« 6度あることは7度ある | トップページ | プロジェクト2 WE300BPP ⑯ 内部状態 »

2015年3月 3日 (火)

プロジェクト2 WE300BPP ⑮ パーツ取りつけ

複数の方から叱咤激励をいただきました。「あなたらしくない」「いつもの元気はどこに行った」「楽しみにしています」などなど

いや私は大丈夫。少し精神的にゆっくりしたいと考えていただけで。

今日の夕方塗装が乾いたので思い切ってパーツ取り付けを始めました。

出力トランスのリード線通し穴がやや狭めで、なかなか通りませんでした。

少しでもシャーシにトランス類のかどを当てると、ポロッと行きそうなので十分注意しました。

そして、取り付け後に300Bを挿してみました。

Img_1017


Img_1024_2


Img_1014


Img_1016


Img_1021


Img_1018


Img_1023

このアンプを客観的にみると、浅野勇さんの作るアンプに雰囲気、たたずまいが似ています。自分でも驚くくらいです。

前の6L6族アンプとほとんど同じデザインにしたのですが、こちらの方が浅野さん的です。

次は台座金具を少し加工して配線です。

みなさまのおかげで、ここまで来ました。ありがとうございました。

« 6度あることは7度ある | トップページ | プロジェクト2 WE300BPP ⑯ 内部状態 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

ラーメン卿様コメントありがとうございます。今回は塗装で苦労しました。夏場だったら何も問題の起きない、過去のやり方だったのですが。

807シングルはうまく行ったのですね。完成おめでとうございます。
 私も含めてアマチュアのアンプは総じて音がよくないと言われますが、殆どが半田付けが原因です。

しっかり付けられているなら、音も澄んで、きれいな音色になっていると思います。

段階チェックでうまく行ったのですね。私も嬉しくなります。是非写真をお送りください。

試聴結果も合わせてお知らせください。よろしくお願いいたします。

トニーさん こんばんは。トニーさんでもアンプ加工に御苦労されることがあるのですね。仮組状態の300B PPアンプの姿態、ものすごく魅力的です。しかも出力トランスを挟んでST管とGT管とが林立してるのが、何ともトニーさんカラーで素晴らしい!!
私からの御報告です。先程、かねてより超スローペースで作っていた807シングルのモノラルアンプが完成し、快調に試運転?中です。シャーシ加工は奥澤さんでやって貰いましたが、現物合わせの手直しはあるし、2台製作の労力は要るしで大変でした。でも、トニーさんの教えに従いイモ半田撲滅と段階毎のチエック実行とで、私には珍しく二台共に一発オーケーでした。今度写真を送らせて下さい。

自作の友様
こんにちは。叱咤激励ありがとうございました。今回でハンマートーンは4台目です。
 過去の3台のうち2台の天板は市販のホームセンターで買ったもの。フレームは自作の友さんにお願いしたものです。もう一台はダイナコのシャーシで鉄製です。過去3台は剥がれのトラブルは起きたことはありません。
 今回のものは、秋葉原のシャーシ屋さんにお願いしたものです。但し、材質が違うから発生したとはただちに言い難いものがあります。
  真冬に塗装しましたから。また夏場に今回のお店のものを使えば、わかると思います。

トニー様

全快おめでとう御座います。
塗装の件ですがアルミ材の違い(生地/表面処理材)により仕上がりor皮膜強度に違いは有りますか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/59131717

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト2 WE300BPP ⑮ パーツ取りつけ:

« 6度あることは7度ある | トップページ | プロジェクト2 WE300BPP ⑯ 内部状態 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ