« エージング | トップページ | 音量差 »

2015年11月 5日 (木)

真空管試験機は

手もとにありません。

一時期、欲しくなってオークションで監視していたことがあります。

 原理として、「グリッドを全て接続して、どのくらい電流が流れるのか」と「実際にgmを測定する方法」などがあるようです。

 そして入手した後のことをシミュレーションしてみました。数字を極端に気にする私は、例えばGOODの領域でもぎりぎり入っているものと、余裕で入っているものを考えると、余裕の物しか使わなくなってしまうと思います。

たくさん持っていても、限られたものしか使わない。→ 物入れに不動在庫がたまるだけ。

ということで、球の素性は知らない方がいいだろうと。

ましてgmが素晴らしくても、実機でノイズを盛大に発生させるものも、もちろんあります。

なので、真空管試験機はおそらく所有しないと思います。

« エージング | トップページ | 音量差 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

いなさん、興味深いお話をありがとうございます。とても参考になりました。
 世の中に真空管アンプを自作する人はいますが、全国で数千人程度でしょうか。1万人はいないと思います。
 さらに製作後測定する人はその四分の一から五分の一程度でしょうか。
 さらにさらに、真空管自体の測定をする人は世の中に千人いるでしょうか。
 アンプを作らなくても球の商売に関係している方は測定しているかもしれません。それでもそう多くはないと思います。
 これらの数字は私の勝手な想像です。真実は大きく違っていることもあるかもしれません。

運よく生産工場から流通・実使用の段階まで、同じLOTの仲間と一緒に移動してきた球たちが、好事家により測定されて、寸分たがわぬグループだと感嘆されることもあるでしょう。これは測定しないともちろん分からないこと。
 同好の方達で蘊蓄を語るときは、それぞれの数奇な経験の報告会となるのでしょうね。真空管が好きでたまらない方達。
 私はそこまで踏み込む勇気がない、といえばうそになりますね。そこまで自分が全て測定し管理する、という発想がなかったのです。

 球及びディーラーのいい加減さも知っているつもりですし、鳴ればよし、調子が落ちると交換でとどめているのです。
 試験機にノイズ検出機能があれば、すぐに買うつもりですが。

 いなさんはHPやブログは持ってらっしゃるのでしょうか。もしそうなら、お知らせください。

実際にアンプの歪率を測ってみないと分からないことがあるのと同じように、実際に球のgmやIpやエミッションを測ってみないと分からない(気づかない)こともたくさんあります。

例えば、ヤフオクで入手した東芝6005(6AQ5W)の中古抜き球20本を測定したところ、全てのgm・Ipが測定誤差程度で一致していてペア取りすら不要だった、この球は実はとんでもない隠れ名球かも知れない!・・・なんてことは自分で実際に測ってみなければ絶対に気づけません。

また逆に、各社の12AX7を何十本・何百本も測定してバラツキを目の当たりにすれば、某ショップの謳う「双極マッチ」なるものが如何に現実離れした存在なのかも確信出来ます。
恐らく、自己バイアスでIpだけ見てマッチングとか、またはTV-7でIpは見ずにgmだけでマッチングとかと言っているのでしょう。

こういう薀蓄話が、球を測定すればするだけ湧き上がってきます。
12AT7は新品でもgmが棄却値以下の物が結構多いとか、12BH7Aは新品は大丈夫でも中古はことごとくgm低下しているから手を出すなとか、50ナスの中古は意外と安全だけど45ナスの中古はかなり危険だとか・・・。
(嘘が混じっているかもしれませんので盲信されませんように)

そういうことまで知りたい、気になるという方は真空管試験機を入手すべきですし、そういう話に興味がなければ入手の必要もありません。
私の場合は30年近く前に試験機の廃棄品を入手し、過去に2~3000本位の球を測定しています。試験機無しのオーディオライフ(というか真空管ライフ)はちょっと考えられません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/62367273

この記事へのトラックバック一覧です: 真空管試験機は:

« エージング | トップページ | 音量差 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ