« 本当の6L6の通の方は | トップページ | 人は人を殺してはいけない »

2015年1月30日 (金)

大量購入

続けて何台かアンプを作っていると、ストックしておいたパーツがだんだんと減っていく。

入力用のRCA端子、SP端子、ヒューズホルダー、ラグ端子、電源SW、はてはシャーシ裏のゴム脚まで。お店で買ったり、オークションで落札したり。

RCA端子を20ペア準備しておいても、2年たつともう残り2ペアとか。

今はSP端子で苦戦している。当てにしていた秋葉原のパーツ屋が閉店してしまったから。かつての日本製の樹脂でできた、黒赤のかっこいい端子も最近は見なくなって、よく似た中国製が出てきた。確かによくできているが、この樹脂が先々ポロッと欠けたりしないだろうな、と少し心配になる。

 あれこれ捜して購入してみたが、SP端子はアンプ1台に4本必要だ。アンプの台数にしてあと6台分程度の在庫。

ソケットもすぐになくなる。オムロンのUS8ピンソケット。安くて品質がいい。数年前に40個まとめ買いしたが、もう在庫が無くなった。何と50円値上がりしている。この最近の物価の上昇をこんなところでも実感させられる。まだ世の中から消えていないので、100個まとめ買いが必要かな。それでも数年分だ。

もっと悲惨なのは抵抗類。高価なものは@240程度。そこで最近私は、安価で品質のいい金皮抵抗にシフトを始めた。

信号系は金皮の1/2Wから2Wのもの。ドライバー段のプレート負荷抵抗は酸金でも結構よい音がする。これは最近の作品で確かめた。ムラード回路のカソード結合部の共通抵抗15KΩ~18KΩも、酸金の2Wで十分だ。

オークションで1/2Wの金皮抵抗を30種類、20本ずつまとめて2・3千円、だとかを落札した。でもわかったことは、よく使う抵抗の値は決まってくる。つまり出番のない抵抗が結構あるということ。

そこで、決まった抵抗値のみをまとめて出品していないか捜してみた。

あった、あった。パーツのカテゴリーで金皮1/2Wで指定の抵抗値をまとめて100本で400円。これが1Wや2W、3W、5W、10W、20Wと種類も金皮、酸金、セメントと多様で価格もまとめ数量も違うが、必要な値のものはまずそろっている。

この出品者は福岡の方らしい。一度落札してから、こんど会いにいこうかな。自宅でされているのなら、迷惑かな。

まだまだパーツはなんとかなりそうだ。今回の抵抗の発見で少し安心した。

« 本当の6L6の通の方は | トップページ | 人は人を殺してはいけない »

オーディオひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/58755443

この記事へのトラックバック一覧です: 大量購入:

« 本当の6L6の通の方は | トップページ | 人は人を殺してはいけない »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ