« MCヘッドアンプ/オペアンプの出力インピーダンス | トップページ | 橋下氏 »

2015年5月17日 (日)

MCヘッドアンプ 再び

昨日から、トランス、基板の取り替えに着手。

Img_1230

新しい15V-0-15Vのトランスに、前回の銅箔巻き付けのショートリングを取り付け直しました。


Img_1236

今度のトランスは、端子の引き出し位置がちがいます。ノイズキラーを底面に這わせるようにつけました。

Img_1237

今回は、プラスと、マイナスのそれぞれに15Vが必要です。三端子レギュレータも2個必要。これは放熱器を自作したところです。実際の回路の電流は数十ミリアンペアしか流れませんので、大きな放熱器は不要。1.5厚みのアルミで細工しました。

Img_1238

Img_1240

これが、三端子レギュレータ用のパーツです。

Img_1242

出来上がり。プラス側の方に赤丸シートを目印に、貼りました。

Img_1244

回路基板にパーツを挿してみました。ピンボケですみません。赤いコンデンサはOPアンプ発振止めに電源端子からアースの間に入れます。0.1µF。

Img_1245

こちらも挿し込んだだけの電源基板です。

今夜パターンを考えながら、配線していきます。実は心の中で決めていることがあります。

もし鳴らしてみて、自分の希望するレベルの音が出なかった場合。例えばオペアンプの変更で、まだ音が向上する可能性が感じられるなら、更に試していきます。

残念ながら、最初から音が硬かったり、ラジカセと同じ傾向の音なら、このMCヘッドアンプは手放します。

なにごとも自分で聴いてみないと、結論は安易に下せません。

« MCヘッドアンプ/オペアンプの出力インピーダンス | トップページ | 橋下氏 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

ウッチーさんこんばんは。ヘッドアンプの音って全体の音の何パーセント程度影響しているのでしょうか。
 不思議でなりません。音のながれは、カートリッジ、ヘッドアンプ、イコライザ、フラットアンプ、チャンネルデバイダ、パワーアンプ、スピーカーと何度も増幅段や変換装置を通っていきます。
 ヘッドアンプよりパワーアンプの球を変えたほうが、音が劇的に変わるぞとか、これは一例ですが、最近なにが影響しているのか、悩みはじめています。
 まあ、カット&トライで、都度の取組になるのでしょうね。
 4番艦、CR型イコライザですね。うちのイコライザも最近は、FRの音が通るようになり絶好調です。是非、製作ください。

トニーさんこんばんは。

行動力のあるトニーさんの事ですから素早くやってくれるだろうと思っておりましたがさすがの行動力です。感謝致します。

私の経験ではNJM5532DDとNE5532Aではやはり少し音色に違いがあります。ですからOPA2604APの他にOPA2134PAやMUSES8820Dも是非試してみて下さい。(勝手なお願いですが)

今、私が使っているオペアンプのフォノイコライザーはNE5532AですがOPA等も使ってみようかなとも思っております。でも、それより4番艦ですよね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/60033933

この記事へのトラックバック一覧です: MCヘッドアンプ 再び:

« MCヘッドアンプ/オペアンプの出力インピーダンス | トップページ | 橋下氏 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ