« 807武骨アンプ ⑱ 実態配線図 | トップページ | 直熱出力管 »

2015年8月16日 (日)

807武骨アンプ ⑲ 出力段まわりまで完了

今回は固定バイアス用のVRを出力管のそばに持ってきました。その影響で出力管のソケット周りの実装にやや手こずりました。

スクリーングリッド用の定電圧回路、OPT、出力管まわり、固定バイアス回路まで終了。

何度もチェックして、間違ってないようなので、SW-ON。スライダックで徐々に電圧をあげて、次に807の電流を45mAに調整してみました。

このときプレート電圧445V、スクリーングリッド電圧312Vでした。スクリーングリッド電圧は最小に調整して312V。本当は300Vにしたいので、一部抵抗値を変更する予定です。

Img_1414


なんとか、規定通りの電圧がでました。武骨なサンスイの電源トランスは350Vをダイオード両波整流して445V。あまり余裕がないようです。480V位はでるだろうと踏んでいたのですが。ブコツアンプは大きな出力は取れないかもしれません。ただこのサンスイのPH-88というトランスは807PP用と昔のカタログに書いてあり、嬉しくなったのです。

そうそう、OPTも半世紀以上前の物ですが、半田付けあともなく、本当に長期新古品でした。でも片方の天面の一部コーナーが窪んでいます。まあ、歴史を経て、この世に登場したわけで、遅ればせながら活躍させてやろうと思います。

大阪・富田林生まれのチョークコイルも生きていました。とても嬉しくなりました。


Img_1413

悲しいこともありました。バイアス監視用にテスターのリード棒を挿し込んでいましたが、テスターが台から床に転落したときに、リード棒が折れてしまいました。弱いなあサンワテスターは。

このとき、残留のノイズは、電源に遠い方が0.2mV、近い方が0.5mVでした。まあいつも、こんなものですね。

あとは前段、初段。休み中は無理でした。日曜から移動で、長崎、静岡と出かけます。勝負は週末です。

« 807武骨アンプ ⑱ 実態配線図 | トップページ | 直熱出力管 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/61189398

この記事へのトラックバック一覧です: 807武骨アンプ ⑲ 出力段まわりまで完了:

« 807武骨アンプ ⑱ 実態配線図 | トップページ | 直熱出力管 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ