« 中古のクラシックレコード | トップページ | プロジェクト2 WE300BPP ⑰ 配線に着手 »

2015年3月 9日 (月)

被災地での目撃情報

やっと確定申告が終わりました。厳しいですね。この数年収入が減っています。なにか手を打たなければなりません。自分の仕事の広告を。

さて、ネットのニュースで、東北の被災地で幽霊の目撃情報のことが報道されました。

私も2年前に岩手県に行ったときに、現地の方から幽霊の目撃情報をきかされていたのですが、公にニュースになったので、もう記事にしてもいいかなと考えました。

「むこうの海岸に橋があるだろ。あそこにほら男が一人立ってるだろ。あれはさあ、どんどん近づくとフッと消えちゃうんだ。たぶんこの世のもんじゃねえべ」

今日のネットのニュースでもこの橋での目撃情報が多数寄せられてるとのこと。仙台市内でタクシーが女性を乗せたら、被災地の更地に行って欲しいと。

「お客さん、あそこは更地でなにもないし、こんな夜中にいってどうするの」それでも女性が頼むから、出発して走っているうちに後ろを見ると、誰もいない。

運転手は、ああそうか、前に住んでいたところに戻りたいんだなと察して、誰も乗っていない車を現地まで走らせてあげたとか。

こんな情報が数百件あるそうです。

 ここで考えたのは、災害で家族を亡くされた方は、夜もう一度自分の家があったところに行ってみてはどうでしょうか。ひょっとして亡くなったご家族に会えるかもしれないし、今は小さかったこの子も大きくなったよと会わせてあげると、安心するのではないかなと思うのです。

ただ私が気になるのは、特定の数カ所の地域にだけ目撃情報が集中しているということ。ひょっとして地磁気の強い地域で、実は目撃したのは幽霊でなく、磁気に影響された脳が過去のシーンを夢と同じように再現しているのかも知れません。

« 中古のクラシックレコード | トップページ | プロジェクト2 WE300BPP ⑰ 配線に着手 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/59202101

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地での目撃情報:

« 中古のクラシックレコード | トップページ | プロジェクト2 WE300BPP ⑰ 配線に着手 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ