« 謝れよ | トップページ | スタッフの気骨 »

2015年2月 9日 (月)

どちらをとるか

今日も寒かったです。福岡は体感温度がマイナス。風が強かったのです。外で犬と歩いてると足先から冷えて来ました。

犬はなんであんなに元気なんでしょう。あの体を覆っている毛は、完全防寒仕様なのでしょうか。

昼間なのに、水たまりに氷が張っていました。揚句に雪がチラチラと。

シャーシの塗装は今日も無理でした。

 この前、6L6アンプを落札された方の感想が、頭から離れません。マッキンmc240を一皮剥いたような、クッキリ感。トルク感では及びませんが、・・・・

ここです。「トルク感では及ばない」

もちろん電源回路の余裕度も段違いなので、及ばないのは分かるのですが、実は回路の違いなのです。

mc240は出力段をカソードフォロア回路でドライブしています。私が作ったアンプはカソフォロはありません。

カソードフォロア回路はトルク感が出ます。低音もぐんぐん出ます。この回路は能率の低い海外製の大きなSPに向いています。但し、カソードから信号を取り出すのですっきりした音にはなりません。

カソフォロあり、なしの違いはここです。低音のトルクをとるか、情報量を取るか。

私は、この最近、つながれるSPを聞いて、回路を決めるように心がけています。

逆に出品時には、カソフォロ回路のアンプのときは、「能率の低い大型SPに向いています」と注釈をつけています。

 

但しカソフォロ回路は30W以上のアンプ向きなので、自作される方も経験の豊富なかたが多いのです。

自作される方で、カソフォロ未経験の方は一度、お試しください。

« 謝れよ | トップページ | スタッフの気骨 »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/58878127

この記事へのトラックバック一覧です: どちらをとるか:

« 謝れよ | トップページ | スタッフの気骨 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ