« プロジェクト2 WE300BPP ㉒ 完成して300Bの考察をしました | トップページ | 300Bのメール »

2015年3月18日 (水)

プロジェクト2 WE300BPP  ㉓ 測定から出品まで

昨日測定しました。

感心したのは、方形波応答です。1KHzの出力波形は、入力波形そのままで真四角です。10KHzはやや台形になりますが、それでもオーバーシュートやリンギングは皆無です。トランスと回路のおかげでしょうか。

昔タムラのOPTを使ったときは盛大にリンギングが出て困ったことがありました。

歪は18W+18Wの定格時で3.5%です。これは100Hz,1KHZ,10KHzもほぼ同じでした。1W出力時は歪は0.1%を下回りました。

最近定格出力測定時に工夫していることがあります。それは左右同時に入力信号を入れて測定していること。

片方だけ動作のときの定格出力に対し、両チャンネル同時動作だと電源回路の関係で定格は下がってしまいますがこれが防げます。

昨夜ヤフオクに出品しました。希少価値のWE300Bにも未練はありません。置いていても使わないと思いますから。

さあ、いくらで終了するか見守ってください。もちろん入札されてもOKです。私としてはブログ読者の方に落札していただいた方が嬉しく思います。

私という人間をよく知ってくださっているからです。

« プロジェクト2 WE300BPP ㉒ 完成して300Bの考察をしました | トップページ | 300Bのメール »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/59309544

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト2 WE300BPP  ㉓ 測定から出品まで:

« プロジェクト2 WE300BPP ㉒ 完成して300Bの考察をしました | トップページ | 300Bのメール »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ