« 読者の方が作ったアンプ その 8 | トップページ | 隙間のこだわり »

2015年5月31日 (日)

807武骨アンプ スタート前夜

30日に自作の友さんからシャーシフレームが届きました。

天板をのせて、トランス、807達を乗せました。

Img_1278

おーなるほど。

Img_1277

うーむ。

Img_1279

なんとも、硬派というか、武骨なルックスです。主役が完全に電源トランスになっています。

この電源トランスの仕様から、プレート電圧500V、スクリーングリッドは250Vとして回路はAB2級で45W+45W程度になろうかと。

この出力トランスはタムラ製で特注のようです。2次側のインピーダンスは15Ω、20Ω、25Ω、30Ω~40Ωまでの端子が出ています。ということは16Ωしか使えないということ。一次側は3.4KΩの負荷インピーダンス。UL端子はありません。

でかくてカタログ品のF783よりも一回り大きくて、60~70W容量はありそうです。

周りの方がたがアンプを作られてますから、何だか触発されてやる気が湧いてきました。

このレイアウト、変更の可能性20%です。もうしばらく眺めてみます。

« 読者の方が作ったアンプ その 8 | トップページ | 隙間のこだわり »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/60196141

この記事へのトラックバック一覧です: 807武骨アンプ スタート前夜:

« 読者の方が作ったアンプ その 8 | トップページ | 隙間のこだわり »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ