« 橋下氏 | トップページ | MCヘッドアンプの作り方 »

2015年5月18日 (月)

アナログ 改革 第二弾 MCヘッドアンプ製作 完了

今日の午後、基板の製作に着手。実は今週入っていた仕事が、顧客都合で飛んでしまいました。松山に行くはずが暇になったのです。

こうなったらアンプ一台作って、オークションにでも出品しようかと、少しやけになっています。そんな邪念で作ってもいいものはできないのです。

さて、電源とアンプ基板を作って、ケースに組み込みました。何も入力せずに出力段のノイズをみると0.2mV。まずまずです。

Img_1246


Img_1249

これがアンプ部。前回失敗した回路の基板と同じサイズ。同じ穴位置、同じ端子位置です。


Img_1253_2

電源基板。実は今回ミスしました。マイナス側の電圧がでません。もしやと思って調べたら、マイナス側の三端子レギュレータの足の配置は、プラス側と違っていました。私は確認もせずに同じだろうと思い込んでいたのです。配線し直しでOKになりました。これで±15Vが出ました。

Img_1254

よしっと、ヘッドアンプをシステムに投入。プリアンプの横のスペースに縦に突っ込んでいます。

満を持して、SW-ON。

雑音は出ません。まだ音がはっきりしません。30分程度聞き続けました。

音がこなれたころに鳴り方を分析してみました。

1.悪くない。一聴してMC昇圧トランスと大きく変わらない音。

2.トランスに比較して、柔らかさや潤い感は減退するが、周波数特性が広 

 がった印象。

3.情報量が多く、少しタイト。押し出しは強い。バスドラの鳴り方は密度を感 じる。ハイエンドのような印象です。

アナログでないような、CDを聞いている感じになります。しかし、個別の音に注意すると、確かにアナログの音です。極端に言えばCDのぶつ切りのような印象ではなく、細部がよく見通せます。

私の考えはもう、トランスからヘッドアンプに全面切り替えを行う方向です。

このアンプ、ケースなど安価なものを使うと、3千円から4千円でできてしまいます。使用しているオペアンプは1個100円前後です。なんて安いのでしょう。

もう高価なファインメットトランスなど不要です。こうなったらオペアンプを買い揃えて、次から次に聴いてみたくなります。

バーブラウンの音が良いといわれるOPA2604Aでも300円です。よしこうなったら、ウッチーさんの申し出どおり、たくさん集めて、比較試聴します。

何しろ、現在はNJM5532DD、1個の音しか聴いていません。ほんとうに、他のものはもっといい音がするのでしょうか。なんだか楽しくなってきました。

Img_1256

このレコード、31年前に買ったものです。リッチー・コールも若かった。SIDE TWO の2曲目の ”TANGERINE”。

途中で手拍子あるいは指の音で、合いの手が入ります。当時意識してきいていませんでしたが、今日はっきり分かりました。指を鳴らしている音です。しかも4人から5人であることが分りました。

おもしろいですね。早速オペアンプを注文します。比較試聴記は必ずアップします。

これにてアナログ改革は終了です。トーンアーム、カートリッジ、MCヘッドアンプと改良しました。

これはずっと前からやりたかったこと。いえば「PROJECT3」です。

1はJBLとALTECのドライバー比較、2は300Bからしっかりした低音、そして今回の3はアナログ改革。

残りは、管球プリメインアンプの製作、薄型プリ(VU付き)と続きます。

今回火傷を1回やりました。

« 橋下氏 | トップページ | MCヘッドアンプの作り方 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

ウッチーさんこんばんは。また池袋のバーに行きたいですね。
 1回路素子でチャンネルセパレーションを向上させる。面白そうですね。効果が私の駄耳に分かるでしょうか。双極管の12AT7を1本で左右の入力段に割り振ることをよくやります。左右別々で入力段をあつらえることもあります。
 でもチャンネルセパレーションの差は分からないのです。
2個使いにしてもオペアンプが1個増えるだけで、基板の大きさは変わらないでしょうね。

電源電圧を上げることは効果がありそうです。力強くなりそうです。さらに情報量が増えるでしょう。

ディスクリートでの安定化電源はどうなるのでしょうか。よくわかりません。やってみないと。
でもいろいろやってると、ヘッドアンプばかりが増えそうです。まてよ基板交換のみでやればいいのかな。

470KΩは付けましたよ。オープン・ショートの事故対策で。

ウッチーさんも4番艦を作ってください。

トニーさんこんばんは。いやぁ、色々やっていただきありがとうございます。知り合いが記事の追試をレポートしてくれるなんて私は果報者です。しかも自作オーディオの大先輩がやってくれるのですから。

あのぉー、例えばですね。5532系はデュアルなのでステレオで使えますが5534系はシングルなので2個使ってセパレーションを向上させるとか、(5534は増幅率3以下で発振しますが音色は5532より良いそうです)OPA2604のシングル版のOPA604を同じ様に使ってみるとか……。

電源を±15から±18にする(OPAを使うなら±24)とか、レギュレーターを使わずディスクリートで安定化電源を作るとか面白いと思うのですが……どうでしょうか?

それと質問ですが0.47μFと10kΩの後470kΩでアースに落としたのですか?リッチー・コールのタンジェリンをお持ちでしたか。私は紛失してしまいました。見つけたら又買おうかどうか迷っています。人には金使わせるくせに財布の紐の硬い私でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/60046813

この記事へのトラックバック一覧です: アナログ 改革 第二弾 MCヘッドアンプ製作 完了:

« 橋下氏 | トップページ | MCヘッドアンプの作り方 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ