« 頓挫しているCRイコライザ | トップページ | シールド線の処理 »

2014年12月27日 (土)

6L6族PPアンプ⑰ 出力段まで完了

昨夜は忘年会第2回があり、できたのは出力段まで。

夜中に帰ってきて、徹夜で完成させるつもりでいたら、家族から「バカなことは

考えずに明日早朝4時起床でやりなさい」と。

 それもそうだなと寝たのですが、おきたら7時でした。あ~あ、自己嫌悪です。

昨日までの成果。



5

6

電源部分です。

配線コードが細くてスッキリしています。さて6L6Gの電圧配分は、

プレート電圧385V、スクリーングリッド電圧292V,カソード電圧22Vでした。

これはカソードを基準にすると、実行プレート電圧は22Vを引けばよいわけですから、363V,実行スクリーングリッド電圧270Vとなります。またアイドリング状態ではカソード抵抗500Ωで22Vですから、電流は44mAとなり、標準的なAB級PP動作となります。

このアンプは電源トランスの容量が240mA程度なので、両チャンネル動作では最大出力14W前後だと思われます。この状態での残留ノイズは両チャンネルとも0.5mVでした。

さあ今日完成を目指します。

« 頓挫しているCRイコライザ | トップページ | シールド線の処理 »

アンプ製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1050852/58390513

この記事へのトラックバック一覧です: 6L6族PPアンプ⑰ 出力段まで完了:

« 頓挫しているCRイコライザ | トップページ | シールド線の処理 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ