« オーディオ不況さらにじわじわと | トップページ | 今年のヤフオク 出品者 大賞 »

2014年12月 9日 (火)

6L6族PPアンプ⑪ 金具をつくりました。

これだけブランクがあると、こころすっきり、金具着手できました。

久しぶりのハンドドリルたちの懐かしいこと。

Img_0833

アルミ板に表裏から同じ位置に切り込みをいれて、10mm×40mmの短冊状ものを6個切り出します。


Img_0834

バイスにはさんで、2~3回折曲げると、簡単に切り取れます。

Img_0835

6個並びました。

Img_0836

次にΦ4で穴をあけます。6個全部。

Img_0838_2

次に反対方向にΦ2.6で下穴をあけて、Φ3のネジ山を切っていきます。

Img_0839

折り曲げを1個につき、2か所実施。固い木材を使って曲げるのです。

Img_0840

1か所まで曲げたものと、2か所曲げて完了したものです。

90度の角度を正確に調整して出します。


Img_0841

6個完成。

Img_0842

この金具たちは、自己バイアス用のホーロー抵抗をとりつけるための

アルミ板を支える台座になります。ネジを切ったのは、裏にナットをもってこれないからです。


Img_0846

このアルミ板が乗っかります。今日はここまで。また四国・大阪・東京と出張が始まります。

週末から配線。となればいいですけど。

« オーディオ不況さらにじわじわと | トップページ | 今年のヤフオク 出品者 大賞 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

KAORUさん。本当に私の6L6GAは遅くなってごめんなさい。
 乗れば早いと思うのです。言い訳ばかりで申し訳ありません。留守が多いのですが、帰ってきて人前で大声で泣くことはあまりないです。

琺瑯抵抗は昔から好きです。あの緑の光沢が素敵じゃないですか。セメントはすぐに熱くなるので、なるべくなら琺瑯を起用します。
 ブログ友達のウッチーさんによると、ノグチトランスはまたアンプの展示を再開したようで、自作派減少による景気低迷でもないようです。

トランスは中古をあきらめずに集めるしかないようですね。

スピーカのことを教えてください。私はアルテックの音しか知らないので。安価でよい音がするやつがあれば。木工もしますし。

たまに覗いていれば、やる気が出たようですね。
お仕事、急がしそうでなによりです。
出張につぐ、出張、全国を飛び回ているのですね。
ふと、号泣議員を思い出しました。(W)

ホーロー抵抗がお好きなようで、でも実装素敵ですね。
300Bは高価すぎてちょっとむりですが、TV52
あたりで、シングルアンプを思考していますが
タムラが値上げしたせいか、中古市場も高とまり、
一から安価なトランス等を集めるので、何時のことに
なるやら。
最近、音の出口のスピーカーに凝っていますが。
アルテックの党首には釈迦に説法ですかね。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/58219214

この記事へのトラックバック一覧です: 6L6族PPアンプ⑪ 金具をつくりました。:

« オーディオ不況さらにじわじわと | トップページ | 今年のヤフオク 出品者 大賞 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ