる。

それがこれです。

Img_1688




Img_1686




これでいいかな。でも少し置いて眺めます。これで自分が納得できるのか、2~3日必要です。

2015年12月19日 (土)

人もビンテージ

「オーディオとともに私もヴィンテージになってしまった」

団塊-28号さんが、ご自身のブログに書かれていました。(勝手に転載してごめんなさい)

とても、重い文章であり、事実を突きつけられた気がします。いやあ、最近年取りました、

目がおぼつかない。歩きながらカバンを持っていても腕が痛くなる。駅の階段が登山のようだ。平坦な道でつまづく。恥ずかしい気持ちが後退して、何を言うのも平気。自分より若い人間の行動に腹が立つ。ちょっとここに置いておこう、が紛失の母である。すぐにやりたいが、そのうちやればいいかな、になった。主語動詞のない発言が増えた。あれあれ、それそれで家族と会話してる。

それでも衰えていないものがある。食欲、性欲、物品欲。

ああ、おそろしい。ビンテージになってるくせに、三欲を実現しようとする。あなおそろしや。犯罪だけは起こさないように、病院のお世話にはならないように、新聞記事にはならないように。

気を付けなくては。

梱包だ

落札されたアンプの梱包をしました。

いつもながら、重たいアンプの場合は大変です。

近くの公民館に行って、段ボールを見繕ってもらってきます。

Img_1673

このアンプともお別れです。畜産農家が、育てた牛を送り出すみたいです。


Img_1674

真空管には、使用者がどのソケットに挿すのか、わかるように
シールを張って番号をかいておきます。



Img_1678

出力管もエアキャップで1本ずつ包装。


Img_1679

今度はアンプをエアキャップでぐるぐる巻きに。

Img_1681

段ボールに入れて、隙間部分をエアキャップで埋めて蓋をしました。

これで、あとはヤマト運輸の林田さんがくるのを待つばかり。

重いアンプは腹筋に力を入れて、持ち上げること。腰でいくと、ギックリになってしまいます。

良しこれで完了。さて次です。

2015年12月18日 (金)

KT88PPオークション終了

昨夜、終了しました。結構な価格で落札されました。その前後で落札されたMC275の価格に迫る勢いでした。

能書きが功を奏したのかも知れません。

またオークションの流れの中で、製作依頼を受けました。納期は4月くらい。

でも月日はあっという間に経ってしまいます。ため息をひとつ。

2015年12月16日 (水)

オークション出品に能書きを

少し焼酎に酔ったので、出品中のオークションの商品説明欄に、そんなに簡単にアンプはできるもんじゃないんだぞ、という気持が昂ぶり、追加説明をくどくどと書きこんでしまったのです。

ああ、しまった。ま、いいか。明日で終了だし。

2015年12月15日 (火)

赤いデジタルマルチメータ

出品中のアンプにはバイアス監視用の簡易テスター/デジタルマルチメータがオマケで付きます。

Tesuta

 

これどこで、いくらで入手したか教えましょう。

知ってる方は、知ってらっしゃるでしょう。

秋葉原ラジオデパートの3F奥のお店です。中国製で段ボールにがさっと入っていました。800円弱だったような。リード線が筺体から直接出ています。

但しAC電圧は、mV単位までは測れなかったと思います。

テスト用の電池が入っていますが、正式な物を買って入れる必要があります。電池は12Vで300円前後です。

段ボールにはなくなったら売り切れ、入荷なしみたいなことが書いてありました。

まだあるかな。

同じものがラジデパ1Fの測定器のお店に1000円で置いてありました。

 もし、秋葉原にお出かけなら、捜してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ウッチーさんの息子さんたちのコンサートもよろしく。

O0480067513503089921

Njh

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Hjki

2015年12月12日 (土)

若き音楽家たち

ブログで仲良くさせていただいている、ジャズサックス奏者のウッチーさん。

彼の息子さんたち、お二人がそれぞれの立場でコンサートに出演されます。

長男のフルート奏者の貴博さん。現在パリに留学中。国際大会でも上位入賞の経歴があり、将来を嘱望されています。

その貴博さんのプロジェクト。若い奏者たちが集まりコンサートを開きます。

全てデュオの演奏です。

日時は12月21日 18:45 めぐろパーシモンホールにて

O0480067513503089921

Njh

そして次男の剛博さん。桐朋学園に通われるチェリストです。

ご自身でアレンジされた、ホルストの「惑星」。さすがにこの学校のチェロのグループの実力はかなりのレベルだそうです。

Hjki

関東近郷にお住まいのかた。是非お時間が合えば、お出かけください。

将来、日本を代表する演奏家になったときに、私は彼らの若かったころの演奏を知っているよ、というのも何だかよいではありませんか。

KT88PPアンプ出品 に関して質問

 出品のブログ記事に対して、コメントで読者の方から質問を受けました。

「はじめまして。ブログを興味深く読ませて頂いています。

オークションを注目しています。

KT88PPで70Wというと、パワフルでジャズ向きというイメージですが、タンノイでクラシックには相性はいかがでしょうか。

クラシックなら三結なんてことを聞きますが、落札できた場合に、ULと三結の切り替えスイッチを付ける改造をお願いできるでしょうか。

よろしくお願いします。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

質問ありがとうございます。

なるべく正確にお答えしたいので、こちらからの質問にお答えいただければ助かります。いくつかあります。

1.使用されているスピーカーはタンノイの何でしょうか。大型と小型で違ってきます。

2.主に鑑賞されているソースはフルオーケストラでしょうか。デュオや小編成も聴かれますか。

3.鑑賞されている環境を教えてください。部屋の大きさと音量のレベル。話し声が聞き取れないくらいの音量なのか。私のように5畳間で、夜間隣の部屋にも聞こえないように家族に気を遣っているレベルなのか。

よろしくお願いいたします。

トニー

KT88PPを出品しました

昨日の11日に、手放したくなかったのですが、オークションに出品しました。

すでにご存じの方も多いと思います。

Img_1666


お化粧にネームプレートを付けました。

 出品のボタンを押して1分以内に、アクセスが3件に。ウオッチリストに1件が登録されました。

アラートの手続きをされているのでしょうが、それにしても早い。ずっと画面をにらんでらっしゃるのでしょうか。業者の方かもしれませんね。

 毎回ウォッチリストに200人~300人程度の方が登録してくださいます。おそらく管球アンプ関連でオークションを見てらっしゃる方の総数がそんなものかも知れません。もっと多いかな。

 このアンプは確かにきれいな音がします。70Wも出るのですが、絞り出し過ぎかも。でも電源トランスの電圧の制約から、それ以下の出力に落としようがないのです。

 私は入札者の方の個々の情報をウォッチしています。どの程度ののめり込み具合の方が落札してくれるのか、いつも楽しみにしています。

入札金額が動くのも、最終日の終了時間の30分前からです。それまでは、価格は気にしないことにしています。それよりもアクセス回数の方が興味深いのです。

さあ、どうなりますでしょうか。

2015年12月11日 (金)

戻ってみるとCCCP

今週は四国の愛媛県川之江からスタート。陸路で一関へ。今日は一関から羽田に戻り、空路で福岡まで戻りました。

最近のパターンとして、出先でオークション落札したものが、帰宅すると届いているというもの。

楽しみだった1625(ロシア製)の4本組。めでたく顔合わせして、コモドランスに引き合わせてびっくり。トラの子のアクロサウンドA431出力トランスも一緒に並べてみたら、決まりました。

男にしか分からぬ、このレイアウトの渋さ。

Img_1662


Img_1663

いかがですか?武骨アンプと比べて。

807buko

コモドランスは武骨トランスよりも上手。もしこのトランス達の組み合わせでアンプを完成させたら、私はこのアンプを手放したくなくなるでしょう。

この最近、作ってすぐに出品せずに、手元で聴いていると、何だか自作アンプ達を手放すのが惜しくなりました。

全部手もとに置いておこうかな。

2015年12月10日 (木)

正ちゃんは

一関でおいしい焼き鳥屋を地元の人に尋ねました。

山平ですよとの答え。ほう、調べて早速行ってみました。駅前でアクセスはよいところです。

Img_1062_3


Img_1061_2


Img_1060

写真が寝たり、起きたりしてごめんなさい。

まあ、おいしい焼き鳥屋さんです。自分の判断では、都会で開店したら、中の上かな。

Img_1052

名物持つ煮込み。量があっておいしい。結構モツのです。横にならぶお酒は関山(カンザン)という一関のお酒。ラベルは(山平:サンペイお店の名前)になっています。

純米吟醸。横に座った男性が、新潟の八海山を瓶でたのんで、私にも振る舞って下さいました。

落ち着いたかんじの方なので、ひょっとするとお医者さんですか、と尋ねると、歯科医師ですとの答え。

私の人を見る目もますます冴えてきてます。

私がお酒を注文するときに「せきやま」を下さいと、言ったら、お店の兄さんが「カンザン」ですねと。「すみません、よく知らなくて、九州からきているものですから」とわざとデカい声を出すのです。数人がピクリとしてこちらを見ます。

「九州はどちらですか」と隣の男性と会話が開始して、八海山を頂くことに。

歯科医さんは、新潟大で勉強され、その時に日本酒のよさ、八海山のすばらしさを知ったとのことでした。新歓コンパで焼酎攻めにあい、ゲロッた私と大違い。

私はベイシーのことを話すと、歯科医さんは娘とカミさんが、貞夫さんやケイコ・リーが来たときは二人してベイシーに行ったけど、普段ジャズなんかきかないくせに、と。

私は、女性はミーハーなとこがありますからねと。今回もベーシーに行けないのです。3回目ですが。

「行く前に必ず電話した方がいいですよ。不定期ですから」

するとカンターの店主が焼き鳥を確認しながら、「正ちゃんは、自分本位だからね」と皮肉まじりに。

こちら一関では、菅原という名前が多いそうです。よって下の名前で呼び合ってるとのこと。店主はベーシーのマスターと同級生のようなかんじでした。

地元のかたがおっしゃるのだから、殿さま商売なのかもしれません。

来ても来なくても構わないよというスタンスなら、私も何だか、無理して行かなくてもいいかなという気持になります。それがお互いさまということ。

そう、あとは成り行き任せ。それでいいのでしょう。3年後にまたチャンスがきたらそのときのことです。

2015年12月 9日 (水)

まあ移動も楽しみにしなくては

四国から、岡山、東京、一ノ関への道中、東京駅で弁当を買いました。

のぞみから、やまびこに乗り換えです。乗り継ぎ時間の合間に東京駅構内で弁当と飲み物を購入。うどんを岡山で食べても、なにがしか食べたくなるものです。魚河岸弁当。このお弁当にはなにも期待していません。

Img_1044

Img_1045

お腹になにかいれればいいという、発想で買いました。お酒のつまみに、おかずをついばみ、適当にご飯も食べて、空腹が終わればいいかなという、お弁当の作り手さんから見れば、冷たい扱い。

でも発見したのは、メインのおかずの鮭は、たれにつけ込んで焼いてあったので、冷たいお弁当にしては、まずまずの味を提供してくれたのでした。

そうこうしているうちに、出発の時間に。私は3人掛けの一番窓側。

 おやおや、間際に入ってきた、若くてきれいな女性2人が私の横の2席に座る模様。お二人とも帽子をかぶっていて、とても優雅。

おじさんが網棚の上を占領してしまっています。うす汚れたカバンと上着。上着を棚から降ろして、「よかったらここに帽子を置いてください」などと話しかけようと考えました。

 でも、やらしいオヤジだと思われるのも嫌だし、押しつけがましいのはやめて黙ってようかなとも。本心を言えば、若い女性は近づいてくれるな、です。

だって嫌じゃないですか。余計な気を使いたくないし。

 結局話し掛けずに、私は買い込んだ食事を自分の業務貫徹でたべることに。若い女性たちも、やがてリラックスできたようで、いろんな話をしています。モデルに見えた女性が、よく聞くと東北なまりでしゃべっています。途中で口を開けて寝ているし、なあんだ、普通の娘さんたちだなと安堵。

 彼女ら、くりこま高原で降りていきました。一ノ関は仙台、古川、くりこま高原の次です。

Img_1047

駅から出て、歓迎してくれたのは正面のホルモン屋さん。

でももう2300時なので、そのまま蔵ホテルへチェックイン。このホテルは大浴場がありがたい。朝食も心がこもっていました。

よし、明日はベイシーがだめなら、それなりに一ノ関を楽しむぞ。

続く





なんたらかんたら弁当を買って、ごめんさい、

2015年12月 8日 (火)

山はどうするものでしょうか

私は今週も、四国の川之江に来ています。午後3時に仕事を終えて、今から陸路で岩手県の一ノ関まで移動して、明日から2日間仕事をして九州に帰ります。

川之江からは関東東北方面への飛行機の便がないのです。よって陸路で8時間移動。腰が壊れそうです。今夜23:00に一ノ関到着、明日は水曜日、木曜には帰路に着きますので、今回もベイシーへ行けません。水曜は定休日です。

2度あることは3度ある。今回で3回目の一ノ関。前回から3年くらい経ってるのかな?まあ仕方ありません。アルテックの神様が大音響でガンガンなっているJBLの音は聴いてはならん、と私に伝えているのでしょう。

店主の菅原さんの「聴く鏡Ⅱ」をせっかく用意したのに。

そんなことを考えながら、電車の窓から景色を眺めていると、海や山が目に入ります。

兵庫県の高砂あたりでは、山がずっと切り取られ、だんだん小さくなっています。土木工事用の石を採取しているのでしょう。新幹線に乗られる方は、この景色をご存じかもしれません。

切り取られるのも山。崩落するのも山。

山という言葉を使った表現はたくさんあります。山はどうするものでしょうか。

山は越えるもの。山は登るもの。山は削りとるもの。山は崩れるもの。山は張るもの。山は眺めるもの。山は撮影するもの。山は車で走り抜けるもの。山は自転車で駆け抜けるもの。山は噴火するもの。山は通うもの。山はあがめ立てるもの。山は恐れるもの。山は動かすもの。山は当てるもの。山は所有するもの。山は伐採するもの。山は植林する物。山は保護するもの。山は神が住むもの。山は妖怪が棲むもの。山は動物がすむもの。山は山菜をとるもの。山はこだまを返すもの。山は愛でるもの。山は・・・。

山は征服するもの。山は雲を頂くもの。山は富士山であること。山は鳥がかようもの。山は・・・。

山は大河の起点であること。山は人に知られたくないことを隠しにいくとこ。山は年寄りを捨てにいくとこ。山は山賊がいるとこ。山は・・・。

もうこの辺が限界です。時間潰しの連想ゲームを岡山駅を出るときに始めたら、新大阪を過ぎて行きました。

2015年12月 7日 (月)

DA30シングル(2015) ② 天板切り出し

今日は寒かったので、塗装はやめて天板のアルミを所定サイズに切り出しました。

側板の上に乗せてみると、やっぱりアンプらしくなります。OPTの向きはこの写真のとおりが有力になります。

Img_1659

真空管たちはデコボコしていますが、落とし込みをしたりで、最終的には3本の高さは同じになります。この写真よりもっと低くなります。

Img_1660

OPTは全面ダークグレイ。チョークコイルは合わせカバーのみダークグレイ。PTは天面カバーのみダークグレイでいこうと考えています。そしてシャーシはライトグレーです。

コモドドラゴントランス改め、コモドランスは今回採用見送り。しかしアサヒ製の旧式のチョークコイルは起用します。結構レトロです。

電流観察用の丸メーターが乗っかりますので、シャーシは前後の奥行きが長くなります。

ラーメン卿さんから、コモドドラゴンズトランスは長いのでコモドランスと短い名前にしては如何かと提案いただき、採用したものです。正式にはコモドドラゴントランスなのですが、コモドドラゴンズトランスとズが入ったのは、ラーメン卿さんが名古屋の方だからでしょうか。

久しぶりにアンプの作業をしました。

今回は結構周囲の方から、DA30シングル楽しみにしてますと声をかけていただいてます。

DA30シングルは実は1年前に製作しています。今回もそう違った回路にはなりませんが、細かな解説を入れながら進めようと思います。

2015年12月 6日 (日)

セールストーク

オークションをよく見る。自作のアンプには目がない。

出来栄えの良い物は、スイッチの位置から、パイロットランプまでのバランスや、デザイン・レイアウトまで、さらにはシャーシ裏の細かいところまで見たい。出来栄えの良くないものは、部品取りの対象として、やはりパーツの型番、傷の具合までじっくり見る。

興味深いのは、作者が直接出品しているケースが少ないということ。自作アンプは、品質的にも自信がないのか、クレームを避けたいのか、作者が自分で出品というのは数少ない。

結果、出品しているのは、まわりまわってそれらのアンプを入手した、第三者が多い。

この第三者には業者もいるようで結構アンプに詳しい人もいる。商品説明がまた結構な内容だ。

曰く 「初段にはEF86を3接にして、直線性の良い部分で動作させているため、歪が少なく・・・」

「位相反転段はやはり、安定して低域から高域までの特性が確保できるムラード型を採用・・・・」「出力段は数ある球の中でも、特に音がよいと言われるEL34を、UL接続で動作させています」

だとか、とにかくことあるごとに、美辞麗句、賞賛の表現が付きまといます。

私もやはり、自分の作品は、高く売りたいのである程度のセールストークは交えますが、とにかくひとつの事柄を説明するたびにに必ず賞賛の言葉がつくのは、それでいいのかなと思うのです。

 管球アンプのことを良く知らないかたは、本当に簡単に信じてしまうからでしょう。

団塊-28号さん、ブログを開設し、この回覧板にもコメントを寄せていただいたことがある方ですが、友人のNさんは、とにかく高価なオーディオを買いたがるそうです。ウ○○ギ製のアンプを100万で買いたいんだが、とかやはり、言葉に乗せられやすいかたなんでしょう。団塊-28号さんは「やめとけ」と諫めたそうです。

オークションに戻ります。先般、RCAだかの6L6Gが出品されていました。出品者はやはりビジネストークがうまい人でした。電極の構造から、カーボンスートがどうたらこうたらとか、かなり詳しそうな口ぶりでした。

 続けて読んでいくと、終わりのあたりで、「マッキンのMC240に挿すと、格別な音がすることでしょう」とあったので、これはまずいと思い、コメントしようと思いました。

MC240はUL接続で出力管6L6GCのスクリーングリッドには400V程度かかっていると思います。そこに6L6Gを挿すと、球の寿命が短くなってしまいます。もう何度もお話ししていますが、6L6Gのスクリーングリッドは270Vまでが許容範囲です。挿してしばらくはガマンして働くでしょうが1週間以内でだめになるでしょう。出品者は球の規格を知らない方でした。

コメント欄に入力しようとするとNG。はじかれました。私は出品者のブラックリストに載っているそうです。たぶん以前にも、この出品者に商品説明がおかしかったので、コメントしたような記憶があります。

しょうがないですね。何も知らない落札者が、6L6GをMC240のソケットにねじ込まないことを祈るばかりです。

2015年12月 5日 (土)

真空管式歪率計

実はジャンクの歪率計を入手した。

信和通信機製の管球式のもの。

Photo

手もとに届くまでは、きっとしっかり動作してくれるに違いないと信じていた。

SWを入れてすぐに、発振器の信号を入れてみた。私の発振器は出力7.7V。

おお、電圧測定レンジにすると、なんとなくその辺の値を示している。

 ところが、だんだん暖まってくると、針がどんどん左の方へ移動していく。ついには0Vになってしまった。

何でだろう。コンデンサの容量抜けかな。

 気を取り直して、歪を測ってみた。私の発振器の歪は0.01%以下。

この機械は0.3%を示したまま。いくら微調整してもこれが限界。

Amemearyimg400x6001445128522ciomj33

なるほど、ジャンクだ。でも中身を見ると、新品と見まごうほどの、きれいなパーツが付いている。全然手も加えられてないようだ。

この正面の面構えと、ケースがなかなかいい。

メーターは額が一カ所割れている。そういえば手もとに、歪率計に使われていた1.5級のメーターを持っている。

この機械、中身を取り出してまるっきり違う回路で、歪率計を組んでみようかな。

この電源トランスは、6X4で整流できるような端子が出てるし、イコライザやプリにもってこいだ。

手もとに、オペアンプを使った、ブリッジドT型のフィルターのパーツがある。これで組んでみようかな。

まてよ、以前製作した49Bと全く同じものをこのケースに組むのも悪くない。なにしろ1台作った経験があるので、怖くない。但し前回は49才のときの作品だ。もう自分は57才になってる。8年経ったのか。早いなあ。

細かな作業ができるだろうか。200個近いパーツを実装したのを覚えている。でも完成したら、49Bよりケースもメーターも大きいので使いやすいだろう。来年考えよう。

などといいながら、実は高精度(誤差1%)のコンデンサを、かき集めている。

来年やってみよう。

2015年12月 3日 (木)

いかん、またやってしまった。



何度同じことを繰り返すのだろうか。自分がいやになってしまうのです。

こんなものを落札してしまったのです。

16251


16252

何でしょう。807ではありません。1625という、807同等、ピン数とヒーター電圧違いの真空管です。

安かったのです。4本で4100円。

なぜなら、CCCP(=ロシア)製だから。でも軍用に作られたロシア製は迫力のある音がすると聴いたことがあるし、入札中は絶対いい音がするに違いないと思考をFixしていたのです。

この球を入手したかったのはひとえに、これ。

Photo

そう、このコモドドラゴントランス(発音しにくい)と組み合わせるには、この807系しかないと考えたからです。

ロシアとコモドドラゴンがこの日本で徒党を組み、ひとつの成果を披露する。

震えてきそうじゃありませんか。

「スカジーチェ・パジアルスタ?」 「グワーーッ!」の

コールアンドレスポンスの繰り返し。勇ましいじゃありませんか。

まだ、CCCP1625が手元に来てないので、両者を並べた画像はありません。

よって、合成的ではありますが、両者の写真を並べてみます。

Photo_2
16251_2

全然ならんでるように、見えないじゃありませんか。

早く来い、CCCP。お前たちに残りわずかな白い帽子をかぶせてやる。

ところが最大の問題があります。こいつらにピッタリのOPTがないのです。

 もう手持ちで大きいOPTは底を着き、何とか使えそうなのはサンスイH-15-8という役不足の中型OPT。

つりあわん。なんとかデザインでカバーするしかないのだろうか。

もう一回段ボールの箱を開けて、OPTを捜してみよう。たぶん無さそうだけど。



2015年12月 2日 (水)

墓場鬼太郎

小学校の3年生のとき、友達から漫画の単行本を借りた。

表紙はカラーの光沢のある紙に主人公の姿、顔が描かれていた。

本は「墓場鬼太郎」だった。

中のページも読んでみたが、モノクロでなにしろ、「あっ、墓のなかから赤ん坊が・・」という吹き出しのセリフとともに、暗くよどんだ画風で、とても馴染めなかった。

途中でほうり投げて、その日はもう終わり。夜、布団の中に入ったはいいが、寝付かれない。

どうにも漫画の本の方が気になる。あの鮮烈で怖い主人公の顔の表紙が思い出され、本がおいてある方がとても気になる。本から何かの光線が発せられているような気がしたのだ。

なかなか寝付かれず、悶々としていた記憶がある。

 それが私と水木しげるの妖怪漫画との出会いだ。何年かたち、私も学生になった。水木しげるは戦争で南洋の島で敵の襲撃に遭い、片腕をなくしていることを知った。

さぞかし、戦争を恨んでいるのではないかと考えたが、どうもあからさまに、反戦活動をしているわけでもない。

漫画の授賞式などのパーティーでのことが雑誌の記事に書いてあった。立食パーティーなので当然、参加者は左手に皿を持ち、右手で食べる。

水木しげるは、左腕がないので皿はテーブルに置いたまま食べる。もちろん箸をもって右手で食べるのであるが、箸をいちいち高いところまで、持ち上げて口にいれるのが面倒くさいがために、彼は顔を皿に近づけ、つまり体を曲げて顔をテーブル上の皿に近づけ、がむしゃらに食べたそうだ。

全然まわりを気にせず、食べたいから自分のやり方で食べる。そんな人だったそうだ。

 水木しげるさんが、戦争に対してどんな意見をもっていたのか、ご自身は明確には口にしなかったが、彼の作品を読めばよくわかる。

戦争や軍隊の不条理さ、人間の弱さ。組織内でしかるべき立場や任務を与えられた人間の弱さ。つまり上官という立場が、本来の人間性を失い、組織の中で、自己の責任を全うすることのみを優先してしまい、納得できない命令を下し、敵や仲間を殺しても平気になってしまうという、人間本来の知性や優しさが消え去ってしまう麻痺した状況。

彼の戦争ものの漫画をよく読んで欲しいのです。作品の根底には、人が人を殺すことに対する、動かしがたい批判精神が貫かれていることが分かります。

鬼太郎は人間を脅かす妖怪と闘います。なんで人間の味方をするのだと妖怪たちは鬼太郎を叱責します。人間こそが我々を攻撃し、傷つけているのだと主張します。

鬼太郎は、悩みながらもこう答えます。人間は皆悪い人ばかりじゃない。お前たち妖怪のことを、よく理解している人の方が大多数だと。

妖怪を痛めつけようとする、ごく少数の利己的な人間たちは、確かに存在し、彼らが過ちに気づいてくれればことは解決するのだと。

 この鬼太郎の主張は、現在の複雑化した社会状況にも、符合していると考えるのです。善悪は立場を変えれば逆転し、何をどういう尺度で考えるべきかが問われています。重要なのは話し合いだと思います。話し合うことを無視して無理やり強行することはファシズムです。

私は妖怪百科事典を持っています。私は彼らを憎めないのです。人間のエゴやゆがんだ愛情や強烈な執着心が、妖怪に姿を変えていると考えれば、納得がいくのです。

いちばん好きな妖怪は「ぬらりひょん」です。生き様がひょうひょうとしてカッコイイ。死んでるのかな?「ぶるぶる」も味があります。ひっそりと自分の存在を人に知らせています。

水木しげるさん、安らかにお眠り下さい。今までのことに深く感謝します。

昔の電源トランスを命名しました。

この電源トランスは、武骨よりも古くてすごい。

なかなかニックネームが決まりませんでしたが、今日やっと決めました。

よく姿を見てください。

前後にながく、シッポが伸びています。

Img_1638

前足、後ろ足がしっかりと床を踏みしめています。

Img_1637

黑くて、いかつくて、強そうです。

Img_1636

私はこの姿から、ある動物を想像しました。

それはズバリ、南海の島に住む、コモドドラゴンです。

よってこの電源トランスは「コモドトランス」と呼ぶことにします。

いかがですか、コモドトランス。ちょっと違いますか。

 許してください。コモドでいくことを。

2015年12月 1日 (火)

シワースだなあ

ボカぁ毎年12月になると、いつもシワースなんだ。

 そんなことより、昨日マイナンバーが届いたらしい。届いたらしいというのは、現在出張で阿波池田にいるから。

マイナンバーの目的がわかりますか。国民の納税状況管理が便利になるから?
違いますね。近頃大手企業の要請によって国は派遣法をまた改悪しました。まあ献金してもらってるからね。

これじゃ永久に若者は派遣地獄から抜け出せません。非正規雇用なので、当然収入は減り、国庫への税収も減ります。おまけに既婚者も減り、人口も減ってます。

派遣法で内部留保金がはちきれんばかりに膨らんでいる大手企業には納税額を減らすんですと。なんか狂ってますね。

それで、国庫への税収減を穴埋めするために、国民から取りそびれている税金をしっかり取り立て、ケツの毛までむしり取ろうってのが、マイナンバーなんですね。

個人の預貯金を隅から隅まで、把握管理してやろうって魂胆です。

 そのためには、情報セキュリティの観点から、無茶苦茶リスクの高い、田舎の行政や(アルバイトのおばちゃんあちこちで人の個人情報を漏らしてます)、郵便配達員まで(配達ミスが0なんてありえません)重要な個人情報を扱わせようという考え。

官僚とそれに任せているバカな政治家の考えそうなことです。

非常にくだらないので、私はどこから要求されてもマイナンバーは開示しません。これ開示しなくてもよいと、お役所の説明にもそう書いてありますから心配無用です。

ほんとうに頭に来てます。今に見てろ。今年流行語大賞を取り損ねましたが

「アベ政治を許さない」

あの政治家のせいで知り合いの阿部誠司君が迷惑してます。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ