« 高千穂峡 | トップページ | 6度あることは7度ある »

2015年3月 1日 (日)

プロジェクト2 WE300BPP ⑭ 塗装が剥がれました

透明クリアも乾燥し、部品をとりつけようとしました。まず電源スイッチから。

ラジオペンチで、表からリングを締め付けて、スイッチを固定しようとしました。

充分注意していたのですが、あっと思った瞬間、工具がシャーシの表面に当たり、塗装がはがれてしまいました。全くもってがっかり、うんざりです。

このスイッチの取り付けにはいつも充分注意しているのです。

結局、また同じ個所の再塗装が必要となりました。これは何かが私に注意を与えてるのかもしれません。

Img_1004

このアンプ、組立てを封印しようかと思います。もうやめろというアマテラスオオミカミの指示かもしれません。

もし再塗装を実行するなら、これで6回目です。次もおそらく、失敗するでしょう。このアンプを組んだらもう、終わりが待っているのかもしれません。

それを誰かが、教えてくれているのかもしれませんね。

どうするか、少し考えます。場合によっては、押し入れにしまい込んだまま今年はもう触らないかもしれません。

« 高千穂峡 | トップページ | 6度あることは7度ある »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

naoさん、激励ありがとうございます。がんばりますよ。

トニー様
初めてコメント致します。
以前ハンマートーン塗装のページをリンクして頂いたもので"nao”と申します。とても有益な内容で楽しくいつもチェックしています。
自分でも設計して製作したいのですが、なかなか知識が無く躊躇しています、多少トニーさんのブログでも勉強しましたが。
今製作中のアンプは期待してます。個人的にはとても欲しいのですが、恐らく私の手の届かない値段になってしまうのでしょうね。
 アルミシャーシの塗装はやはり難しそうですね、マスキングテープなどで養生したらテープを剥がすときに塗装がはげそうですし。段ボール等で覆うとか、塗膜の厚いハンマートーンでしたら、食い付きをよくするためもっと金属面を荒らしてみたらどうでしょうか。試したことは無いので参考程度で。
 うまくいかないときは、ホントに放り投げてしまいたくなりますよね、これに懲りずにがんばって下さい。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/59108724

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト2 WE300BPP ⑭ 塗装が剥がれました:

« 高千穂峡 | トップページ | 6度あることは7度ある »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ