« プロジェクト2 WE300BPP ⑳ 出力管まで配線 | トップページ | プロジェクト2 WE300BPP ㉒ 完成して300Bの考察をしました »

2015年3月16日 (月)

プロジェクト2 WE300BPP ㉑ 配線作業完了

今日、家事をしながら配線作業を進めました。なんとも自分でも驚くくらい、ゆっくりの作業です。

年齢のせいもあります。早くしなければとか、そんな気持ちになりません。逆にどうやれば効率的で失敗がないか、ひとつひとつ考えています。

考えがまとまると、配線はさっと終わります。

配線とは以下のことです。

1.リード線を適宜カットして両側の被覆を剥く。パーツの足を適宜カットする。

2.実体配線図を見て、それらを端子にからげて、リード線やパーツの足を全体の形を見ながら曲げて形を整える。場合により実体配線図から変更することも考える。

3.端子部、からげた線に予熱を与えたのち、半田付け。

4.配線箇所周囲をみながら、奥から手前に配線を進めることができるように、場合によりパーツやリード線の片側だけを配線しておいて、他の箇所の配線を優先するなど、順序を考慮する。

5.配線状況やパーツの配置状況がきれいか、途中途中で確認する。

なんとか終わりました。但し入力部分のシールド配線は残りました。明日以降です。


Img_1065_2

Img_1066


Img_1067

決してほめられた、配線ではないですが、なんとか終わりました。

配線前の黒いシールド線が、シャーシ内にポンポンと置いてありますが、気にしないでください。

配線チェック、音出しは明日以降です。きちんと期待通りの音が出るでしょうか。

« プロジェクト2 WE300BPP ⑳ 出力管まで配線 | トップページ | プロジェクト2 WE300BPP ㉒ 完成して300Bの考察をしました »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/59281890

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト2 WE300BPP ㉑ 配線作業完了:

« プロジェクト2 WE300BPP ⑳ 出力管まで配線 | トップページ | プロジェクト2 WE300BPP ㉒ 完成して300Bの考察をしました »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ