« 50万 | トップページ | 6L6GC 3種 比較試聴 »

2015年4月28日 (火)

SACD初体験

仕事の合間にTSUTAYAに行ってみた。中古本コーナーにいくと、今までなかった中古本のジャンル分けカテゴリーに「オーディオ」という札が出現していた。

雑誌を確認すると、HI-VIが棚の多くの部分を占有していた。ふとみるとオーディオアクセサリーが1冊あって、中をみるとSACDのサンプラー(付録のSACDディスク)が袋閉じで付属していた。

そういえば、うちのCDプレイヤーは本来はSACDプレイヤーだったことを思い出した。サンプルSACDはビーナスレコードのもの。何枚かのアルバムから11曲をこのサンプルに入れたものだ。演奏トータルで70分以上入っている。

 この雑誌、昨年末のもので中古価格が497円SACD付き。即購入して持って帰った。

Img_1180


Img_1181

これが袋閉じのサンプル。

Img_1182

袋の裏に演奏者のデータが入っている。

Img_1183

丁寧に袋を切り取り。
この袋をラベルにしてディスクケールに挟み込みます。

Img_1184

実はうちのプレーヤーにSACDを挿し込むのは初めて。おそるそおるトレイに乗せてプレイを押すと、トレイは中に入りました。と、次の瞬間ペッと吐きだすようにトレイがまた出てきました。

CDプレイヤーがびっくりしたのでしょう。もう一度トレイを乗せて、SW-ON。

おお、こんどはディスクを認識して、初めてSACDの方の青いインジケーターが点灯しました。

Img_1189

そして音がでました。ああ、なるほどなあ。

情報量は多いです。でも加工臭を感じます。音が美しいかと言えばそうでもないのです。

そもそも、私があまり好きではない音のビーナスレコードですから。

曲によりSACDの利点がうまく現出する場面もあります。これも録音方法次第のようです。

ビーナスレコードは原哲夫さんが主宰されています。この方かつてビクターにいて録音を手掛け、米国RCAで録音しているうちに、仕事を全て覚え、つまり演奏者の選定、録音、宣伝を一人でできるようになったそうです。

そうなると向上心のある人間は、独立/自分のレーベル立ち上げをやりたくなります。彼はまさしくそれをやって、日本で90年代にジャズ専門のビーナスレーベルを立ち上げたのです。

ただし、誠に個人的な意見で申し訳ないのですが、私はこのレーベルの音が硬くてあまり好きではないのです。

情報量が多いと、原音に近づくかといえばそうではないですね。よりデジタルっぽくなります。こうなるとアナログと対極をなしてしまいます。

私は、以降アナログ強化を進めようと思っています。

カートリッジ、アームの選定、ヘッドアンプの製作などです。

その動きはまた報告します。





« 50万 | トップページ | 6L6GC 3種 比較試聴 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

take9さん、こんにちは。
 ビーナスレコードの音は、特にSACDは主宰している原さんが、ミックスダウンからマスタリングまでの間に結構音づくりのため手を加えています。

コンプレッサーという音を強調する機械をふんだんに活用されたとのことです。

うちの高能率ホーンSPたちは、この機械固有の音や、出来上がった音の加工臭まで再現しているのかもしれません。

情報量よりも、個性の強い低能率型のSPで聴けばビーナスレコードも合うのかもしれませんね。

ひょっとして原さん達は大きな音で再生されているのかもしれません。人間音が大きくなると、アンプが半導体だか真空管だかも区別がつかなくなると言います。

私がちょうど、耳でとらえやすい、小音量できいているからかもしれません。

D130は、大きくて交換するのも少し気が向かないのです。

トニーさんへ

ヴィーナスレコード、音が硬いですか。
確かに仰る傾向はありますね。
現代的と言えば良いのでしょうか。

特にSACD&ホーンSPの組み合わせだとその傾向が強くなってきつく感じますね。

ヴィンテージコーンSPで聴くと柔らかさと雰囲気が出て聴きやすくなりました。
D130辺り如何でしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/59807839

この記事へのトラックバック一覧です: SACD初体験:

« 50万 | トップページ | 6L6GC 3種 比較試聴 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ