« ビンテージサウンド | トップページ | 807武骨アンプ ⑰ B電圧出ました »

2015年8月13日 (木)

807武骨アンプ ⑯ 作業台に乗ってます

外は暑かったり、雨が降ったり。

KT88のシャーシ加工は置いといて、思い立って武骨をひっくり返して、作業台に乗せました。

Img_1396

ヒーター配線からスタート。このように2本のコードを同じ角度で開いたまま、ねじっていきます。角度がおかしいと、完成形が以前からいってるように、木にヘビが巻き付いた格好になってしまいます。

Img_1397

うまく行くとこのとおり。自慢する訳ではありませんが、ねじり形状が均一に続くように。実はこのコードはとても加工しやいのです。



Img_1399

B電源なぞも手を着けました。


Img_1400

武骨は重たいので、逆さのまま球を挿して、点火しました。問題なく点灯してくれました。今はひっくり返ってますので、ツコブでしょうか。


Img_1391

おっと、つい悪い癖で、違うアンプのこともあれこれ考えてしまいました。これは56-6ZP1-12F シングルステレオアンプです。大昔のシャーシ・ケースに組みます。でも完成はいつになるかわかりません。

こういった、アイデアだけアンプが5台くらいあります。

この休み中にツコブは鳴らしたいのですが。

« ビンテージサウンド | トップページ | 807武骨アンプ ⑰ B電圧出ました »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

KAORUさんこんにちは。毎日暑いですね。先般オークションにサンスイのOPTを出品されてるのを見ました。参考実装例として自作アンプの写真も出ていましたね。入札効果があったのではないでしょうか。
 私のレイアウトを褒めてくださる方は、同じように悩んでいる方で、仲間意識が湧いてきます。

 タムラのPC171とは羨ましいですね。最近とんと見かけません。
 OY-15型のトランスと並べると、カチッとしたデザインになると思います。チョークも角形でしょうね。次のアンプはシングルですね。ここは一丁ヨーロッパ管はいかがでしょうか。高くなってますけどね。
ここはデザインで悩んで下さい。私は通常5種類くらいが候補にあがり、最後に2つ残り、どちらかになります。決まっても細部がチョコチョコ変更になったりします。
 色のついたアルミは、私は購入したことがないのです。いつもホームセンターで買って塗装しています。2~3軒回ると、こっちが200円安いとかわかってきます。

トニーさんこんにちは、連日暑いですね。

内部の配置、何時見ても感動ものです。
小物パーツ、サブシャーシをうまく使っているし
得るところ、多々あります、ありがとうございます。

私も基本は朋締めで天板に不用意に穴を開けないがモ
ットーです。
PT,OPTトランスは、箱型のタムラ方式が好きですが
このブコツPTは別格です。
チョークも同じような作りで、マッチしている。
山水のエンブレムが力強いエンブレムがあるとないと
では、イメージがかなり違うようです。

最近、運よくLUXのOY-15シリーズのシングルの
G6861を手に入れました。
LUXが300Bシングル用に開発した物で、低域の再現性が優れている様です。
PTは、タムラのPC-171で(浅野さんが3C33PPに使用していた)トランスです。
整流管はチョークの左とか、あれこれ配値を模索中です。「はやく造りなさい」と天から声が聴こえる暑さ
ボケでしょうか?(笑)

天板シャーシが無くなりました。シルバーかゴールド
塗装不要の物です。ご存知でしたら教えて頂ければ幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/61161130

この記事へのトラックバック一覧です: 807武骨アンプ ⑯ 作業台に乗ってます:

« ビンテージサウンド | トップページ | 807武骨アンプ ⑰ B電圧出ました »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ