« 6L6族PPアンプ オークションに出品しました | トップページ | テロの標的 »

2015年1月15日 (木)

プロジェクト2 WE300B PP ④ シャーシ天板加工終了しました

今日は雨天でしたが、雨の中庭で天面の残りの加工を終わらせました。

作業内容はOPTのためのφ8、Φ4の丸穴を大小合計12個。チョークコイル取り付け穴。GT管ソケット穴4個分。そしてブロックコンデンサの穴3個でした。

これらを3時間で明けました。油圧パンチも快調。レバーを5回上下すればΦ30の穴がスコンと明きます。

加工終了して部品を借り付けしました。

Img_0921

Img_0925





決まりましたでしょうか。このシャーシはライトグレーが似合いそうです。OPT、PTは黒。チョークコイルは玉虫色をしていますが、再塗装します。

ところでチョークコイルはオークションでは多くの方にチョークトランスという名で呼ばれていますね。正しい呼び名を使っている方は私以外に数名くらいしかいません。

タンゴもひところ間違った名前を平気で製品に印刷していましたしね。

もう一度いいますが、チョークトランスは和製英語。外国人には伝わりません。

塞流線輪が昔の日本語の呼び名。塞流(そくりゅう)とは流れをふさぐこと。英語ではChoke。線輪(せんりん)とは輪っかの形状をした線。英語ではCoilです。

トランスではありません。二次巻線がないので変成(トランスフォーム)しないからです。鉄の塊は全部トランスだと勘違いされてるようです。

 このブログを見ていただいているみなさんは、正しくチョークコイルと呼んでください。

野球でもナイターという和製英語は消えました。今はナイトゲームです。

さて、次はシャーシの前面と背面の加工。そして塗装。おお、いよいよWE300Bのアンプが誕生します。

高い金額で落札されたらどうしようかな。やっぱり貯金ですね。

« 6L6族PPアンプ オークションに出品しました | トップページ | テロの標的 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/58592913

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト2 WE300B PP ④ シャーシ天板加工終了しました:

« 6L6族PPアンプ オークションに出品しました | トップページ | テロの標的 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ