« 807武骨アンプ ⑨ インスタントレタリング完了 | トップページ | 習うよりやってみることが大事 »

2015年6月22日 (月)

807武骨アンプ ⑩ 仮組み

インレタ終了後、仮組しました。これが最終の姿になります。

パワートランスの天面プレートに、シールを貼ってお化粧をしました。

元々ここには、オリジナルの銘板が貼ってあったのですが、ガタガタのキズだらけで、文字も見えない部分がありました。電源トランスはアンプの正面に持ってきているので、やや見栄えに問題がありました。

そこで、メーカー名と型番を表示したシールを作ってアルミ板に貼ったのです。

Img_1322

Img_1323


Img_1324

まあ、なんとか様になりました。早く、電源トランスの固いリード線を、シャーシ内に入れてやりたいのです。チョークコイルのプレートも作ってやります。

チョークは1999年に倒産した、大阪府富田林市にあった、三岡電機の製品です。これも三岡電機の名前をプレートに入れてやろうと思っています。

この会社は歴史も古く、テレビを作ったり、たくさんの特許を申請したりと、世の中の発展に貢献した企業なのです。

遺産であるチョークコイルには、堂々と社名を入れてやろうと思います。

配線開始は来週末、ころからになります。7月前に完成できるかどうか、といったところです。

« 807武骨アンプ ⑨ インスタントレタリング完了 | トップページ | 習うよりやってみることが大事 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/60472404

この記事へのトラックバック一覧です: 807武骨アンプ ⑩ 仮組み:

« 807武骨アンプ ⑨ インスタントレタリング完了 | トップページ | 習うよりやってみることが大事 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ