« SACD初体験 | トップページ | 最近見つけたジャズプレイヤー »

2015年4月29日 (水)

6L6GC 3種 比較試聴

先日の大出力管の比較試聴に評価をいただいたことに気をよくして、

今度は6L6GCの比較をしました。現在手もとにある3種類です。

 これらはいずれも米国管です。

写真の左から、シルバニア製、GE製、RCA製(Mcintosh)。

シルバニア製はガラス管部が長く、支持マイカ上部にリングゲッター。管頂部にゲッターが飛んでいます。電極の大きさはは他の2本と同等です。

真ん中のGE製は小型。側面に角形のゲッター。右端のRCA製は黒プレート。側面にゲッターです。この2本は外形の大きさがほぼ同等。

Img_1191

そして、クイックシルバーツインブロックアンプで順に、挿し替えて比較試聴しました。

トップバッターはRCA黒プレート。

Img_1186

通電して鳴らして、20分後に試聴しました。ソフトは先日入手したビーナスレコードのSACDです。

落ち着いています。ピントが合った音。とんだり跳ねたりしない、きつさのない音です。各楽器の音色がエレガントで美しいですね。少し余韻を感じます。

この余韻を伴って、ピアノは鈴がころがるような印象です。バランスがよくてEL34にも通じる感じです。確かに黒プレートは人気があるはずです。でも6L6GCってこんな音でしたっけ。

次はシルバニア製。

Img_1187

出てきた音は、標準的な6L6GCの音。RCAに対して音像が広がり、ボーカルや楽器が少し大きくなります。迫力が出てきます。余韻がRCA黒プレートより多いですね。ゴージャスといえばゴージャス。さきのRCAとこうもちがうものでしょうか。

これが一般的な6L6GCの音だと思います。

さて最後はGE製。

Img_1188

RCA黒プレートに似ていることを期待したのですが、裏切られました。基本的にシルバニア製と同じ音です。聴きようによっては情報量がやや増えたかな、という印象。シンバルはクリアです。

結果、やはり6L6GCの標準的な音でした。

さて今回の試聴のまとめです。RCA黒プレートは買いです。それ以外の6L6GCは米国製であれば、共通した音になるのではないかと。

音を決めているのは、電極の構造、厚み、材質なのでしょうか。しかし黒プレートの材質が何で、どんな要因であのような音が出るのかは、全くわかりません。

ああ、また黒プレートの価格が吊り上がるかもしれませんね。申し訳ありませんでした。

« SACD初体験 | トップページ | 最近見つけたジャズプレイヤー »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/59818135

この記事へのトラックバック一覧です: 6L6GC 3種 比較試聴:

« SACD初体験 | トップページ | 最近見つけたジャズプレイヤー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ