« 真空管試験機は | トップページ | 声明文 »

2015年11月 7日 (土)

音量差

プリアンプを触っていて思うのは、CDプレーヤとアナログカートリッジからの音量差の激しいこと。

前者の再生時、我が家のプリは7時の位置から、時計方向へ3クリック回して概略8時半の位置で十分な音量となる。

後者はぐっとボリュームを回す必要が在る。11時の位置だ。

CDの入力にVRを入れようかと考えたことがある。でもプリにそのスペースがない。

現在のイコライザは6DJ8を1本で構成したCR型。双三極管2つの間にイコライザ素子が挟まれている形。

これをSRPPにしてもう1本6DJ8を追加することも考えた。単段増幅とSRPPでは約1.5倍に増幅度が増える。これが2本なら2.25倍。約7dBの増加となる。

でも7dBでも追いつかない。

しかも、プリに穴を追加工して、再度配線し直すのは、大変な労力。

昔なら勢いでやってしまったかも知れないが。よって前者のVRの追加が現実味を帯びる。これなら金具を使えば、プリの追加工はφ3穴が2個で済むかも。

いつかやらなきゃね。

« 真空管試験機は | トップページ | 声明文 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/62400439

この記事へのトラックバック一覧です: 音量差:

« 真空管試験機は | トップページ | 声明文 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ