« 灯を灯したら | トップページ | 807武骨アンプ さあ今日から配線 »

2015年8月22日 (土)

SNS

大阪寝屋川市の、男女中学生行方不明の事件は痛ましい結果となった。

この2人の中学生は、自分たちの姿をYOUTUBEにアップしていたという。行動が赤の他人にも把握されてしまう。

一方の犯人の45歳の男は、複数犯の可能性に言及しているようだ。

だとしたら、それほど親しくもない者同士が、SNSで連絡を取り合い、幼い中学生の命を弄ぼうと合流して、犯行に及んだことも想定される。

被害者も、加害者もSNSを利用することにより、それぞれが被害者となり、加害者となったということだろうか。

ご両親は携帯を持たせておけば、居場所も分かるし安心していたのではないか。これもSNSへの過信だと思う。

しかし、女の子は3日間、自宅に帰らなかったこともあるという。子供が心配ではないのだろうか。

報道では加害者への非難、叱責がきびしいが、保護者にはそれが及ばない。確かに殺人は犯人が一番悪いのだが、そんなリスクの中にわが子を、置いてしまう保護者に責任が無いとは言えない。

もし被害に合った二人が、被害に遭わずにそのまま大人になったときに、彼らが彼らの子供たちをどう育てていくのかを想像すると、やるせなさを覚える。

« 灯を灯したら | トップページ | 807武骨アンプ さあ今日から配線 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/61277970

この記事へのトラックバック一覧です: SNS:

« 灯を灯したら | トップページ | 807武骨アンプ さあ今日から配線 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ