« 807武骨アンプ ① シャーシ加工進みました | トップページ | 807武骨アンプ ② 塗装前まで »

2015年6月11日 (木)

新型管

タンソルの新設計の大型出力管。

この最近でも新しく真空管が何種類か開発されています。

Kt150

これがKT150。最近のMJでもシングルアンプにとりあげられています。

ラグビーボールのようだ、との表現がありました。

 私はラグビーボールよりも座薬をイメージしてしまいます。

ううむ。電極支持用の上のマイカの少し上、あたりで肩をいからせて欲しかったですね。

フォルムの設計はCADを使って、何通りも簡単にできるはずなので、10種くらいの形状を検討して欲しかったのです。

でも実際には、それをやった上で、この形に決定したのかも。

 大きくて、透明な、工業製品のような座薬。気に入った方もいらっしゃるのかもしれません。

« 807武骨アンプ ① シャーシ加工進みました | トップページ | 807武骨アンプ ② 塗装前まで »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

ラーメン卿さま。実力はスゴイのでしようが、この球は見た目で損をしていますね。最近は集めたい球も減りました。
嘗ては807も20本近く持っていましたが、出番がなく、売り払ってしまったのですが、最近また必要になり、集め始めたという変な現象になつています。安くて味のある球をこっそり集めたいものです。

トニーさん こんばんは。私も最近、この球の存在を知りました。球収集欲が衰えたせいでしょうか。以前なら、直ぐ飛びついて購入したと思いますが、これは球としての魅力が今一のようで見送っています。でも、生産中止になると、あのとき手に入れておけば、なんて思うのですけどね。ホントに、"〇にはボラ〇ノール"の座薬そっくりで、意外なところでトニーさんの感性というか本領発揮でビックリです!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/60345404

この記事へのトラックバック一覧です: 新型管:

« 807武骨アンプ ① シャーシ加工進みました | トップページ | 807武骨アンプ ② 塗装前まで »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ